株式会社長谷川萬治商店

株式会社長谷川萬治商店(ハセガワマンジシヨウテン)の企業情報

株式会社長谷川萬治商店

【住宅|建設|設計】

私たち長谷萬グループは、木材のプロフェッショナル集団として、環境と人に優しい循環型資源である木材を活用しながら、住まいづくりの原点である木材・木質建材の流通・加工、そして木のぬくもりあふれた住まいづくりなど、お客様に新たな価値を提供していくことを目指しています。

  • CSR活動に積極的

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 安定した顧客基盤

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
資材の調達から加工、そして建築施工までの一貫体制が生み出す「木材のバリューチェーン」

 私たち長谷萬グループは、東京・木場の木材問屋を発祥として、およそ一世紀にわたり、「木」と共存してきました。現在は、木材の調達・販売から、建築用構造材の流通・加工、木の住まいや空間の設計・施工、そして木の家具やおもちゃなど木製品の企画・開発と、木材に関する事業を幅広く手掛け、一貫生産体制による高品質の製品とサービスをお客様に提供しています。群馬県館林市、宮城県仙台市にある生産拠点では、継続的に生産を革新する取り組みを続けています。
 私たち長谷萬グループは、木のプロフェッショナル集団として新たなチャレンジを続けながら、多くの方々に本物の木の温もりや木の恵みを感じて頂ける、価値ある製品やサービスを提供していきます。

ビジョン/ミッション
木に親しみ、木を活かし、木と共に生きていく

 私たちが目指しているのは、木材販売、木材加工、建設・施工、木育の4つ事業を通じて、人と環境に優しい循環型資源の木材の活用を広げ、木の温もりにあふれた暮らしを提供することで、持続可能で豊かな社会づくりに貢献することです。
住まいづくりの原点である木材・建材の提供から、住宅構造材の加工、木をふんだんに用いた住空間の提供や、木のおもちゃなどの木製品の提供まで、木材に関わる幅広い視点から、新たな製品・サービスづくりにチャレンジし、豊かな暮らしの提供に貢献することを目指しています。
 現在注目されているCLTという新たな木質材料を用いた建築の実践など、新しい技術的チャレンジにも力を入れており、時代のニーズや変化に対応しながら、お客様に木の持つ価値を提供しています。また多くの人たちが木の温もりを感じながら、楽しく豊かに暮らすことを願い、“木育”の事業化にも取り組んでいます。
2017年には新たに商品の企画・開発を行う部門も立ち上げました。当社の強みを活かしながら、「木」の持つ可能性を追求し続けています。
私たち長谷萬グループは、木のプロとして、多くの方々に本物の木の温もりや癒しを感じてもらい、その素晴らしさを次の世代に伝えていくための挑戦をし続けています。

事業・商品の特徴
木育の家

 私たち長谷萬グループは、木材問屋を発祥としておよそ1世紀にわたって木材に関わってきましたが、木材の流通、加工、建設・施工、そして木育と、新たな事業分野の開拓や革新を続けることで、事業の幅を広げてきました。最も新しくスタートさせた木育事業では、子供をはじめとする全ての人たちが、木の温もりを感じながら、楽しく豊かに暮らすことを願い、取り組んでいるものです。最近の研究成果によれば、木の心地よい刺激は、子供の五感に働きかけ、感性豊かな発育を促すといわれています。また、木が持つ成分による森林浴効果が人間の安らぎや健康にプラスの効果をもたらすことも分かってきました。木が持つそのような効果を、より多くの方々に感じていただけるよう、国内の木製品の産地と提携しながら、新たな製品の企画・開発を進めています。
 建築施工事業では、木をふんだんに用いた住宅商品を企画・開発し、提供しています。また、最新の木質構造材料のCLTを一早く活用した住宅の建設や、釘を用いない合板だけでできた海の家など、木質建材の新たな活用にチャレンジをしています。
 私たち長谷萬グループでは、木のぬくもりにあふれた豊かな暮らしを提供することで、持続可能な社会づくりに貢献するというビジョンを実現するために、新しいビジネスの開拓に日々取り組んでいます。

私たちの仕事

1.木材販売事業
創業以来約1世紀にわたり培ってきた木材のプロとしてノウハウ、そして館林・仙台の生産・物流拠点を活かした多様なサービスにより、良質の木質建材をタイムリーに提供しています。
      ■国産木材、輸入木材の販売
   ■木造建築用構造材の邸別販売
   ■各種建築資材の販売

2.木材加工事業
木構造として代表的な3つの工法(木造軸組み工法、ツーバイフォー工法、金物工法)の加工ラインを導入し、多様なニーズに対応しています。一貫品質管理体制のもと、安心安全な木の住まいづくりに欠かせない高品質な構造材料を提供しています。
   ■木造軸組工法のプレカット加工販売
   ■ツーバイフォー工法のパネル加工販売
   ■各種金物工法のプレカット加工販売

3.建築・施工事業
長谷萬カスタムホームズのブランドで注文住宅、別荘、リフォームなどの設計施工と、木をふんだんに用いた、自社ブランドの住宅商品の開発と提供を行っています。木のプロとして、本物の木を用いた空間を提供することで、木のぬくもりに包まれた豊かな空間や暮らしをお届けしています。
   ■建築物の設計・施工
   ■住宅の企画・開発・販売

4.木育事業
私たちは「木育」を「木によって育てられ、生活の質が向上すること」と考え、その実現に向けて、様々な取り組みを進めています。木製家具・遊具の企画、国内の木製品産地と連携した商品の開発や、木工体験などイベント開催を通じて、多くの方々に木の素晴らしさをお伝えする事業を進めています。 
   ■木工製品、木家具、木遊具の企画・開発・販売
   ■木工体験教室などの各種イベント開催
   ■各種木製品のカスタムオーダーの提案、受注販売

はたらく環境

オフィス紹介
木の香り

 木材の会社ですから、オフィスのエントランスは木の仕上げをふんだんに使っています。本社ビルの1階エントランスには、ヒノキや杉のムク材で当社が作った「ぬくもりベンチ」があり、訪れた方達を癒しています。是非一度、座ってムクの手触りを体感頂きたいと思います。
 本社には、様々なムク材を用いた木のショールームがあり、ミーティングスペースとしても活用しています。当社を訪れる方をご案内すると、木のよい匂い香りに驚かれます。材木屋がルーツである私たちはそんな言葉を聞くと嬉しくなります。

職場の雰囲気
言葉で説明するのは難しいですが・・・

 各事業の営業担当や建築事業の工事担当が会社にいる時間帯は活気ある雰囲気ですが、皆、外に出ている時間も多くあります。そうした時間帯は比較的静かですから、穏やかに集中して仕事をしている人を見かけます。お昼時は、部署の垣根を越えて食事に行ったり雑談などをしています。
 当社では社内のイベントとして、年に一度群馬県館林市の工場で、社員とその家族が集めた「ファミリーデー」というイベントを行っており、社員やその家族との交流を深める良い機会となっています。
 また、本社と群馬県館林工場では、地域の方々への感謝の思いから、年に1度、木とふれて頂くお祭りを開催しています。祭りでは木工の体験や大工の体験など、木を扱う当社ならではの趣向をこらした企画を用意しており、大変喜ばれています。こうしたイベントの際は、部署横断で社員が参加しています。地域の皆さんが木とふれているところを見るのは、材木屋がルーツの私たちにとって、大変嬉しい場面です。

働く仲間
町の美化

 私たちは、始業前に社員有志で、本社ビル周辺のゴミ拾いを行っています。東京・木場を発祥に、地元で1世紀にわたり商売をしている私たちにとって、自分たちの町をきれいすることは大事なことだと思っています。時間にして5分~10分と短いのですが、小雨でも行い、継続している取り組みです。町の美化について、自分たちで出来ることを身近なところから、やっています。
 そして、2017年秋にはNPO法人「深川海さくら」を立ち上げ、当社も支援しながら、深川界隈の皆さんと月1回の清掃活動を始めました。ビジネスとは一線を引いた交流を深めながら、町の美化に寄与しています。
 ゴミを拾った後は、ハゼ釣り大会やいかだレースなど、毎回趣向を凝らしたレクリエーションで地域の皆さんと気持ちの良い汗を流しています。(https://www.facebook.com/fukagawa.umisakura/)』

組織の特徴
「商社」「メーカー」「建築」+「木育」

 私たち長谷萬グループの中核をなすのが、「株式会社長谷川萬治商店」と「株式会社長谷萬」の2社です。長谷川萬治商店が、木材や自社で加工した木質建材の「販売事業」と「木育事業」を、長谷萬が、木材・木質建材の「加工事業」と「建築施工事業」を展開しています。「木」というキーワードで、「商社」「メーカー」「建築」の3つの業種を結んでおり、「木」に関することならワンストップで応えられる幅の広さが私たちグループの強みです。意思があれば、「木」に関わりながらいろいろなことにチャレンジできる環境です。
営業拠点は、東京本社、群馬県館林市、宮城県仙台市の3箇所で、主に関東以北を中心に営業展開していますが、商圏は全国をカバーしています。木育事業は、本社を中心に展開しています。3拠点それぞれでこの2社が連携を取りながら活動していますが、社員同士は同じグループの仲間という意識を自然にもっており、常に連携しながら仕事をしています。
 ほかに、シーズコーポレーション株式会社という飲食業を展開する会社があり、東京神田にうなぎ屋さん、本社のある門前仲町に蕎麦屋さんを経営し、社内サロンとしての社員の交流の場ともなっています。

企業概要

創業/設立 1921年(大正10年) 現在地で木材販売業を開始
1940年(昭和15年) 株式会社長谷川萬治商店に改組
本社所在地 東京都江東区富岡2-11-6
代表者 代表取締役社長 長谷川健治
資本金 1億円
従業員数 約200名(長谷萬グループ) (2017年12月現在) 株式会社長谷川萬治商店:65名 株式会社長谷萬:115名 シーズコーポレーション株式会社:25名
主要取引先 住友林業株式会社/三井物産株式会社/三菱商事建材株式会社/株式会社竹中工務店/大東建託株式会社/東建コーポレーション株式会社/セルコホーム株式会社/双日建材株式会社/株式会社三栄建築設計/物林株式会社/SMB建材株式会社/ジャパン建材株式会社  他(順不同)
事業所 館林事業所:群馬県館林市大島町
仙台事業所:宮城県仙台市宮城野区
社会貢献活動 木は環境と人に優しい循環型の資源です。木の活用が広まれば林業が盛んになり、森の管理が進み、土砂災害の防止や水源の保全といった、森が本来持つたくさんの恵みを得ることができます。その恵みは人間だけでなく山や川や海、そこに生息する生き物にとっての大切なものです。
 そのために、新素材「CLT」の導入や木造建築施工における新たな付加価値の創造など、国産材活用のさらなる可能性を追求しています。
 また、すばらしい自然環境を次世代の子供たちに残し、豊かで楽しい社会を築いていきたいと願い、私たちは、深川の街をきれいにするNPO法人「深川海さくら」を設立し、地域の人達と共に活動をしています。
長谷萬グループ関連サイト 長谷萬グループホームページ(TOP)
http://www.haseman.co.jp/

採用ページ
http://www.haseman.co.jp/recruit/

カスタムホームズ関連サイト
http://www.customhomes.co.jp/
http://www.customhomes.jp/
https://www.facebook.com/HASEMAN.jpn

もくラボ
http://mokulabo.com/

深川海さくら
https://www.facebook.com/fukagawa.umisakura/

釘のない海の家
http://kuginonai-uminoie.com/
http://kuginonai-uminoie.com/about/

木育サミット2017
http://goodtoy.org/ms2017/
http://goodtoy.org/ms2017/program.html

ウッドスタート
http://mokuikulabo.info/ws/com/

木育の家
http://kenchiku-blog.blogspot.jp/2017/05/blog-post_19.html

採用連絡先

〒135-0047
東京都江東区富岡2-11-6
株式会社長谷川萬治商店 人事部
03-5245-1156(人事部直通)
jinji@haseman.co.jp

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています