サッポロビール株式会社

サッポロビール株式会社(サッポロビールカブシキガイシャ)の新卒採用・企業情報

正社員

サッポロビール株式会社

【食品】

「お客様の生活を、より楽しく豊かに」
これが、サッポロビールの永遠の使命です。
ビール・ワイン・RTD・洋酒・和酒といった様々なお酒を通じて、人々を笑顔にし、楽しさや明日への活力を与え、世の中を元気にすることができると信じています。私たちは、140年以上この信念をもとに、お客様に選ばれ続ける「モノ造り」へのこだわりを継承しています。
現在は、歴史と伝統の中で培った商品やサービスなどの資産を磨き上げつつも、常に変革を求め、新しい価値を市場に届けることで、お客様の期待を超える感動を生み出す企業であり続けることを目指しています!
サッポロビールの「モノ造り」とは、商品を生み出し、お客様に届けるまでの全ての活動を指します。全ての社員がお客様の笑顔を思い浮かべ、常にワクワクと活動する。これが私たちのモノ造りの最大の魅力です。

  • 顧客視点のサービス

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
モノ造りへのこだわり

経営理念の記述の第2段落に、「開拓使醸造所設立以来の、モノ造りへの想いや信念を忘れず将来に伝え、全ての企業活動を通して、新しい楽しさや豊かさをお客様に発見していただけるサッポロビールを目指します。これがサッポロビールの永遠の務めです。」と記しています。
モノ造りへの想いや信念とは、先人達が140年以上に渡って続けてきた、「今に満足しない姿勢」、「本質を追究する姿勢」、その結果として「現場を自分の目でよく見ること」等の私たちの今の行動に表れています。
ビール大麦とホップの自社育種(品種改良)で行っているのは、世界で唯一、サッポロビールだけ。そして、研究・商品開発活動や生産活動はもちろん、マーケティングや、商品特長を熱く語る営業活動も『モノ造り』プロセスの重要な活動と位置付けています。お客様にできる限り近い距離で完璧な生ビールを味わっていただくためのイベント企画や、飲食店様への業務用営業と小売店様への家庭用営業の連動等。そのような活動の積み重ねが、サッポロ生ビール黒ラベルの3年連続販売増の原動力です。

事業・商品の特徴
創業以来続く開拓者精神

1876年、開拓使麦酒醸造所を設立し、日本人初の国産ビール製造に成功したサッポロビール。創業時の開拓者精神を受け継ぎ、常にお客様の期待を超える感動を生み出すことを目指してきました。
現存する日本最古のビールブランド「サッポロラガービール(赤星)」を持ち、所謂第三のビールと言われる新ジャンルのパイオニア「サッポロドラフトワン」で新しい市場を開拓しました。その後も、世界初の3つのゼロ「プリン体ゼロ・糖質ゼロ・人工甘味料ゼロ」を実現した「極ZERO」や、トクホのノンアルコール飲料「サッポロプラス」などのオンリーワンのモノ造りを行ってきました。

事業戦略
お酒のおいしさ・たのしさを世の中に広める

サッポロビールの事業は、ビールの製造販売だけに留まりません。様々なお酒のおいしさ・たのしさをもっとたくさんの人に知ってもらうための活動にも力を入れています。

■第二の柱としてのワイン事業育成
10~20年後には、ビールテイストに次ぐ第2の市場になるといわれているワイン。ワイン専門部隊を新設し、日本ワインの製造・販売の両部門を強化しています。そうして生まれた、「グランポレール山梨甲州樽発酵2017」は、日本ワインコンクール2018で史上初の3年連続金賞・部門最高賞受賞。新しく北海道北斗市にヴィンヤード(葡萄園)も購入しました。

■成長するRTD市場で存在感UP
「男梅サワー」「愛のスコールホワイトサワー」「キレートレモンサワー」などのコラボレーションによる独自商品を販売。また、2018年8月に発売開始した「99.99(フォーナイン)」は、発売後1ヶ月を待たずに、年間販売目標の200万ケースの50%を越える100万ケースを達成する大ヒット。これからも新たな切り口の商品を展開し、新鮮で驚きのあるオンリーワンの商品を創出していきます。

■ビール文化の醸成
楽しくおいしく飲んでもらうための「ビールサーバー」の開発や、黒ラベルを最高においしく飲める大人のビアガーデン「THE PERFECT BEER GARDEN」の展開、た、「サッポロビール博物館」、「ヱビスビール記念館」、ビールについて楽しく学べる「日本ビール検定(通称・びあけん)」、写真やイラストを使って、手軽にオリジナルラベルのビールをつくれるサービス「フォトビー」などを通じて、世界に誇れる日本のビール文化の醸成やビールファンの育成にも力を入れています。

■日本のサッポロから世界のSAPPOROへ
海外展開の歴史も長く、1980年代よりアメリカへ本格的な販売を始め、1985年にはアメリカでの日本製ビールシェア1位を獲得。以降32年以上首位の座を守り続けています。また、2011年には、日本のビールメーカーで初めてベトナムに新工場を竣工。市場拡大が見込まれる東南アジア諸国を中心に、海外にもサッポロビールのファンを増やしていきます。2018年には、ビール消費量世界TOPの中国でも販売を開始しています。

私たちの仕事

ビール・発泡酒・新ジャンル・ワイン・焼酎などの製造販売、洋酒の販売、を通じて「お客様の生活を、より楽しく豊かに」することを目指しています。

はたらく環境

社風
人財に対する想い

サッポロビールでは、「人」こそが会社にとってなによりの財産であると考え、はその想いを込めて「じんざい」を「人財」と表記しています。

お酒とは、人々を笑顔にし、楽しさや明日への活力を与えるもの。私たちサッポロビールの使命は、世の中を元気にすることにあります。だからこそ、まずは自分たちが“いきいきと働く”ことを何よりも重視しています。
それぞれの部門で、それぞれの社員が、自分の個性を最大限発揮し、それぞれのやり方で、年代に関わらず大きなステージで仕事をする。そして、周囲と協力し合いながら困難を乗り越え、高い成果をあげ、大きな手応えを味わう。これこそが働く楽しさだととらえています。
そのためのモットーとしてサッポロビールには“ATM”というものがあります。「A→明るく」「T→楽しく」「M→前向きに」。
この3 要素をもとに仕事と向き合い、日々成長していってほしい。
“サッポロビールで働いてよかった”
“素晴らしい仲間とともに挑戦し続けたい”
そんな想いを、すべての社員と共感したい。
一人ひとりの情熱をひとつにして、本気でNo.1を目指す時代が、まさに今、サッポロビールに訪れています!

同じ志を持った方との出会いを楽しみにしています!

職場の雰囲気
健康と安全が第一

『健康と安全が第一!仕事はその次!』
サッポロビール代表取締役社長の高島が、全社員に常に伝えているメッセージです。会社の財産である社員自身が健康で安全に働けるよう、一人ひとりにその自己管理を促すと同時に、所属するチーム内でそれを相互啓発し合ってほしいとの願いが込められています。元気があれば何でもできる。これがサッポロビールの事業活動の基礎です。

■時間場所にとらわれない働き方
「テレワーク」「時間有休」「スーパーフレックス」などを取り入れ、各社員が最も業務パフォーマンスを発揮しやすい環境を選択します。

■育児支援・介護支援・健康経営
厚生労働省から、育児支援に取り組むトップレベルの企業として「プラチナくるみん」認定を受けています。保育所の設立、復職サポート、育休取得推進等に取り組んでいます。また、全国各事業所に健康保健師がおり、社員の健康をサポートしています。
※健康経営優良法人(ホワイト500)認定

組織の特徴
自分のキャリアを自分で切り拓く

サッポロビールでは新入社員の初期配属や入社後の異動配置において、社員との個人面談を徹底しています。
また、自分の将来的なキャリアを自分の力で切り拓いていただくために、公募制の施策もあり、現在の所属部署関係なく、将来のキャリアを広げていくためにチャレンジすることを推奨しています。自ら手を挙げた社員を全力で応援する仕組みがあります。

■様々な公募制度
部署問わず、商品アイデアを提言できる「商品アイデア公募」、社員のチャレンジ精神を後押しする「人財公募制度」、他部署業務の体験・提言を行い、広い視野を得る「越境プロモーター」等、様々な公募制度を通じて、自身のキャリアの可能性を広げていただきます。

■自己啓発支援
通信教育、資格試験、社外セミナーの費用支援はもちろん、将来的にグローバルに活躍したい若手社員には「グローバル研修」も用意しています。

企業概要

創業/設立 創業:1876年
設立:2003年7月
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4丁目20番1号(恵比寿ガーデンプレイス内)
代表者 代表取締役社長 高島 英也
資本金 100億円
売上高 連結売上高:5,515億円 (2017年12月期実績) 
※サッポロホールディングス(株)の連結決算を記載しています。
従業員数 2,079名 (2017年12月現在) 男=1,706人、女=373人
子会社・関連会社 サッポロインターナショナル(株)、
ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)、
(株)サッポロライオン、
サッポロ不動産開発(株)など
※グループ企業を掲載しています。
事業所 ■本社/東京(恵比寿)
■営業拠点/北海道本部、東北本部、首都圏本部、関信越本部、東海北陸本部、近畿圏本部、中四国本部、九州本部、広域流通本部
■工場/北海道、仙台、那須、群馬、千葉、静岡、九州日田
■ワイナリー/山梨、岡山
■研究所/価値創造フロンティア研究所(静岡)/バイオ研究開発部(群馬)/商品・技術イノベーション部(静岡・横浜)/おいしさ技術研究所(横浜)
■海外/アメリカ、カナダ、イギリス、ベトナム、シンガポール
売上高 (単位:億円)連結売上高 連結経常利益 
                 
――――――――――――――――――――
平成29年12月  5,515    164
平成28年12月  5,418    192
平成27年12月  5,337    132
平成26年12月  5,187    145
平成25年12月  4,924    147
平成24年12月  4,494    188  
平成23年12月  3,892    154                           
※サッポロホールディングス(株)の連結決算状況を記載しています。

採用連絡先

〒150-8522 東京都渋谷区恵比寿4-20-1
人事部 採用担当
03-5423-2070