株式会社安川電機

株式会社安川電機(ヤスカワデンキ)の企業情報

東証 福証

株式会社安川電機

【機械|総合電機|重電・産業用電気機器】

2015年創立100周年『 原動力は北九州。動かすのは世界。』

「ACサーボモータ」、「インバータ」、「産業用ロボット」といった世界シェアNo.1の製品をもつ、世界のメカトロニクス業界のリーディングカンパニーです。
世界水準の技術力とノウハウで、世界中の人々の暮らしを支えていることが我々の誇り。

  • 海外事業展開に積極的

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
3つの世界シェアNo.1★

安川電機の事業領域は「モーションコントロール」「ロボット」「システムエンジニアリング」の3つに大別されます。 

◆モーションコントロール 
最近のエレベータはいつ動き出したのか気付かないものもありますが、このスムーズな動きはインバータで実現しています。インバータとはモータの回転数を自由に制御できる装置で、動力のスムーズな伝達や、今話題の省エネに活用されています。サーボモータは産業機械、産業用ロボット等に活用されています。 
<主要製品> 
ACサーボモータ、リニアモータ、インバータ、電気自動車用ドライブシステム、太陽光・風力発電用パワーコンディショナ

◆ロボット 
日常生活ではあまり見ることがないロボットですが、安川電機のロボットは、工場での溶接や塗装、液晶や半導体などの搬送など、産業界のいろいろなところで活躍しています。また、近年は当社が培ってきた産業用ロボットの技術を活用し、サービス分野など非製造分野で使われるロボットへの取り組みを強化しています。 
<主要製品> 
溶接ロボット、塗装ロボット、ハンドリングロボット、サービスロボット 

◆システムエンジニアリング 
24時間働き続ける製鉄所の高炉や上下水道プラント設備、こういった場面でも最先端の電機システム、情報処理・通信技術を駆使した安川のシステムが利用されています。また、これまで培った技術をベースに、太陽光・風力発電などクリーンエネルギー分野への取り組みを強化しています。
<主要製品> 
鉄鋼プラント用電機システム、上下水道用電気計装システム、港湾荷役用クレーン制御システム、高圧マトリックスコンバータ、風力・太陽光ハイブリット発電システム、風力発電用コンバータ

ビジョン/ミッション
YASKAWA 2025年ビジョン

創立100周年を迎え、
人々の暮らしや地球環境をよりよくするための新たな長期ビジョン『YASKAWA 2025年ビジョン』を策定しました。

◆目指す姿◆
【Respect Life】100年の技術の蓄積を生かし、生活の質向上と持続可能な社会の実現に貢献する。
【Empower Innovation】新しい技術・領域・目標に向い、人々の心に「わくわく」を届ける。
【Deliver Results】継続的な事業遂行力の向上により、ステークホルダーに確実な成果を届ける。

◆事業領域◆
【Mechatronics】世界最先端の技術+オープンイノベーションで、新たな産業自動化革命を目指す。
【Clean Power】安全で安心して暮らせる持続可能な社会を目指す。
【Humatronics】医療・福祉分野へのメカトロニクス技術の応用で、人間の能力がより生かされる社会を目指す。

YASKAWA 2025年ビジョンを核とした、コア技術の進化とオープンイノベーションの融合により、社会に対し新たな価値を提供します。

事業・商品の特徴
時代を読み、時代を先取りする、新たな事業展開

既存コア事業である「サーボ」「ロボット」「インバータ」の製品戦略により、グローバルシェアNo.1を追求するとともに、時代のニーズを先取りした新しい分野への挑戦を続けています。

◆産業自動化革命の実現
【1】生産管理システム電子機器・食品製造等における組立を中心とした多くの工程で自動化が進んでいない分野において、世界最先端の
  技術開発により、新しいソリューションを提供します。
【2】自動化コンポーネントとICT技術等を融合させ、相互に“見える”“つながる”装置の開発を進めます。
【3】オープンイノベーションにより、当社技術とその周辺技術を組み合わせ、高機能でありながらよ
  り使い易い装置・モジュールにより、市場の開拓を図ります。

◆創・蓄・活エネ事業の確立で、クリーンパワーを世界へ!
【1】太陽光発電と大型風力発電事業への取り組みを強化し、グローバル展開を加速します。
【2】オープンイノベーションで電動モビリティ等、化石燃料を代替する電気駆動の新市場を開拓していきます。
【3】再生可能エネルギーの導入増加に伴い、需要家のピークカットの動きやグリッドの安定化など蓄エネのニーズが高まる中、安川電機
  は「蓄電システム」に取り組み、再生可能なエネルギーの更なる普及を目指します。

◆医療・福祉市場への挑戦
【1】産業自動化市場で培ったロボット技術を医療・福祉分野に応用し、アライアンスや産学官連携等オープンイノベーションを活用し、
  先進的な医療・福祉機器市場を創造します。
【2】安川電機がこれまでに培ってきた「メカトロニクス技術」と「人間の能力」を融合し、生活の質を高める機器を『ヒューマトロニ
  クス機器』と名づけ、高齢化社会に向けた新たな事業の柱を創り上げていきます。

私たちの仕事

安川電機の使命は、「事業の遂行を通じて広く社会の発展、人類の福祉に貢献すること」です。

「ACサーボモータ」、「インバータ」、「産業用ロボット」といった世界シェアNo.1製品群をもち、世界水準の技術力とノウハウで、暮らしに役立つモノづくりを、未来につながる毎日を、しっかりと支えています。

はたらく環境

職場の雰囲気
役職名で呼ばない、風通しのよい社風

人によっても若干感じ方が違うかと思いますが、いい意味でやや「おおらか」な雰囲気があると思います。もちろん、皆さん仕事には真剣に取り組んでいますが、若手社員も部長・課長を「さん」付けで呼び、また、上司や先輩社員も若手社員にどんどん意見を求めるような、風通しのよい社風です。

また、社内のコミュニケーションの活性化や親睦のために、ソフトボールやテニスなどのスポーツ大会を開催したり、家族とのふれあいのために納涼祭や工場見学会を行ったりしており、とてもアットホームな雰囲気の会社です。

社風
社歴に関わらず、大きな仕事を

安川電機は若手にどんどん意見を求め、積極的に任せていくという風土があります。

それは、経験が浅くてもその人を信頼し、責任を与え、その中で自律した人材を育てていこうという考えに基づいています。
もちろん任せきりではありませんよ。

上司や先輩がきちんとフォローをしながら、チームワークで目標を達成していきます。ですから、チャレンジする意欲がある方は、
入社年数に関係なく、どんどん大きな仕事も取り組んでいくことができます。

働く仲間
グローバル★世界29カ国のネットワーク

安川電機グループは、日本を含めて「世界29カ国」にネットワークを拡げています。実は総売上高における海外売上の比率は6割を超えています。世界に技術が認められた結果が、「世界NO.1のシェア」を築いた理由の一つとも言えます。また安川電機では「グローバル」と「ローカル」を合わせたキーワードとして『グローカル』と呼んでいます。コア技術を日本から発信しながらも、開発・生産・販売の体制を、現地に根ざしたオペレーションで推進しています。
グローバル人材力をさらに強いものにしていく為に、グローバル人材の選抜・育成にも力を注いでおり、将来は世界を舞台に活躍できるチャンスがあります。

オフィス紹介
国内ネットワーク

福岡県北九州市八幡西区に在る本社は、創立100周年を機に、新しく生まれ変わりました。

「YASKAWAの森」「安川電機みらい館」「ロボット工場」「本社棟」「厚生棟」で構成され『ロボット村』と呼んでいます。
「ものづくりの街・北九州」から、日本全国、さらには世界各国へと最先端の技術を発信しています。

企業概要

創業/設立 1915年(大正4年)7月16日 設立
本社所在地 〒806-0004 福岡県北九州市八幡西区黒崎城石2番1号
TEL.093-645-8801 / FAX.093-645-8831
代表者 代表取締役社長 小笠原 浩
資本金 306億円
売上高 連結 3,949億円 (2017年3月期)
従業員数 連結14,632名 (2017年03月現在) 臨時従業員含む
事業所 【本社】 福岡県北九州市
【研究所】開発研究所(小倉)、つくば研究所(つくば)
【生産拠点】八幡西事業所(北九州)、行橋事業所(行橋)、入間事業所(入間)、中間事業所(中間)
【支社・支店】東京支社、関東ロボットセンタ(埼玉)、中部支店・中部ロボットセンタ(愛知)、大阪支店、九州支店
【営業所】札幌、青森、東北(仙台)、埼玉、新潟、長野、千葉、横浜、八王子、名古屋、静岡、浜松、北陸(金沢)、三重(鈴鹿)、京滋(京都)、中国(広島)、四国(新居浜)、熊本

【海外ネットワーク】 
現地法人/海外支店
アメリカ、ブラジル、カナダ、メキシコ、ドイツ、スウェーデン、イギリス、イスラエル、イタリア、フランス、スペイン、フィンランド、オランダ、スロベニア、チェコ、トルコ、ポーランド、中国、韓国、台湾、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、インド、南アフリカ
事業別売上高比率(連結) <2017年3月期>
モーションコントロール :46%
ロボット        :35%
システムエンジニアリング:12%
その他         :6%
海外売上高比率(連結) <2016年3月期>
米 州:19%
欧 州:13%
中 国:21%
中国を除くアジア:12%
合計:66%
グループ会社 ・安川エンジニアリング
・安川コントロール
・安川モートル
・安川ブルックスオートメーション 
・安川メカトレック
・安川シーメンスオートメーション・ドライブ
・安川オビアス
・安川ロジステック
・ワイ・イー・データ
・安川情報システム
ワーク・ライフ・バランス 安川電機では、社員が仕事と家庭を両立できるよう、配偶者が働いていなくても取得できる育児休暇制度や育児休職制度(最大1年6カ月)、育児のための短時間勤務制度(最大で小学校3年生まで)、不妊治療による休暇の取得、介護のための休職制度や短時間勤務制度を整えています。
ただ制度を整備するだけでなく、その制度が“実際に使いやすい環境か?”ということは重要なポイントですが、2004年度以降の女性の育児休職取得率は100%、2008年度~現在まで6年連続で男性の育児休職取得者がいます。育児休職取得者には面談を実施し、職場復帰も円滑にできるようサポートしています。
当社は働きやすい職場環境づくりへの取り組みが認められ、「次世代育成認定企業」として“くるみんマーク”の利用が認められています。 

また、北九州市よりも会社として2008年には「北九州市ワーク・ライフ・バランス表彰 市長賞」を受賞、社員からも市長賞表彰者を輩出し、W受賞となりました。 
これからも“仕事と家庭を両立できる環境づくり”に積極的に取り組みます。

採用連絡先

【西日本エリア】
 人事総務部 人事部 人事企画課 採用担当
 〒806-0004 福岡県北九州市八幡西区黒崎城石2番1号
 TEL/093-645-8808

【東日本エリア】
 人事総務部 東京総務課 東日本採用担当
 〒105-6891 東京都港区海岸一丁目16番1号 ニューピア竹芝サウスタワー8階 
  TEL/03-5402-4502

この企業を見た人は、こんな企業にも興味をもっています