株式会社栃木銀行

株式会社栃木銀行(トチギギンコウ)の先輩社員、OB・OG情報

東証 正社員

株式会社栃木銀行

【地銀】

こんな先輩行員が活躍しています

佐藤新也(2004年入社)

法人営業  部長代理

職種 法人向け営業(得意先が中心)
   
出身学部 経済学部
専攻分野 経済・経営・商学系

インタビュー

取引先を深く愛情のある視点で見つめ、その企業ならではの実力・魅力を見出す

  • 法人渉外は、基本、新規開拓の営業です。お客様はどこかの銀行と取引されていますから、最初は「間に合ってるよ!」と言われます。
    でも何度も訪問するうち、お話をさせていただく機会を得ることもあるんです。そこからつながりが深まり、最終的に融資に至るまでのダイナミズムは、何物にも代えがたい充実感です。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    憧れの人

    大学1年生の時東京で、銀行から出てくる銀行員の方を見掛けたんです。その背中が漠然と「かっこいいな」と思えたんです。「この人は、経済を背負ってる」と。私が銀行で働こうと思ったのは、そんな些細なきっかけです。

  • 私のモットー

    僅かながらでも、自分が地域経済に貢献していることを実感できる

    私が心掛けているのは、お客様の会社を好きになるということ。
    最初はもちろん下調べをした上でお伺いします。実際にやりとりさせていただくうちに、どんどん取引先の魅力がわかってきます。
    業績好調な良い会社にご融資するのは、言い方はおかしいかもしれませんが“誰にでもできる”んです。特別な判断は必要ありません。
    決算書を見せていただいて、きちんと根拠があって、今後の展望がある時、それに気付くのが、銀行員の「目」だと思います。
    例えば、その会社が新たに設備を拡充し、事業が成長し、会社自体の規模がどんどん大きくなる……。
    そんな時、私は、この仕事を選んで良かったと思います。僅かながらでも、自分が地域経済に貢献していることを実感できるから。この仕事は銀行ならではです。

  • 私の尊敬する人

    迅速なレスポンスの大切さ

    以前、主任に昇任した後、仕事に押しつぶされそうになったことがありました。
    そんな時、ある先輩は私の相談に何を置いてもすぐにレスポンスしてくれました。それを私は、すべての人にお返ししていかねばならないと思っています。支店の後輩や部下に、もちろんお客様にも対しても。迅速なレスポンスの大切さは身にしみて知っています。
    お客様からどんな要望をいただいても、すぐさま対応させていただく。小さなことかもしれませんが、その先に、栃木銀行ならではの地域経済への貢献があるのだと信じています。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • お客様と長くお付き合いしていく仕事
  • 企業人と商談する仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事
  • 人との出会いが多い仕事