広島市信用組合

広島市信用組合(ヒロシマシシンヨウクミアイ)の企業情報

広島市信用組合

【信用組合】

シシンヨー Information

一番頼りになるコミュニティバンクを
めざして歩み続けます

西日本最大級の信用組合です。

当組合は、信用組合としてはもちろん、地方金融機関の中でもトップクラスの収益性とその健全経営ぶりを高く評価いただいています。西日本最大級の信用組合であるという実績が何よりもはっきりとそれを実証しています。平成29年には創業65周年を迎え、決して派手ではありませんが、金融機関の本来業務に専念し広島の地にしっかりときめ細かく根を張って、着実に歩んでおります。

一番頼りになる
“コミュニティ・バンク” をめざす

当組合は「地元のお金は地元で活かす」をモットーに、お客さま本位の経営に徹し、 株・投資信託・生命保険等の販売を行わず、金融機関の本来業務である預金と融資に特化した経営を地道に継続してまいりました。必要な資金をタイムリーにご提供するため、融資の可否は原則3日以内に回答しています。このようなスピード感で融資を実行できる金融機関はそう多くは無いはずです。当組合はこれからも「一番頼りになるコミュニティ・バンク」として、「フットワーク」と「フェイス・トゥ・ フェイス」の現場主義経営をさらに徹底し、スピード感を持って地方創生およびお客さまの繁栄に 貢献していきたいと考えております。

大学との関係づくりで意欲的な取り組み

平成21年3月、広島修道大学および広島経済大学と一般社団法人全国信用組合中央協会と当組合の三者間で産学連携に関する協定書を締結しました。目的は、大学教育を通じ、地域金融機関について研究し、地域社会と中小企業の発展、人材育成に貢献することにあります。当組合では大学内での講義をはじめ、インターンシップの受け入れを年々活発化しています。インターンシップでの実習内容は、金融機関の仕事、シシンヨーの概況と営業方針、ビジネスマナー、そしてコンプライアンスについて学んでいただき、翌日からは金融業務の実体験から「働くことの意義」を感じ取って頂いています。

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています