大塚商会グループ(オオツカショウカイ)の先輩社員、OB・OG情報

東証

大塚商会グループ

【情報処理|その他商社|通信関連】

大塚商会の先輩たちをご紹介

比留間 悠介(2007年入社)

北関東営業部  

職種 法人向け営業(新規開拓が中心)
   
   
専攻分野 法・政治学系

インタビュー

自分のエリアのお客様の「困った」を、日々解決しています。

  • 「たのめーる」、各種オフィス用品、OA機器、PC、ネットワーク、コンピューター・ソフトウェア、さらには大規模な基幹システムまで、ビジネスを行う上で会社が必要とするものをほぼすべて提供できるのが大塚商会です。これらの多様な商品・サービスをバックに自分のお客様を日々訪問し、困っていること、お手伝いできることをうかがって回るのが営業の仕事です。最近は、商店でも会計ソフトくらい普通に使う時代ですから、営業の提供するものも多岐に渡ります。
    一番大切なのは、お客様との「信頼関係」。約束を守る。期日を遅れない。こまめにコミュニケーションをとってフォローする。基本をおろそかにしなければ、自然と結果はついてきます。「人と話すのが好き」「困っている人をなんとかしたい」という人なら、毎日ワクワクできる仕事です。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    やりがいがあって、信頼できる会社だと感じて入社を決めました。

    もともと営業志望で、営業としてのヤリガイを求めて就活していました。大学の先輩が大塚商会で働いていて、自分を賭けるだけの価値がある職場だとおっしゃっていたのが会社説明会に行くきっかけです。その会社説明会で、「正直者がバカをみない会社です」という説明を聞き、大塚商会は信頼できる会社だな、と感じられたのも大きかったですね。
    実際に入社をしても、そのイメージはあまり変わっていません。成果は正当に評価されますし、支店のチームワークや社内の雰囲気もとても良いです。懐の大きな、頼りになる支店長が最後に控えていて、心置きなく営業に専念できる環境もあります。また、教育にも組織的に力をいれてくれていますし、まだまだこれから自分が成長していける場でもあると感じています。

  • 思い出に残る仕事

    1年かけて、あるお客様と信頼関係を築けたこと。

    当時私が担当していた地域には、職人気質の経営者の方がたくさんいらっしゃいました。ある社長は、はじめはぶっきらぼうで、まともに話もしてもらえませんでした。何度も何度も通ううちに、奥様や娘さんと仲良くなり、そのうちに社長もお話ししてくれるようになりました。このような方はだいたい心根が優しいもの。一度心を開いていただけた後は、私のことを親身になって面倒見てくれるようになりました。もちろん私も、社長の信頼を裏切らないよう、精一杯期待に応えるようにしています。最初の訪問から信頼関係を築いて取引していただくまで、約1年。はじめて商品の発注をいただいたときは、本当にうれしくて、涙が出そうになりました。このような出会いやドラマが、本当に毎日のように起こる仕事です。

仕事の特徴

  • 企業人と商談する仕事
  • 人脈が広がる仕事
  • カラダを動かす仕事

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています