社会福祉法人健光園(ケンコウエン)の先輩社員、OB・OG情報

社会福祉法人健光園

【介護・福祉サービス】

先輩情報

山内なつみ(2012年入社)

特別養護老人ホーム はなぞの  

職種 ケアワーカー・介護士・社会福祉士
出身校 滋賀県立大学
   
専攻分野 教育・心理・福祉学系

インタビュー

毎日の学びが、知識として積み重なり、成長へとつながっています

  • 特別養護老人ホームで介護職として働いています。学生時代に福祉を学んだわけではありませんが、ここで働き始めて4年目の今は、幅広い知識を得ることができたと感じています。日々の様々な経験を積み重ねることが大事だと感じていますし、自分の知識を生かして利用者さんの生活の質が少しでも改善されるとうれしく感じます。今後も一人ひとりの方としっかりと関わりながら、利用者さんの生活をよくしていくお手伝いができればと思います。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    誠実な対応と、施設の温かい雰囲気

    大学では福祉の勉強をしていたわけではないのですが、大学3年の時に経験したデイザービスでのアルバイトをきっかけに、、福祉の仕事に興味を持つようになりました。就職活動でも福祉関係を視野に入れて動いていたのですが、就職フェアでの健光園の印象が非常によかったんです。なかには不誠実な対応をされる会社もあったのですが、一番しっかりと話を聞いてもらえましたし、誠実さを感じました。施設での面接の際も、見学をすることはできなかったのですが、初めて訪れる人に対しても他の方と同じように挨拶をしていて、温かい雰囲気を感じました。

  • 仕事のやりがいは・・・

    積み重ねてきた知識が生かされたとき

    入社してからずっと同じ特別養護老人ホームで働いています。入りたての頃は分かりませんでしたが、毎日同じ方と長い時間関わるために、今ではお一人お一人の小さな変化にも気付けるようになりました。体の動きが悪くなったり認知症が進んだりなど衰えていくような変化に気付いた時は、栄養士さんや看護師さんたちとその問題の解決策を話し合います。日々の仕事のなかで知識を積み重ねていくうちに、私自身も「こうしたらよくなるのでは?」というアイデアが浮かぶようになり、それで改善が見られたときはやりがいを感じます。

  • こんなときに成長を実感!

    日々の積み重ねによって、解決法の引き出しが増えました

    利用者さんの生活で問題が起きた時の解決法の“引き出し”が増えたと思います。
    例えば、食事を全量召し上がっていた方がなぜか残すようになってしまった時。認知症の場合、色の認識が弱い場合があり、器の色とご飯や料理色が同化していると、手をつけられないことがあるため、器を濃い色に変える工夫をしたり、また、一品ずつ出したら集中して全量食べていただけたりなど、解決策を提案できるようになりました。また薬に関する知識も増えてきたので、小さな変化にも気付き対応できるようになったと思います。

  • 思い出に残る仕事

    心に残るお2人の最期

    特別養護老人ホームの仕事は、その方の最期まで関わることの多い仕事です。
    あるとき、急に体調を崩して亡くなられた男性がいらっしゃいました。死期が近いと医師が判断(ターミナル宣告)すると、どういう関わりができるか、職員やご家族とカンファレンスを行うため、対応も決められますし心の準備もある程度できます。しかしその方はあまりにも突然だったので、私自身、うまく関われなかったのではないかと後悔の気持ちが残りました。
    一方で、見た目はとてもお元気そうな男性なのですが、急死の可能性があるために、ターミナル宣告を受けたケースもありました。最初の方とは逆で、お元気そうに見えていましたが、心の準備もできていましたし、どう関わればいいかも分かっていました。どのようなお気持ちだったのかお聞きすることはできませんでしたが、安らかに息を引き取られたのではないかと思います。
    対照的な2つのケースですが、心に残るお2人でした。

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています