54人が “気になる” しています

株式会社小野工業所(オノコウギヨウシヨ)の企業情報

株式会社小野工業所

【建設|設備|設計】

橋梁保全工事において東北地方トップクラスの実績・実力をもつ株式会社小野工業所。今ではグループ会社との連携を強化することで、東北地方を超えてグループとして事業展開しています。

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
街づくりのプロフェッショナルが集結している小野工業所グループ

小野工業所グループは株式会社小野工業所を中心に6社で構成され、建設業を中心に事業展開しています。各社で得意とするサービスが異なるため、グループで力を合わせることで、お客様に対してより良いサービスを提供することが可能です。橋梁保全や公共施設の鉄骨工事、耐震工など、街づくりの裏方として、自分たちの専門性を発揮しています。

私たちの仕事

私たちは、お客様に製品、技術、サービスという価値を提供します。またより良い価値を提供するための製品開発、技術向上、サービス水準の向上、従業員教育を行います。
私たちが扱う社会資本は一度共用されると長い期間使用される事を前提に製造されます。私たちの今日行っている仕事は、必ず後世の評価を受けるという気概を持って取り組まなければなりません。
私たちは製品、技術、サービスを提供することを通じて、文明社会の発展を支え、経済活動の土台となり、より良い環境を守り後世に残さなければなりません。

はたらく環境

社風
知識と経験のバランスに配慮した現場所長へのステップアップ

土木工事現場には、品質・出来形・工期・安全と、大別して4つの管理があります。どれ一つ欠けても、良い仕事になりません。一つ一つの現場は条件が異なるため、知識だけでは対応できないことも多々あります。現場をしっかり経験して失敗を重ね、基礎を身に付けていくことが、一人前の現場代理人への近道。そうすることで、多くの現場で応用が効くようになり、仕事の幅も広がっていくのです。当社では、入社4年間は上司について現場経験を積んでいただきます。4年経過すると一級土木施工管理技士の資格取得対象となるため、その取得が最初の目標。資格取得して監理技術者へ、その後工事主任を経験し、現場の所長を目指すことになります。

企業概要

創業/設立 創業:1889年 
設立:1994年
本社所在地 福島市町庭坂字堀ノ内3-1
代表者 代表取締役社長 小野 晃良
資本金 5,300万円
売上高 38億1,000万円(2014年06月決算)
78億1,000万円(2015年06月決算)
従業員数 43名 (2016年02月現在) (男子38女子5名)
主要取引先 ・国土交通省東北地方整備局 
・福島県 
・福島市 
・積和不動産東北株式会社
事業所 ■本社:福島県福島市町庭坂字堀ノ内3-1 [MAP] 
■資材センター:福島市在庭坂字中川原7-1 
■郡山営業所:福島県郡山市大町1-9-13 サンライズビル4階1
土木建設の新たな潮流をリードしていくのがこれからの若手の役目! 私たち小野工業所では、1889年(明治22年)の創業から今日にいたるまで時代が要請する各種のインフラ整備事業に携わり、地元福島県の発展と生活の安全・便利さの向上に貢献してきました。1世紀以上にわたる歴史には、土木建設の潮流の移り変わり(鉄道、発電、治山治水、農業等々)が克明に記されており、さらにいま、そこにまた新たな流れが加わろうとしています。それが「社会資本の長寿命化」への取り組みです。各種メディアで取り上げられている通り、今日の日本では、高度経済成長期に建設された多くのインフラが耐用年数の終末期を迎えつつあり、社会としてこの現実をどう乗り越えて行くかが大きな問題となっています。当社では、地域のインフラ建設を手掛けてきた会社の責務として約20年前にこの問題と向き合い、学術研究が進んでいる「橋梁保全」の分野で実績を重ねてきました。作り続ける時代から、賢く使い続ける時代へ。そんなパラダイムシフトを示唆するように、ここ東北でも同分野の事業は着実に増大しており、当社はそのトップシェア(国交省東北地方整備局発注額/H21度~23度累計)を得るまでに至っています。
気になる

54人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません