刈谷市役所(カリヤシヤクシヨ)の企業情報

刈谷市役所

【官公庁】

○公務員試験対策不要の採用試験を実施!
○刈谷市は自動車関連企業が多く立地し、財政力豊かな活気あふれるまちです。
○職場は若手が多く何でも意見を言い合える風通しのよい風土が自慢です。

  • 地域に密着した事業展開

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
社会貢献

住民票の発行、各種福祉サービスの提供、農業・商工業の推進、道路・公園の整備など、多種多様な業務で市民の毎日の生活を支えています。結婚、出産、転居、別離など、市民一人ひとりのライフイベントにかかわりを持ち、その人の人生に寄り添う、やりがいのある仕事です。

私たちの仕事

刈谷市は、愛知県のほぼ中央に位置し、市の中央部には最先端技術を駆使した自動車関連産業の工場が並び、活気に満ちあふれています。一方、市北部の丘陵地には、国の天然記念物に指定されたカキツバタ群落で有名な小堤西池や緑豊かな洲原公園などがあり、美しい自然環境も守られています。また、古くは刈谷城の城下町として栄え、明治維新のさきがけである天誅組の総裁松本奎堂やフェライトの父加藤与五郎など多くの人材を輩出してきました。
刈谷市は生活の安心や快適、環境との調和を図り、本市の特性であるものづくり地域の維持発展に努めるとともに、ふるさとの歴史や文化を継承し、市民が主体的にまちづくりに参加できる都市をめざします。
市民のために貢献したい皆さん、刈谷市が掲げる「人が輝く安心快適な産業文化都市」の実現を目指して一緒に働きましょう!

はたらく環境

職場の雰囲気
チームワークと団結力

市民に安全・安心な暮らしを提供するために、職員一人ひとりがそれぞれ必要な能力や知識を身につけていくことはもちろんですが、一人の力には限界があり、組織として対応していくことが大切となります。仲間(チーム)と協調して相互に補完しあい、時には部・課の垣根を越えた応受援体制をとることで、組織全体としての“成果”を実現しています。
 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」(One for all、all for one)の精神で、職員個々においては積極的な組織貢献を行うことで組織力の向上に寄与し、組織は学びやすい職場づくりを進めることで職員個々の能力の向上を図っています。
 職場は、先輩後輩の垣根を越えて、意見を言い合える風通しの良い風土で、野球、サッカー、テニス、フットサルなど各種サークルもあり、所属部署以外の職員と触れ合うとともに、職員同士の絆を深める機会になっています。

企業概要

創業/設立 昭和25年4月 市制施行
本社所在地 愛知県刈谷市東陽町1-1
代表者 刈谷市長 竹中 良則
職員数 1032人 (2017年04月現在) 
事業所 本庁舎:愛知県刈谷市東陽町1-1
支所・施設など:刈谷市内各所

採用連絡先

〒448-8501 刈谷市東陽町1丁目1番地
刈谷市役所総務部人事課
直通電話(0566)62-1002

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています