竹中エンジニアリング株式会社

12人が “気になる” しています

竹中エンジニアリング株式会社(タケナカエンジニアリング)の企業情報

竹中エンジニアリング株式会社

【電気・電子|精密機器|商社(電子・電機・情報機器)】

竹中エンジニアリングは社会に『安全・安心を提供する』
セキュリティ機器メーカーです。

私たちのフィールドは『セキュリティ市場』!!
めまぐるしく変化する現代、淘汰される業界がある中で、
『セキュリティ市場』はこれから益々、成長が期待される
“ 拡 大 市 場 ”です!!

当社は警備会社様や総合電気メーカー様など大手企業様を
取引先に持つ、BtoB企業。

一般の方々に対する知名度はあまり高くありませんが、
セキュリティ業界での知名度は抜群です!!

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 過去10年赤字決算なし

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 自己資本比率40%以上

私たちの魅力

事業内容
セキュリティ用センサー、情報機器およびセキュリティ周辺機器の開発・設計・生産・販売。

【商品ラインナップ】
(セキュリティ用システム機器)
 ・検知機、映像機器、通報機器、出入管理機器など

(ヘルスケア用システム機器)
 ・徘徊お知らせセンサー、在室確認スイッチなど

(温度監視用システム機器)

(自動ドア制御用システム機器)
 ・光線式アクティブセンサー、赤外線ビームスイッチなど

(保安用システム機器)
 ・緊急コール、倒れコールなど

(車両・道路・交通・駐車場用システム機器)

(環境用システム機器)
 ・不法投棄監視・警報用システム機器など

事業・商品の特徴
『安全・安心を提供する』セキュリティ用センサー・情報機器の専門メーカー

私たち竹中エンジニアリングは45年に亘り、
【人々の生命・財産・快適】を守る製品づくりを続けています。

たとえば、一般住宅や銀行、工場等の企業、学校や美術館、
医療・福祉施設や駅、空港などの公共施設まで。

あらゆる場面で快適な環境を実現するため、2000アイテム
もの商品を取り揃えています。

セキュリティへの期待が高まる今、更なる可能性を広げて
行きます。

企業理念
ベンチャー精神と堅実経営の両方を兼ね備えた会社です!

旺盛なベンチャー精神で、毎年数多くの新商品を開発し、
社会の安全・安心に貢献しています。

また、その一方で、独自の経営手法で堅実経営を実践し、
健全な企業体質を実現しています。

私たちの仕事

『竹中エンジニアリング』は警備会社様や総合電気メーカー様など大手企業様を取引先に持つ、BtoB企業です。

セキュリティ用センサーや防犯カメラシステムを中心に
2,000アイテム以上の幅広い商品群をもって社会に『安全・安心』を提供しております。

公共施設から商業施設、オフィス、銀行、工場といった身近な
防犯から、空港や国境線など重要施設のハイセキュリティ用
まで、あらゆる場所の安全・安心を支えています。

はたらく環境

組織の特徴
「人の生命、財産、快適な暮らしを守る」社会の安心・安全を支える醍醐味。

企業テーマは「安らぎを提供する」。

各種、セキュリティ用センサーを中心に防犯カメラなどの
画像機器、検知器などの情報機器等を幅広く開発。
どうすれば人の生命、財産、快適な暮らしを守れるか。
時代と共に多様化し続ける防犯ニーズを余さずフォローアップ
できるか。
その追求を常に怠らず、製品開発に情熱を注ぎ続けた結果、
2,000アイテム以上という国内トップ級(自社調べ)の
製品ラインナップ数に到達。
皆さんの身近にあるお店や学校、ミュージアムやホール、
大型商業施設や駅の安心・安全も「竹中のセンサ」が昼夜を
問わず見守り続けています。

“不安や危険の形”は時代と共に変わります。
1972年の設立以来たゆまず防犯・安全管理の分野で安らぎある
社会の実現に貢献してきた当社。
近年はご高齢者の方へ日々の安らぎをご提供するヘルスケア分野にも力を注いでいます。
さらには熱中症対策をはじめ「今、この時点での切実な
社会ニーズ」を敏感にキャッチしながら毎年数多くの新製品を次々と発表。
誤動作や故障が少ない品質の高さに加えて、あらゆるニーズに
お応えできる豊富な商品ラインナップによって群を抜く競争力を誇っています。

この強みを支える大きな要素が全国20カ所に広がる営業所網。
その街に根を張りながらお客さまと親しくふれあう「地域密着型」の営業スタイルにより、タイムリーかつ適確なニーズ収集ができるのです。
ニーズを形にする製品開発エンジニアの充実ぶりも当社の強み。営業、開発を問わず当社で働く全員が共有するのは「モノを創って売るのではなく、人の生命や幸福を守る仕事をしているのだ」という意識です。
責任は重たいですが、社会に役立っている実感を味わえるので
自然とやる気も高まって、常に前向きに働くことができます。
新卒で営業職に就いた私も、社会の安心・安全を守る誇りが感じられるから頑張り続けることができました。
やる気を持つ人が活躍できる環境が整っていますし、
また、努力が報われる会社でありたいと更に改善改革に取り組んでいます。
大企業ではない分、人間同士の距離感が近くて仲がよいのも自慢です。
(代表取締役社長 穂積正彦 1979年入社)

職場の雰囲気
“拡大成長”を続ける『セキュリティ業界』で働く!!

竹中エンジニアリングのフィールドは『セキュリティ市場』!!
めまぐるしく変化する現代、淘汰される業界がある中で、
『セキュリティ市場』はこれから益々、成長が期待される
“拡大市場”です。

当社は一般の方々に対する知名度はあまり高くありませんが、
セキュリティ・警備業界では抜群の知名度を持っています!!

企業概要

創業/設立 創業:1959年 5月
設立:1972年 1月
本社所在地 〒607-8156
京都市山科区東野五条通外環西入83-1
代表者 代表取締役会長 竹中 新策
代表取締役社長 穂積 正彦
資本金 単体:7500万円 
グループ合計:4億2100万円
売上高 単体:103億円(2016年12月期)
グループ連結:185億円
(2016年12月期)
従業員数 単体:208名
グループ連結:495名 (2016年12月現在)
子会社・関連会社 ■TAKEX 
 竹中センサーグループ 

・竹中グループセンター株式会社 
・竹中電子工業株式会社 
・竹中オプトニック株式会社 
・竹中システム機器株式会社 
・株式会社セキュリティハウス・センター 
・TAKEX AMERICA,INC. 
・TAKEX EUROPE,LTD.
事業所 ●本社
京都市山科区

●営業所
札幌、仙台、郡山、高崎、さいたま、千葉、東京、立川、横浜、長野、静岡、名古屋、金沢、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡、熊本
沿革 1972年 1月 竹中エンジニアリング(株)設立
1981年11月 資本金を5000万円に増資
1981年12月 中小企業研究センター賞(特別奨励賞)受賞
1982年 7月 対米貿易の拠点として現地法人、
         TAKEX AMERICA.INC.(カリフォルニア)設立
1985年 2月 メモリーリセット付ガラスセンサー開発
1985年12月 ワイヤレスガラスセンサー開発
1987年 2月 磁気抵抗式シャッターセンサー開発
1987年 4月 科学技術庁より(科学技術庁長官賞)受賞
1987年11月 インテリジェント・パッシブセンサー開発
1988年 8月 4段ビーム式赤外線センサー開発。
         商品別事業部制度導入
1990年 3月 イギリスに現地法人TAKEX EUROPE LTD.設立
1991年12月 ファジイ型パッシブセンサーPA-5300シリーズ開発
1999年 1月 新ブランド「TAKEX」コーポレートブランド統一
1999年10月 新社屋TAKEX東野ビル本館竣工
1999年10月 税務署より優良申告法人に認定
2000年10月 TAKEX東野ビル北館竣工。本社機能を全て移転
2000年11月 TAKEX西野ビル(配送センター)運営を開始
2002年 2月 ツインミラー型パッシブセンサーが
         日本発明振興協会より発明大賞を受賞
2004年11月 社団法人発明協会より発明奨励賞を受賞
2005年 3月 株式会社タケックス研究所設立
2007年 4月 京都府より京都府発明等功労賞を受賞
2007年11月 TAKEX大塚ビル竣工
2009年11月 竹中センサーグループ創業50周年
2012年 1月 竹中エンジニアリング設立40周年
2017年 1月 竹中エンジニアリング設立45周年
営業職の方の勤務地 全国20ヶ所にある営業所

(札幌・仙台・郡山・高崎・さいたま・千葉・東京・立川・
 横浜・長野・静岡・名古屋・金沢・京都・大阪・神戸・
 広島・高松・福岡・熊本)
エンジニア職の方の勤務地 本社(京都市山科区)のみ
気になる

12人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません