下村グループ(下村工業株式会社・下村企販株式会社)

下村グループ(下村工業株式会社・下村企販株式会社)(シモムラグループシモムラコウギョウカ…の企業情報

下村グループ(下村工業株式会社・下村企販株式会社)

【金属製品】

--- 燕三条 ものづくりに挑戦 世界とつながり成長する ---
地元が誇る伝統の三条鍛冶をルーツに
変化する人々のライフスタイルに
対応しながら「Made in 燕三条」を世界へ!

私たちの魅力

事業内容
伝統の三条刃物鍛冶に由来する確かな技術を、世界へ

私たちは、日々の暮らしの中からアイデアをカタチにする商品開発力を強みに調理刃物、キッチンツール用品などの企画・製造・販売を行っている企業です。三条刃物鍛冶をルーツに蓄積された刃物製造、商品化ノウハウを土台に事業を展開。調理器メーカーの「下村工業」(三条市)、企画販売の「下村企販」(燕市)、海外製造拠点の「下村刃具有限公司」(中国)、海外販売拠点の「下村香港有限公司」(香港)の4社で構成しております。

刃物製造は当社の原点であり、鎌や鍬などの農工具にはじまり、現在は産業用精密部品からキッチン用品まで、各種分野へ展開しています。企画・製造・販売までのグループ一貫体制をもち、デザイン・素材・機能設計にいたるまで、お客様の幅広いニーズにお応えする「対応力」で、高い評価をいただいています。時代に合わせた「進化」と「深化」を続けながら、現在の下村グループの現場にも脈々と受け継がれています。

グループ各社が競い合いながら品質レベルを高め、お客様のご要望に添った商品をご提供しています。社名こそ明記しておりませんが、実は百貨店、専門店で目にする世界的なキッチンツールブランドの多くには当社商品が使用されております。また、成長発展の可能性を日本国内のみならず世界に求めて挑戦しており、ドイツ、アメリカや中国などへ販売実績も増加しております。

~当グループが持つ3つの強み~
◆長年の技が凝縮された高品質な刃物
◆自社製造だからできる高品質な樹脂応用商品
◆信頼ある「Made in 燕三条」を生み出す対応力

事業戦略
【下村工業】刃物系キッチンツールを製造・販売

下村工業は140年以上前から続く三条刃物鍛冶としての創業を経て、1957年に設立いたしました。日本有数の金属加工産地である新潟県燕三条地域。中でも刃物製造は私たち下村グループの原点であり、伝統の地場産業を継承する者としての誇りでもあります。三条刃物鍛冶に由来する伝統技術を受け継ぐと同時に、変わりゆく時代のニーズに合わせた業界初のステンレス製包丁の製造、刃物とプラスチック樹脂成型技術を融合させた包丁やスライサー、ピーラーなどの刃物系キッチン用品の製造、販売など、新たなものづくりの可能性を追求し続けています。

<生産品目>
家庭用・業務用包丁、電動調理器刃物・産業用刃物部品、調理用器具・機器、セラミックナイフ・ハサミ、その他各種キッチンウェア



▼オフィス紹介--------------------------------------------------------
自社製品をズラリと並べたショールームや、カラフルでポップなイスを配置した広い食堂を備えています。食堂の一角に設けたキッチンスペースでは、試作品の使い心地をチェックする時などに使います。

事業・商品の特徴
【下村企販】ステンレス製のキッチン用品を中心に企画・販売

下村企販は、生活に密着した調理器具、キッチン刃物、調理小物、をはじめとした多岐にわたる家庭用品などを幅広く企画し、地元の協力工場とともに開発しています。最大の特徴は、売りたい商品を自ら企画できる「作る商社」ということ。そして、世の中のトレンドを取り入れた商品を企画し、販売する「売る商社」でもあります。磨き、プレス、ステンレス加工、ワイヤー加工などさまざまな工場がある地場のネットワークを強みに、年間100以上の新商品を生み出しています。

<生産品目>
調理小物、調理器物、洋食器、台所収納、流し廻り用品、製菓用品、園芸、DIY、防災、洗濯・バス、インテリア小物



▼オフィス紹介--------------------------------------------------------
事務所や打ち合わせスペース、広々とした食堂など、窓を配した社内は明るい雰囲気です。フライパンやさまざまなキッチンツールが一同に集まったショールームも備えています。

私たちの仕事

【下村工業】
「調理に楽しさ、暮らしにごちそうをデザインする」をコンセプトに、刃物から樹脂応用商品にいたるまでの多様な商品を製造・販売しております。刃物メーカーとしての高品質なモノづくりはもちろん、ユーザーの視点に立った商品開発、グループ企業との連携を活かした視野の広い事業を展開しています。年2回東京ビッグサイトで行われる展示会では、全国のバイヤーさんに開発した新商品を直接アピールしています。

--------------------------------------------
【下村企販】
キッチン用品をはじめとした多岐にわたる商品を、多品種小ロットに対応しながら、生活協同組合や量販店などに供給。自社製造部門を有し、そこで培った製造技術を企画・開発に活かして、使い勝手の良い本物志向のものづくりを行っています。2015年にはオリジナルブランド「家事問屋」を立ち上げ、『ありきたりを使いやすく』をコンセプトに、日本人が考える日本人のための暮らしの道具を提案。シンプルなデザインが首都圏を中心に好評を得ています。

はたらく環境

職場の雰囲気
社員同士の仲が良く、チームワークはバッチリ!

グループ国内社員数は約170名と決して規模は大きくありませんが、企画から製造、調達、国内外への販売まで一貫体制を取っているため、どの部署でもチームワークは欠かせません。そのため、社員旅行、懇親会、レクリエーションなど各種イベントを通して、社員間のコミュニケーションを深める機会を多く設けています。先輩・後輩と仲が良い職場で、先輩社員が仕事を丁寧に指導する環境も整っています。

組織の特徴
インターン仕事研究や会社説明会も全力で取組んでいます!

インターン仕事研究や会社説明会も全力で取組んでいます!

企業概要

創業/設立 【下村工業】1957(昭和32)年3月5日
【下村企販】1973(昭和48)年7月7日
本社所在地 【下村工業】
 〒955-0033 新潟県三条市西大崎1-16-2
【下村企販】
 〒959-1279 新潟県燕市大字小池4803-4
代表者 代表取締役社長 下村 啓治
資本金 【下村工業】9990万円
【下村企販】8000万円
売上高 【下村工業】22億円(2017年11月)
【下村企販】43億円(2018年02月)
従業員数 【下村グループ】170名
(下村工業 115名、下村企販 55名) (2018年02月現在) 
事業所 【下村工業 事業所】
大島化成事業部
〒955-0096 新潟県三条市井戸場568-3
TEL:0256-33-5721
沿革 昭和32年02月
  下村工業株式会社を資本金100万円で三条市田島にて設立。
  ステンレス製包丁生産着手。
昭和35年06月
  下村工業 キッチンウェアーの製造開始。
昭和48年07月
  下村企販株式会社設立、燕市物流センター地内で営業開始。
昭和61年03月
  下村工業 セラミック刃物生産開始・事業転換計画実施。
平成02年12月
  下村工業 大島工業団地内に工場を化成事業部として創業開始。
平成03年11月
  下村工業 旧ソ連邦向プラント輸出完成。
平成06年06月
  下村香港有限公司設立(香港)。
平成08年12月
  下村企販 新社屋(燕市小池)にて操業開始。
平成14年12月 
  下村企販 ISO9001認証取得。
平成18年05月
  下村啓治 下村工業・下村企販社長就任。
  下村達大 下村香港総経理、下村工業・下村企販 専務就任。
平成22年08月 
  下村刀具有限公司設立(中国広東省深セン市)。
平成25年09月
  下村工業 料理研究家・検見崎聡美シリーズ発表。
平成26年07月
  下村工業 調理小物フルベジシリーズ発表。
平成27年06月
  下村企販 オリジナルブランド「家事問屋」立ち上げ。

採用連絡先

◆下村グループ(下村企販株式会社・下村工業株式会社 共通)
〒959-1276 新潟県燕市小池4803-4
Tel 0256-64-5588
Fax 0256-64-5064
mail recruit@shimomura-kogyo.co.jp
担当/下村企販 総務課 芝田

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています