株式会社長谷川萬治商店

株式会社長谷川萬治商店(ハセガワマンジシヨウテン)の企業情報

株式会社長谷川萬治商店

【住宅|建設|設計】

木で明日をつくる。

私たち長谷萬グループは、木材の流通・加工、豊かな住空間づくりや木育活動を通じて、
お客様に価値ある製品やサービスを提供する、木材のプロフェッショナル集団です。

長谷萬グループとは

私たち長谷萬グループは、東京・木場の木材問屋を発祥として、およそ一世紀にわたり、「木」と共存してきました。現在は、木材の調達・販売から、建築用構造材の流通・加工、木の住まいや空間の設計・施工、そして木の家具や遊具など木製品の企画・開発と、木材に関する事業を幅広く手掛け、一貫生産体制による高品質の製品とサービスをお客様に提供しています。

  • 本社外観

  • 館林事業所外観

  • CLT建築工事の風景

  • 現場風景

事業について

私たち長谷萬グループは、木材販売、木材加工、建設・施工、木育の、4事業を展開しています。木材販売事業と木育事業を「株式会社長谷川萬治商店」が、木材加工事業と建築施工事業を「株式会社長谷萬」が担い、この2社が長谷萬グループの中核となっています。

  • 木材販売

  • 木材加工

  • 建築施工

  • 木育

それぞれは互いに連携しながら事業を展開しています。「木」というキーワードで、「商社」「メーカー」「建築」の3つの機能を結び、「木」に関する要望にはワンストップで応えられる幅の広さが私たちの強みです。

ビジョンとチャレンジ

私たち長谷萬グループが目指しているのは、木材販売、木材加工、建設・施工、木育の4つ事業を通じて、環境と人に優しい循環型資源の木材の活用を広げ、持続可能で豊かな社会づくりに貢献することです。このビジョンに向かって、木材の活用を広げる様々なチャレンジを続けています。

事例1

「釘の無い海の家」プロジェクト

日本財団旗振りのもと、オールジャパンで推進する「海と日本プロジェクト」の一環として、釘の無い安全な砂浜にするために実施された「釘のない海の家プロジェクト」。我々は施工担当として、釘を1本も使わずに合板を組み上げる木造建築にチャレンジしました。

事例2

最新木質構造材CLTを用いた住まいづくり

私たちは、木育(もくいく)を「木によって育てられ生活の質が向上すること」と考えています。その木育を住空間という形で実現したのが『木育の家』です。最新の木質構造材料であるCLTを一早く活用し、木に温もりに包まれた住まいです。

事例3

木育への取り組み

木育事業では、子供をはじめとする全ての人たちが、木の温もりを感じながら、楽しく豊かに暮らすことを願い、オリジナルブランド「MOKULABO」を通じて、国内の木製品の産地と提携したオリジナル商品の開発や、木育イベントの開催を行っています。

  • 住宅構造材を用いたジャングルジム

  • 木のおもちゃ

  • 大工体験イベント

  • 積木遊びイベント

私たち長谷萬グループでは、木のぬくもりにあふれた豊かな暮らしを提供することで、持続可能な社会づくりに貢献するというビジョンを実現するために、これからも様々なチャレンジを進めていきます。

求める人材

「木の良さを多くの人に知ってもらうことで、社会に役立ちたい」という、私たちの考えや「志」に共感して頂ける方であれば、思う存分力を発揮できる環境があります。
長谷萬グループの社員は、「木のぬくもりが好き」、「木のある暮らしが好き」、「木の価値を伝えたい」、そういった想いを持ちながら、日々業務に励んでいます。4つの事業とさまざまな職種があり、仕事内容は異なりますが、皆、その想いは同じ。同じ想いを持った社員と一緒に、木の魅力やその価値を、社会に伝えていきませんか?

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています