就活を一歩リードする靴選び&ケア

就活で使う靴を選ぶ際、ついついデザインを重視しがちですが、
自分の足に合った疲れにくい靴を選ぶことで、より快適に就活に集中できます。
足にフィットした靴を履くと背筋がピンと伸びて姿勢が良くなり、
立ち居振る舞いも美しくなるので自信も出てきます。
選び方からケア方法まで学んで、就活を1歩リードしましょう。

自分の足のサイズを正しく知るために、出来ればシューフィッターのいるお店(※)
で測ってもらいましょう。ただし、同じ表記サイズでも靴によって違うので、あくまでも目安と考えて。足にフィットしない靴を選んでしまうと、痛みがストレスとなって就活の妨げにもなってしまいます。
デザインだけでなく、フィット感も重視して選ぶことが大事。ご紹介するポイントを参考に、セルフチェックしてみましょう。試着したら、普段通りの歩き方で店内を歩いてみて、痛みや安定感をしっかり確かめましょう。

※お近くのシューフィッターがいる店舗の検索はこちら >>

安定感のある3~5㎝の太目のヒール。高くても6.5㎝まで。

外くるぶしが履き口に当たったり、食い込みがあるとNG。

かかとの食い込みや隙間はないか。指先でかかとをつまみ、2㎜ほど空くのがベスト。

指先を圧迫しないスクウエアトゥがオススメ。爪先に1㎝ほどゆとりが欲しい

上から見て、指の形がわかったら幅が狭い

デザインを重視してしまいがちですが、リボンやバックルが付いた靴は就活には好ましくありません。
できるだけ黒のシンプルなものを選ぶようにしましょう。

CHECK

ためし履きはココをチェック!

TIPS

靴を買いに行く前の心得!

お店には、履きなれた靴で行く

よく履いている靴の裏やヒールのすり減り具合、中敷きの汚れをシューフィッターが見ると、その人の歩く癖が分かり、最適な一足を選ぶにあたり、参考にすることができます。

買いに行くのは、就活する時間帯

足の状態は時間で変動しますが、人の生活リズムによって違い、必ずしも夕方にむくむわけではありません。就活する時間帯に買いに行くようにしましょう。

就活のときに履くストッキングで

つい忘れがちですが、どんなストッキングかによって、靴のフィット感が違ってきます。就活時に履くストッキングで、お店に行くようにしましょう。

試し履きをするときは、必ずストッキングの先をゆるめましょう。
足の指がちゃんと伸びて、正確なサイズが分かります。

靴をきちんとケアするかどうかで、持ちが断然違ってきます。 革の手入れは「肌」と同じ。汚れを落とすクレンジングと、栄養を補給する保湿でやさしくケアしましょう。
・靴の中の湿気を取るために、薄紙を丸めたものを中に入れる。
・ブラシで汚れやほこりを取り、柔らかい布に汚れ落としの
 クリーナーをつけてクレンジング。すっぴん状態にする。
・保湿クリームを靴全体にのばして、革に油分を補給。
・柔らかい布やストッキングで磨く。
・シューキーパー、または薄紙をつま先に詰めて、割り箸などで
 かかとに固定して靴を張ると、型崩れを防止できる。
・防水スプレーを吹きかける。風通しが良い場所で直射日光を
 避けて保管する。箱で保管したい場合は、空気穴などを開けて、
 風通しを良くしてから使いましょう。
週1~2回は、きちんとお手入れを。
汚れは毎日、きれいに拭き取って保管すると、
キレイな状態で靴をキープすることができます。
2足用意して、交互に履く
1足の場合は歩きやすい靴を移動用にし、会場に入る手前で就活用の靴に履き替えましょう。

かかと、足幅にできる靴ズレ

靴のサイズが大きい場合は、中敷きパッドで調整しましょう。足幅がきつい場合は、買った靴屋さんでストレッチャーにかけて、革を伸ばしてもらう方法もあります。

外反母趾で靴選びが大変

外反母趾の部分が隠れる、甲が深いものを選ぶこと。ストラップ付きの靴は足首で体重が止まり、足の指のつけね部分に負担がかかりにくいので、履きやすいでしょう。

濡れた靴のお手入れ方法

新聞紙を入れるとインクがつくことあるので要注意。靴を買ったときに入っている薄紙を丸めて詰めましょう。紙が濡れたら取り替えて。直射日光は避けて、風通しのいい場所で乾かします。

ヒールがあると、つま先部分が痛い

足が前に滑ってしまうので、滑り止めパッドを敷きましょう。0.6㎜の厚さがオススメ。パッドに汚れがつくと滑りやすくなるので、その場合は水で洗えば復活します。

外出先でできる応急処置は?

足のマメは絆創膏を貼り、中に滑り止めを敷きます。かかとが抜けたら、透明なストラップバンドが便利。靴のキズはカラーリペアを使ってティッシュでカバー。どうしても用意がないときのみマジックを使いましょう。汚れはクリームを含んだスポンジでさっとひと塗りして。

PROFILE

高瀬りえ菜さん

zapaterie代表。理学療法士。成蹊大学工学部卒業後、IT関係の会社に就職。
その後、以前から好きだった靴の仕事に就くために、ブティック オーサキインターナショナルに転職。
販売業務の後、本社で商品企画・管理を担当。靴と人体の関係を学び、2008年に上級シューフィッター、2016年に理学療法士の資格を取得。
整形外科で足関節疾患のリハビリ担当を経て、現在は靴からアプローチする姿勢と歩き方の指導とセミナー活動を行なっている。

zapaterie ホームページ