キャリタス就活 トップ  >  就活成功ガイド  >  [インターンシップ] 1・2年生のインターンシップ参加の「教えて!」「知りたい!」すべてお答えします!【PART4】

探し方は? 応募の仕方は?
学ぶことは? 参加のメリットは?

1・2年生のインターンシップ参加の
教えて!」知りたい!」すべてお答えします!

インターンシップ

PART4

インターンシップ参加後に必ず行うべきこと

みなさん、こんにちは。採用と育成研究社の小宮健実です。

インターンシップへの参加は、誰でも貴重な体験ができます。
今後就職活動をしていく上で、大いに参考になる事があったのではないかと思います。
しかし参加者の本当の成長は、実はインターンシップに参加後、通常の学生生活に戻ってからにあるという事をご存知でしょうか。

インターンシップをきっかけに、大きく成長する学生は、間違いなく就職活動でも満足のいく結果を手にしています。

今回は最終回として、インターンシップに参加して通常の学生生活に戻った後、皆さんがすべき事についてお話したいと思います。

小宮健実
株式会社採用と育成研究社 代表
「インターンシップ」参加後に行うべきこととは?

インターンシップは成長のきっかけを掴む場、
参加後の振り返りで自己成長のために
どう努力するのかを考える

インターンシップはどうだったかと感想を聞くと、「大変だったけど良い経験になった」「学びがたくさんあった」と答える人がたくさんいます。

それはその通りだと思いますが、インターンシップに参加してみて、「いきなり社員に交じって働くことはできない(そこには大きな差がある)」ということも、よく理解できたのではないでしょうか。

つまりインターンシップは、皆さんに成長の必要性を再認識させる場、成長のきっかけを提示してくれる場に他ならないのです。

皆さんはその思いをインターンシップから戻った、通常の学生生活に反映しなくてはいけません。同じ環境じゃないのだから、できることには限りがあると思う人もいるかもしれません。

しかし真実はそうではありません。まさに戻ってきた後の学生生活で本当の実力が備わり、それが就職活動の本番で表れるのです。

インターンシップ振り返りの観点

では、具体的にどうすればよいでしょうか。
それにはまず、インターンシップでどのような点はできて、どのような点はできなかったのかを振り返ることが大切です。
その際には、以下を参考にするとよいでしょう。
行動特性 内容
主体性 物事に進んで取り組む力 
働きかけ力 他人に働きかけ巻き込む力
実行力 目的を設定し確実に行動する力
課題発見力 現状を分析し目的や課題を明らかにする力
計画力 課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
創造力 新しい価値を生み出す力
発信力 自分の意見をわかりやすく伝える力
傾聴力 相手の意見を丁寧に聴く力
柔軟性 意見の違いや立場の違いを理解する力
情況把握力 自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

「社会人基礎力(経済産業省)」より抜粋

この表を参考に、自分がインターンシップの現場で、発揮できた力はどれで、発揮できなかった力はどれか振り返ってみましょう。

学生生活への活かし方

次に、あなたが、もしも、インターンシップの現場で「課題発見力」を発揮できなかったとしたら、自分の学生生活で「課題発見力」が発揮できる機会がどこにあるかを考えてみましょう。

学校の授業でも、バイト先でも、サークル活動でも構いません。
例えば、授業で「課題発見力」を発揮するとは、具体的に何をどうすることかを考えてみましょう。悩んでしまうようだったら、身近な人に相談しても良いと思います。

具体的な行動がイメージできたら、それをいつ実行するかの計画を立てましょう。
そして実行したら、どれくらいイメージ通り実行できたかを振り返りましょう。
改善できる点があるか考え、その点を踏まえてもう一度「課題発見力」を発揮できる機会を考えましょう。

こうした一連の行為を、PDCAサイクル(計画:PLAN~実行:DO~チェック:CHECK~改善:ACTION)といいます。

成長体験を語れるようにしよう

インターンシップに参加した後、その体験をどう振り返り、その後自己成長のためにどう努力したのか、そうした「自分を成長させるための一連の挑戦のストーリー」は、就職活動において最もPR力のある話題です。

そして自己成長のために目的意識をもって学生生活を送れるようになると、インターンシップや就職活動はゴールではなく、自分が成長し続ける事で自分の人生が充実する事こそが本当のゴールなのだということにも気づけると思います。

実はインターンシップは、あなたのキャリアすべてにおけるきっかけなのです。

さて、いかがだったでしょうか。
ここまで、低学年の皆さんがインターンシップに参加するときの心得について4回にわたりお話ししてきました。
インターンシップを自己の成長機会と捉え、将来充実した社会人生活を送れるように、ストーリーをつなげていってほしいと思います。
皆さんを応援しています。また機会があれば、お会いしましょう。

1・2年生必見のインターンシップを探そう

就活成功ガイド・TOPへ