キャリタス就活 トップ  >  就活成功ガイド  >  [こちらも要チェック]先輩500人が迷ったマナー  >  身だしなみ

先輩500人が迷った就活マナー

就職活動は社会人への第一歩。戸惑うことの多いビジネスマナーですが、基本的なマナーを身につけておけば、臆することなくのびのびと自分を表現することができるはず。
昨年、先輩500人が悩んだマナーに関する疑問を分類。
就活マナーについて分かりやすく解説します!

こちらも要チェック

身だしなみ

髪型、メイクなどは清潔感が重要。
最低限の身だしなみのポイントを把握しておきましょう。

昨年悩んだ先輩は170名

髪型

清潔感のある短めのヘアスタイルが良い。髪色はなるべく自然な色にしましょう。女性の長い髪は後ろで留めるなどして、おじぎをする際に髪の毛で顔が隠れないように。男女とも、眉が見えると意思が伝わりやすいと言われるので、前髪は眉が見える長さに。寝ぐせはもちろんNG。

顔・メイク

女性はノーメイクを避け、濃すぎないナチュラルメイクを目指しましょう。素肌の色に近いファンデーションを使い、眉はあまり細くせず、アイメイクは派手なシャドーやマスカラなどは控えると良いでしょう。グロスは光りすぎないようにします。男性はひげの剃り残しがないように注意しましょう。

つめ

きれいに短く整えるのが基本。女性は派手なマニキュアやネイルアートはNG。
透明なマニキュアにとどめておきましょう。

香水・アクセサリー

きつい香水や音が出るような大振りのアクセサリーは避けるべきです。男性はなるべく何もつけず、女性もシンプルなネックレス、指輪程度に。

コート・マフラーなど

冬場の就職活動に欠かせないコートやマフラー。ともに建物に入る前に脱ぎ、二つ折りにして腕にかけた状態で受付に向かうのがマナー。風邪を引いたり花粉症の症状が出ているときのマスクも、面接時などはなるべく外したほうが好印象です。