マツ六株式会社(マツロク)の先輩社員、OB・OG情報

マツ六株式会社

【建材・エクステリア|住宅|商社(家具・インテリア・日用品)】

マツ六社員♪

卯野喬彦(2011年入社)

名古屋支店 金物建材事業部  

職種 法人向け営業(得意先が中心)
出身校 京都産業大学
出身学部 経済学部
専攻分野 経済・経営・商学系

インタビュー

営業活動を行い、バリアフリー商材、建築金物を提案、販売

  • バリアフリー商材や建築金物、建築資材を担当しているそれぞれの得意先様に合わせて提案し販売する仕事です。担当している得意先様は約100社程あり、それぞれの販売ルート、特徴を理解して営業活動しています。また、ただ販売するだけではなく得意先様の売上に貢献できるよう販促活動も行っています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    雰囲気が明るく、楽しく仕事ができると感じて

    マツ六の採用試験の際に、非常に明るい雰囲気で面接ができ、こんなに楽しかった面接は初めてでした。そこで、会社の雰囲気の明るさを感じ、ここで働こうと決めました。実際に働いてから、転勤もしましたがみんな明るい性格の方が多く、アットホームな環境です。営業活動をしていて厳しい事を言われたりもしますが、相談もしやすく働きやすさを感じています。

  • 思い出に残る仕事

    地道な営業活動が実になったこと

    ある得意先様は売上がほぼ0に近い得意先様で、何度も訪問しててもなかなか成果が上げられずにいました。その中で得意先様の担当の方と訪問回数を重ねるごとに人間関係は構築されていき、冗談も言い合える関係にまで発展していました。そんな中で、ライバル企業の対応が悪く商品を切替えたいというお話しをいただき、すぐに対応、商品の提案を行う事によって、売上額がほぼ0円だったのがほぼ毎日注文をもらえるようになりました。日々の営業活動の中で、上手くいく事もあれば上手くいかない事も多々ありますが日々の努力が大切だと感じ、この経験は自信になり、励みにもなっています。

  • メッセージ&アドバイス

    失敗を恐れず、一歩前に前進する事

    就職活動中、なかなか上手くいかなかったり、壁にぶち当たる事も多いと思います。しかし、それを怖がっていては何も始まりません。例え失敗をしても、その失敗の反省をして次に活かして前進すればいいと思います。仕事をしていても、失敗をする事で落ち込んだりする事もあります。しかし、そこでずっと下を向いているのではなく、上を向いて次に成功するにはどうすればいいかを考えなければいけません。プラス思考で物事を考え、失敗の経験をする事で自分が本当にここで働きたいと思える会社を見つけてください。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • お客様と長くお付き合いしていく仕事
  • 企業人と商談する仕事

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています