株式会社ツバメックス

2人が “気になる” しています

株式会社ツバメックス(ツバメツクス)の企業情報

株式会社ツバメックス

【その他製造】

日本でいち早く3次元設計システムを開発、金型作りに導入。
職人の手仕事を機械作業に置き換えて短納期と高品質を実現、業界の常識を覆しました。
難しい加工や新素材にも対応し、今なお金型作りの未来を切り拓いています。

  • 実力と成果を重視

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
『金型』製造で様々な部品の誕生を支える!

自動車や家電製品など様々な分野の製品、部品を生産するための道具である『金型』を設計・製造しています。学生の皆さんが金型を目にすることはないと思いますが、皆さんが目にし、手に取る製品の多くが、金型を使用して作られているんですよ!

【事業内容】
自動車、建築資材、家電製品等のプレス金型、モールド金型の製造
金属部品のプレス加工
プラスチック成形品の製造

ビジョン/ミッション
3次元設計システムを独自開発。業界の常識を打ち破りました!

今ではすっかりおなじみとなったCAD・CAMやCATIAといった3次元システムですが、当時の日本では導入が始まっていませんでした。
そこにいち早く目を付けたのが当社。1970年代から機械化やソフトの自社開発に着手し、金型作りに取り入れたのです。これが圧倒的な効率化と高品質化を実現しました。
以来30年以上の年月を経てシステムはさらにカスタマイズされ、他社の先を行く金型作りを実現しています。

事業戦略
設計だけじゃない!加工段階でも効率化・多様化を実現!

限られた人員・時間で最大の加工技術を発揮できるよう、製造ラインを全面的に見直し。大型の超高速加工機や3次元測定器など新しい設備を積極導入しました。手作業だった工程は可能な限り機械加工に置き換えられ、短納期を実現しています。

私たちの仕事

かつて金型作りは、熟練の技を身につけた職人の手で行われていました。当然生産性は低く、次の世代もなかなか育ちません。
そうした状況を打破したのが、当社の機械化とシステム導入。金型業界全体の常識を変える出来事であり、当社が業界のトップランナーとしての道を歩み始めた瞬間です。
金型そのものを作るだけでなく、システムづくり、効率の良い工程づくりを通じ、業界の未来を創ること。それが私たちの仕事です。

はたらく環境

オフィス紹介
金型製造のプロ集団

金型作りは工作機械で加工することが当たり前になっていますが、やはり人の技能、経験がまだ必要不可欠です。
人による最後の一仕事があることにより、より精度の高い金型が完成されます。

企業概要

創業/設立 創業/1892年
設立/1961年
本社所在地 新潟県新潟市西蒲区高野宮3283-1
代表者 代表取締役 山村 福雄
資本金 4000万円
売上高 28億8000万円(2016年10月)
従業員数 193名(男性159名/女性34名) (2017年10月現在)
事業所 上記本社
沿革 1892年 燕市で藤田製作所としてヤスリの製造を始める。
1946年 藤田金屬と改組、その一部門として金型製造と金属加工を始める。
1961年 燕市で燕プレス工業株式会社として分離独立。
1968年 自動車部品用金型の製造を始める。
1974年 中之口村(新潟市西蒲区)に大型プレス工場を新設。(中之口工場)
1979年 中之口工場に金型部門を移設。
1982年 業界でいち早く3次元CAD/CAMシステムを導入。
1991年 株式会社ツバメックスに社名変更。
1999年 新潟県経済振興賞受賞。
2013年 燕市の工場を閉鎖し、新潟市西蒲区に全設備を移設。
2014年 本社所在地を中之口工場に変更。(本社工場)
    金型工場を増設。

2015年 金型部でJISQ9001:2008を取得。
気になる

2人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています