株式会社ルネサスイーストン

株式会社ルネサスイーストン(ルネサスイーストン)の先輩社員、OB・OG情報

東証

株式会社ルネサスイーストン

【商社(電子・電機・情報機器)|半導体デバイス|ソフトウエア】

先輩情報

巻田 光央(2007年入社)

技術本部 車載ソリューション技術部 車載ソリューション技術1Gr  

職種 セールスエンジニア
出身校 金沢大学大学院
出身学部 自然科学研究科 地球環境学専攻
専攻分野 理学系

インタビュー

モノ作りを商社から発信!

  • 私は営業技術職として、プラントメーカー等、産業分野のお客様を担当してきましたが、最近では自動車分野に担当が移りました。
    営業技術職には大きく2つのミッションがあり、1つ目はお客様への技術的側面からの商品提案・拡販活動、2つ目は受注後にお客様製品が量産になるまでの設計サポートです。
    例えば、お客様から「従来の商品に、こんな機能を付加したい」という要求があったとします。そんな時私たちはまず、要求を細かく要素分析。どのような半導体が適しているかを検討し提案します。お客様のご要望を伺い、それに合った製品を提案する、この過程を何度も繰り返して行きます。
    提案採用後は試作品作成に移りますが、その最中でも様々な追加要求の対応や、発生する課題の解消等を行い、お客様が無事量産を迎えられるよう、あらゆる技術支援を行うのです。実際には、設計から量産まで何の課題もなく進むということはまずありません。「動くはずが動かない」「求める性能が出ない」という相談はよくあります。だからこそ「営業技術」職がこれらの問題にどう対応するかが重要です。
    また先日、担当するお客様から「試作品が特定の環境下で動かない」との相談がありました。すぐに可能性の洗い出しをする一方、半導体メーカーにも協力を依頼し、解析チームを構築。その上でお客様のもとへ伺って解析を行った結果、数部品の連携、温度・湿度等の周囲環境も関係した、特定が非常に難しい複合要因の問題だとわかりました。解析チームの構築等、すばやい対応ができた事もあって、スケジュール遅延なく問題を修繕。お客様からも、とても感謝していただきました。技術者魂を刺激される出来事でしたね。
    お客様の要求は年々高くなりますが、私の仕事が日本の製造業を支えているのだという遣り甲斐を感じています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    人に正面から向き合ってくれる社風・文化

    就職活動の当初は、「モノ作りに関わる=メーカーに就職」というような先入観を抱いていました。しかし、自身がやりたいことに挑戦できるフィールドはどのような選択なのかを模索しているときに当社を見つけました。
    就活時に受けた当社の印象は、「学生に正面から向き合ってくれる会社だな」というものです。「人と接する技術の仕事であること」を軸に多くの会社を見てきた私でしたが、それを一番に感じたため入社を決めました。
    会社のことを誤魔化さずにきちんと伝えたいという姿勢はひしひしと伝わってきましたし、時に厳しい指摘も受けましたが、それも私のことを理解したいという想いがあればこそ、というのはよく分かりました。
    また、電気・電子が専攻ではなかったので不安を感じていた私に、「出身学科は問題ではない」と力強く後押しいただいたのも大きかったですね。大切なのは、入社してからどれだけ意欲的に新しい事を吸収できるか。進歩の速い半導体ですし、従来になかった新しい刺激を受けながら「日々勉強」ですね。

  • メッセージ&アドバイス

    自身の軸を大切に、たくさんの企業を見てみよう。

    私は学生時代に都市工学や地球環境学について学んできました。一生懸命に学んできましたので、それを活かして仕事をしたいという気持ちを強く持っていました。一方で、自分自身にはこれから成長する可能性もあると信じていたので、自分の軸は大切にしつつも、限定的になりすぎて選択の幅を自ら狭めてしまうことが無いように注意しました。社会人になってからも感じますが、学生時代の学びを活かす方法は本当に沢山あります。先入観で自身の可能性を失わないよう、様々な企業を訪問してみましょう。
    私も住んでいた地域的に、手軽に企業訪問が出来るような環境ではなかったのですが、就職活動の限られた期間の中で精一杯活動できたことが現在につながっていると感じています。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 暮らしに豊かさを提供する仕事

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています