株式会社ゑり善(エリゼン)の先輩社員、OB・OG情報

株式会社ゑり善

【専門店(呉服)】

先輩情報

関岡 史織(2015年入社)

総務部 (京都本店勤務)  

職種 総務・業務
出身校 同志社大学
出身学部 文学部
専攻分野 文学系

インタビュー

『働く』をサポートする、縁の下の力持ち

  • 私が今いる総務部は、仕事内容が多岐にわたっています。採用活動から入社教育、社員の福利厚生や出勤状況に関する業務、備品の管理など様々です。総務部にとって、社員や学生さんはある意味での“お客様”だと感じています。『ゑり善で働く』ということが、より快適になるようにサポートするのが私の仕事です。
    ちなみに私は、入社一年目の頃は店頭で販売の仕事をしており、二年目から総務部に異動になりました。着物に直接触れる時間が減り、最初は少し残念にも感じましたが、「総務の仕事には色々な分野があり、勉強して深めていける可能性がたくさんある!」ということに気づき、今はとても面白くなっています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    “人を大切にする会社” だと思ったからです

    就職活動中、ほとんどの企業はエントリーをしても自動返信が来るだけでした。しかしゑり善では、個別に私に向けたメッセージをくださいました。それがとても嬉しく、この会社で働きたい、と強く思うきっかけとなりました。その後の会社説明会や採用試験でも、学生一人ひとりにいつも丁寧に接してくださいました。その姿勢を見て、学生にこんな風に接してくださるなら、お客様はもちろん、社員のこともきっと大切にされているのだろう、と思ったのを今でもよく覚えています。事業内容への興味も大きな理由ですが、やはり最後の決め手となったのは『人』です。

  • 仕事のやりがいは・・・

    やりがいは日々変化しています

    感じているのは、自分の成長段階によって『やりがい』が変化してくる、ということです。
    入社してすぐの頃は、まず会社に慣れること、そして先輩と同じように包装やレジ打ちが出来ただけでも嬉しく思っていました。そして徐々に接客をするようになり、お客様に喜んでいただけたときにやりがいを感じるようになりました。
    総務に異動してからも同じです。初めは仕事を段取りよくこなすことに必死でしたが、慣れてくると「もっと改善できるのではないか、改善したらこんな風に役に立つかな」と考えるようになり、『目標』そして『やりがい』が日々変化していることを実感しています。
    やりがいは自分で見つけていくものだと思います。ただ常に必要なのは、今 自分がやっている仕事はどんな風に役に立つのか、を考えることだと思います。そうすることで見えてくるものがあると感じています。

  • 学生時代に打ち込んだこと

    伝統音楽を演奏していました

    日本の伝統音楽を演奏するサークルに所属していました。少人数の団体でしたが、その分、皆で力を合わせて活動していました。どんなものでもいいので、何かに打ち込むこと、またそれが集団であれば、自分の役割を担う事、というのは社会に出てからもとても役に立つ経験だと思います。私は、卒業してからも後輩の演奏会を見に行ったり、OB・OGで集まったりしています。また、趣味としてこれからも続けていける可能性もあるので、やっていてよかったな、と感じています。

  • メッセージ&アドバイス

    「自分から」の気持ちで頑張ってください!

    私自身は、就職活動でとても苦労しました。その原因の一つに、「受け身」になってしまっていたことがあると思います。
    決まったフォームでエントリーをして、説明会に行って、求められるような形式で自己紹介をして…。確かに大切なことですが、就活当初の私はそれに縛られていたような気がします。
    もしもその形式を破って目立つことをしたら、ルール違反ではないかという怖ささえ感じていました。『本当に行きたい』と思える企業に出会えたとき、そんな形式は一旦忘れて、自分から出来る限りアピールをすることの大切さにようやく気付きました。例えば採用担当者に直接メールをしたり、何度も店舗見学に行ったり…。
    就職活動、「受け身ではなく自分から」という気持ちで取り組めば、きっと後悔のない時間が過ごせると思います!体調には気を付けて頑張ってください。

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています