株式会社栃木銀行

株式会社栃木銀行(トチギギンコウ)の先輩社員、OB・OG情報

東証 正社員

株式会社栃木銀行

【地銀】

こんな先輩行員が活躍しています

半田徹郎(2004年入社)

渉外係  支店長代理

職種 法人向け営業(新規開拓が中心)
   
出身学部 経営学部
専攻分野 経済・経営・商学系

インタビュー

目標を設定し、達成するために突き進む

  • 支店の渉外係として営業を担当しています。
    お客様としては、大口取引先企業から、個人経営の中小事業主までさまざまですが、新規開拓案件の発掘をメインとして、日々新たなお客様との出会いを創出できるよう営業活動に励んでいます。
    私は、入行当初より渉外係として営業の仕事を希望していましたので、今は望んでいた環境で中身の濃い充実した毎日を過ごしています。新入行員は、入行直後は全員各支店に配属となり、まずは預金係や融資係を担当し、銀行業務の基本を経験するのですが、私は体育会系でどんどん外に出たいと思う方でしたので、直接お客様とのコミュニケーションを深めながら仕事を進められる今の業務に、やりがいや喜びを感じています。
    私が所属している支店は栃木県と福島県の県境に位置しており、観光産業や農地が多くエリアが広範囲なのが特徴です。
    支店によって、街の中心部が担当エリアであったり、住宅街がメインのエリアになるなど、担当する地区によって営業先の雰囲気も変わりますね。
    銀行の仕事は地域密着型ですので、転勤を経験しながらどんな状況でも対応できる渉外係としての技術や接客術も身に付くと思います。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    地域経済に貢献できると考えて

    営業活動を通じ、取引先の企業・個人のお客さまに貢献したいと考えていました。

  • 私のモットー

    「営業はお客様にお願いするのではなく、お客様のためになることをお届けする」

    私が日々モットーとしていることは、「営業はお客様にお願いするのではなく、お客様のためになることをお届けする」という気持ちです。
    持ち前の体育会系の熱意や元気、明るさを活かしてお客様から信頼される銀行員を目指しています。
    目標の達成も営業担当として重要ですが、私の場合は営業活動中に気になる会社・事務所をチェックして「今度はあの会社へ行ってみたい!」というように、自分なりの目標を立てながら仕事を楽しむ工夫もしていますよ。

  • 仕事のやりがいは・・・

    地域密着型で、地元経済に直接貢献できる

    銀行の渉外係としてのやりがいは、地域密着型で、地元経済に直接貢献できることです。
    例えば、大型の地域開発案件などで当行と地元企業との掛け橋になれた時は本当に嬉しいですね。もちろん渉外係を担当して間もない頃は、恐いもの知らずな性格もあり、失敗もたくさんしました。
    しかし、それも次第に「この場面はお客様を押すけど、この場面は引く」というような経験則が自分の中に出来てきて、臨機応変な対応が取れるようになりました。
    景気が低迷する状況の中では、お客様にとって我々銀行員が担う役割も重要です。
    ですから、日々お客様のお役に立てるよう、経営コンサルタントの資格を取得するなど、自己啓発にも全力で取り組んでいます。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 企業人と商談する仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事
  • 人との出会いが多い仕事
  • 暮らしに豊かさを提供する仕事