セイコーエプソン株式会社

セイコーエプソン株式会社(セイコーエプソン)の先輩社員、OB・OG情報

東証 応募受付終了

セイコーエプソン株式会社

【電気・電子|通信機器・コンピューター・オフィス機器|精密機器】

先輩社員紹介

文系 社員(2008年入社)

商業・産業用プリンター営業部門  

職種 法人向け営業(新規開拓が中心)
   
出身学部 経済学部国際経済学科
専攻分野 経済・経営・商学系

インタビュー

海外を舞台に新たな市場開拓へ

  • 入社後、商業・産業用プリンター営業部門に配属され、以来、A2/A3+サイズのプロフォト市場、エプソン初となるDTG(Direct to Garment)プリンター、昇華転写製品の担当として、製品の立ち上げを推進してきました。商業プリンターの中心となるLFP(ラージ・フォーマット・プリンター)ビジネスでは、今後、衣服などの布地にプリントするテキスタイル市場の拡大が見込まれています。その市場に向けて新しく投入する製品の立ち上げとワールドワイドでの販売をサポートしていきます。今、私が担当しているテキスタイル市場に、エプソンが参入したのは数年前です。その新市場で今後、売上を拡大していくためには、競合を上回る、より魅力ある商品を投入していかなければいけません。テキスタイル市場は、まだまだ、私たちにとって知識不足の市場となります。お客様とその商品に対して理解をさらに深めていかなければならないと感じています。一方、今後の可能性を追求できる市場で、販社と事業部との間に立ち、議論の中心的な役割を任され、売上拡大に向けたさまざまな取り組みができることに大きなやりがいを感じています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    優れた技術や製品を、自分の力で世に広げたい

    幼い頃から身近に感じていた地元の会社であり、その優れた技術や製品を、自分の力で世に広げたいと思い2008年に入社しました。技術者が生み出した素晴らしい技術や製品は必ずしも正確にお客様に伝わるとは限りません。そのため自分の仕事を通して技術者の理解者を一人でも多く増やし、お客様価値提供の機会を創出したいと思っています。

  • 今後の目標・将来の夢

    販売支援力を高めていく

    今後の目標は、販売現場、チャネル、お客様のそれぞれの課題を見つけて、サポートするための販売支援力を高めていくことです。そのために現場に頻繁に足を運び、売上を達成するために営業として必要な販売支援力を磨いて、確実にキャリアアップしていきたいと思います。将来的にはデータからも問題点を発見し、適切な利益構築・経営改善ができる人材になりたいです。

  • 思い出に残る仕事

    お客様からの要望を的確に新製品に反映できるか

    売上・利益拡大に向けて魅力ある製品を市場に投入するため、お客様からの要望を的確に新製品に反映できるかが、私たちに課せられたミッションのひとつです。そこで国内外のお客様を訪問して、お客様の声をヒアリングすることはもちろん、製品をどう訴求して、どう販売していくか検討し、カタログやプリントサンプル等、マーケット・コミュニケーションツールも作成します。新製品の魅力を伝えるため開発者のインタビュー、卓越した製造過程を見せるため中国の工場、開発現場である日本の良さを伝えるため飛騨の山奥を訪問・撮影し、販促ビデオを作成したこともありました。作成した販促物はどれもとても好評で、製品の魅力を的確に説得力のあるかたちでお客様に伝えることは大きな意義があると実感しました。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • コツコツ研究・開発する仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 人との出会いが多い仕事
  • 人脈が広がる仕事

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています