株式会社スペース

株式会社スペース(スペース)の先輩社員、OB・OG情報

東証

株式会社スペース

【ディスプレイ|建設】

先輩情報一覧

大西 遼(2014年入社)

 
職種 法人向け営業(得意先が中心)
   
出身学部 理工学研究科・都市システム工学専攻
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

私が考えるスペースらしさ

  • 「どこの寸法や収まりがわからないと現場が滞るか?」「この材料を使う時はここを注意しないといけない」といったことを先読みして設計図を描けた時。「これ、いくらぐらいだっけ?」「他にいい方法はない?」とクライアントから聞かれた際に概算や他の施工方法をすぐに答えられた時。打合せ時のクライアントの表現をきちんと現場へ伝えることができ、引渡しに満足して頂いた時。分業で仕事をしている会社ではできないことや考える機会のない「いろんな瞬間で仕事の面白さに立ち会える」ことにスペースらしさを感じます。

    場の空気が堅くなりがちなコンペのプレゼンテーションでは、クライアントが思わずクスっと笑ってしまうようなコンセプトや案を取り入れ、実際に笑ってもらい受注に繋がった時。設計段階で施工ができるだけ楽になるように収まりを考え、実際に現場に入った時に職人さんに「これはよく考えている」と言ってもらえた時。着工前に「これさえあれば現場は回る」というような管理者用の図面資料を作成し、実際にほとんど問題なく現場が回った時。こういった自分のこだわりを受け入れられた時は嬉しくなります。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    人と人とが繋がる仕事

    元々土木系の大学で、橋の構造や地盤の強度・水理学・景観工学等を学んでいました。勉強を進めていく中で、もっと人々の顔が見えるような事がしたいと思い学部では建築系の研究室へ。大学院では、より内装へと興味が移行していったため、研究とは別に個人的に家具や内装のコンペなどに参加していました。

    参加していたコンペの中で、この業界の方と製作した展示でやりがいを感じた事と共に、見に来て下さった色々な方から「面白かった」「実際に売ってたら欲しい」等といった感想を言って頂けたことがきっかけです。

  • メッセージ&アドバイス

    現在の業務内容

    雑貨や服飾など物販専門店のクライアントが中心ですが、その他にもコンペ物件などの新規案件に積極的に参加しています。部署内では、基本的に設計担当、施工担当という役割区分はなく、コンペの案出しからプレゼンテーション資料の作成、クライアントとの打ち合わせから設計・見積・施工・引渡しまで一貫して業務に携わっています。

    そんな部署内での現在の自分自身は「左腕」であると思っています。まだまだスムーズに動くことができない部分もあり利き手である器用な「右腕」にはなりきれていませんが、自分一人でなんとか物件推進ができ、部署メンバーの手が足りない時はサポート業務にも積極的に従事しているためです。

  • メッセージ&アドバイス

    仕事を楽しむコツ

    仕事でも私生活でもいいので身近な目標を立てる。任された仕事はどういう内容であっても「何かの役にたつ」と思うようにする。私生活を楽しむ。自分から積極的にわからないことを探す(図面の描き方、現場の収まり等)。

仕事の特徴

  • プロジェクトの立ち上げに関われる仕事
  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 企業人と商談する仕事

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています