シナノア株式会社

シナノア株式会社(シナノア)の先輩社員、OB・OG情報

応募受付終了

シナノア株式会社

【商社(化学)】

先輩情報

N.S(2008年入社)

PT.SHINANOA INDONESIA  リーダー

職種 法人向け営業(得意先が中心)
出身校 日本文理大学
   
専攻分野 機械系

インタビュー

営業の仕事、人を育てる仕事。日本との違いに苦労する分、やりがいも大きい

  • 現在、シナノアのインドネシア現地法人であるPT.SHINANOA INDONESIAに赴任しており、塗料、塗装設備、塗装に関わる副資材他の営業・販売及びアフターフォローをしています。
    私たちが扱う塗料は、販売した時点では完成しておらず(=半製品と言われています)、お客様の工場で塗装されることで塗膜として完成します。完成するまでの工程で、塗料・人・設備等様々な要因で仕上がりは変化しますが、お客様が安定した生産を行える様、塗料メーカー・塗装機メーカー・設備メーカーと協力して常日頃から情報収集し、不具合に対する対応をしています。
    また、新規のビジネスを獲得する為に、お客様のQCD(品質・費用・納期)を満足させられる塗料の開発・提案を行っています。インドネシアでは、日本で取引のないお客様と新たなビジネスを始める事が出来たり、お客様とより近い距離で仕事が出来る為、非常にやりがいがあります。
    また当社は20代を中心とした若いローカルフタッフが多く、部下に対してお客様への対応に関する指示や教育等、都度迅速な判断が必要になります。責任は重いですが、ローカルフタッフの成長を日々感じる事ができ、国は違えど共通の目的を持ち仕事をやり遂げる事が出来た時の喜びと経験はとても大きな財産になっています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    魅力ある社員のいるこの会社なら、新しい挑戦ができると思った

    実は私は中途で入社をしています。
    前職とは違う、新たなフィールドでチャレンジしたいと思っていた時にシナノアと出会い入社しました。当時面接官としてお話をしてくださった上司がとても魅力のある方で、この会社で働いてみたいと思ったのがきっかけです。

  • 今だから話せる大失敗

    運転手が消えた!?

    インドネシアでは自分で車の運転が出来ない為、インドネシア人の運転手を雇うのですが、そこに一つエピソードがあります。
    赴任当時はインドネシア語の理解も浅いので、右も左も分からないまま運転手の言う事を聞いていたら、お客様との打合せの後、待機しているはずの運転手と車がなく電話もつながらず途方に暮れた事がありました。お客様にも協力してもらい探し回ると、運転手は裏の木陰で昼寝をしていました。おかげで次の打合せに大遅刻。恐らく運転手は事前に、ここにいると話していたのだと思いますが、その後は運転手に対してもしっかりと指示をすることを心掛けるようになりました。

  • 今後の目標・将来の夢

    相手との信頼関係を大切に

    仕事は人と人との信頼関係が大切だと常に考えています。社内外問わずこの人に任せれば大丈夫だと思われる様な営業マンになりたいと思っています。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • お客様と長くお付き合いしていく仕事
  • 人脈が広がる仕事
  • 若いうちからマネジメントできる仕事
  • グローバルに活躍できる仕事

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています