就活ジブン流How to Find Your Own

会いたい人に会う。
聞きたいことを聞く。
直感に従えば本質は必ず見える。

株式会社 こうゆう
花まる学習会
人材育成部 社員採用責任者

臼杵 允彦 氏

Masahiko Usuki

PROFILE

1984年生まれ、福岡県出身。2008年、慶応義塾大学理工学部卒業後、人材採用コンサルティング会社へ入社。仕事の面白さが大変さを凌駕する日々を送り、新規営業No.1、九州で全指標No.2の営業成績を収める。2012年10月、株式会社こうゆう 花まる学習会へ転職。現在、約150名の子どもたち(4歳児から小6まで)へ授業を行うほか、社員採用責任者と新入社員教育を担当する。

理工学部から文系就職を目指した臼杵允彦氏。何をやりたいのかわからず困り果てて始めたのが、電車で乗り合わせるサラリーマンへのインタビュー。独自の「OB訪問」を通して見えてきた「やりたいこと」とは?

仕事はつらいものと思っていた。
先入観をくつがえされたOB訪問。

大学では応援団でクラリネットを担当。活動に熱中しすぎて2回も留年をしてしまい、就職にあたってはゼロベースから進路を検討しなければなりませんでした。大学院・理系就職・文系就職・公務員の4択で選んだのは、文系就職。大学生活を振り返ったとき、「実験」より「人」に興味を引かれる傾向が顕著だったからです。何をやりたいのかは見当もつかなかったため、部活動で築いた人脈を頼りに、まずOB訪問を始めました。10人ほど面会した時点で印象に残ったのは、人材採用コンサルティング会社に勤める2人の先輩。「仕事が面白くてしかたない」と目を輝かせて話す様子に「仕事はつらいもの」という先入観が破られ、同社への関心が急上昇。入社したい気持ちが募った頃、別の先輩から「うちの会社で何をやりたいの?」と厳しく追及され、答えられなかったことで意気消沈し、振り出しへ。社風や人にひかれて前のめりになっていたものの、仕事面での動機が薄いことに気づかされたのです。

衝動に駆られて始めた「電車でOB訪問」。
人とつながり
未知の世界を知る喜びに目覚める。

出口が見つからず手を出したのが「電車で行うOB訪問」。山手線で隣に座るサラリーマンに、なぜ今の仕事を選んだのか、尋ねたのが最初です。訝しがられて断られることも多いけれど、就活中の学生と告げれば親切に教えてくれる人がたくさんいました。商社マン、弁護士、はとバスの運転手など、50人と出会っても、一人として同じ職業の方はいません。その中でハッとさせられたのは、「やりたい仕事かどうかなんて10年やらないとわからないよ」という弁護士の方の言葉。新卒のタイミングで一生続けたい仕事を見つけるのは困難と悟る一方、もっといろいろな人に話を聞いて未知の世界を知りたい、と貪欲に願うようになっていました。

自己PRの内容を変えてみたら
次々と内定が決まり始めた。

当時私は、就活と同時進行で大きな課題に取り組んでいました。個別進学塾のアルバイトで担当する不登校児の中学生Y君を「偏差値25から52まで半年で引き上げて志望校へ合格させる」というミッション。挨拶や返事もろくにせず、解けない問題をすぐ投げ出すY君に、まず思考法を教え、将来の夢を語らせることで生命力を鼓舞して自身の可能性に気づかせて…と、就活以外の全精力を投じた結果、周囲も驚くほど彼は変わり始めました。それまで面接の自己PRでは「部活動の実績」を語っていたのですが手応えは今一つ。試しに「電車でOB訪問」と「Y君の健闘」に切り換えてみたところ、現在進行形の情熱が伝わるせいか次々と内定をもらえるようになりました。人材採用コンサルティング会社へ入社したのは、「電車でOB訪問」によって増幅した職探しへのモチベーションと「求人」という業態が合致したことに加え、人事部長に「君、面白い!うちへ入社しなさい」と誘っていただいたことが決め手です。

Y君との再会で見えた、
生涯を懸けてもよいと思える道。

Y君は志望校へ合格。高校進学後も引き続き担当しましたが、私の就職で別れのときが訪れます。私は思いの丈を便箋6枚に綴り、「今後は自分の力で道を切り開いて」とプライベートを含め一切の連絡を断ちました。再会したのは4年後。「メアド変えました」、たった一行送られてきたメールを見た瞬間、当時の思いがよみがえり、また引き込もっていたらどうしよう、と不安が襲いました。でも、再会した彼は大学生になり、あの頃語っていた将来の夢「ジャーナリスト」への道をしっかりと目指していたのです。くじけそうなときは、あの頑張った日々を思い出して乗り越えてきた、と語るY君を見て、人がもつ可能性の尊さと、出会う大人によって子どもの人生が変わることの重みを痛感。「教育」の道なら生涯を懸けられる。そう思い、転職を決意。その後、子ども達を将来メシが食える大人・モテる人に育てるという理念を、全社員が本気で体現している花まる学習会の門を叩きました。
私の職探しにおいてターニングポイントとなったのは、間違いなく「電車でOB訪問」を始めたことです。切羽詰まってリミッターが利かなくなり、心が欲するまま行動を起こしてみたら面白くて夢中に…、気づけば、進みたい方角を感知できる自分になっていました。ワクワクするもの、面白がれること、理屈じゃない「直感」の先に「本質的な望み」が潜在している可能性は高いと思います。自分が魅力を感じるものや場、人へアプローチしていく勇気をもち、ぜひ、一歩を踏み出してください。

CAREER

2002
慶応義塾大学理工学部入学
2008
慶応義塾大学理工学部卒業。株式会社リクルートジョブズへ入社
2012
株式会社こうゆう(花まる学習会)へ転職
2014
新卒採用責任者 就任
2017
人材育成部 社員採用責任者 就任