キャリタス就活 トップ  >  就活成功ガイド  >  [業界研究・企業研究]しごとカタログ  >  営業関連の仕事
しごとカタログ

しごとカタログ

「しごとカタログ」では、職種を11のカテゴリーに分類して紹介。自分のやりたい仕事、向いている仕事は何かを考える前に、さまざまな仕事があることを知って、将来の可能性を広げましょう。

業界研究・企業研究

間違いのない就活の第一歩?職業の種類(職種)を押さえよう!

営業関連の仕事

営業関連の仕事

顧客の現状を把握し、自社で生産した、あるいは仕入れた商品やサービスを売る仕事です。見積もり、交渉、契約を経て納品・提供を行い、代金が入金されるまでのすべての流れの窓口となります。クライアントや消費者からの要望や苦情を聞くなど、情報を担当部署に伝える役割も担います。ただ「売ればいい」ではなく、次の機会までのアフターフォローも含めて、顧客のニーズに迅速に対応するスピードやコミュニケーション能力が求められます。商品を提供する販売型営業のほか、顧客の求めるものを的確に提供する提案型営業・ソリューション型(問題解決型)営業があります。

営業職に必要なのは…忍耐力?

法人向け営業(得意先が中心)
決まった地域や業種を担当し、定期的に得意先を訪問し、顧客のニーズをつかむのが主な仕事です。得意先の課題を解決する策を提案するケースも増えています。

法人向け営業(新規開拓が中心)
自社の製品やサービスを購入してくれそうな会社などを発見し、プレゼンテーションを行い、受注にこぎつける仕事です。すぐに成果に結びつかないケースもあり、忍耐力も必要となります。

個人向け営業(得意先が中心)
決まった地域の個人宅を定期的に訪問し、顧客のニーズをつかむのが主な仕事です。個人的な信頼関係を構築できる力が不可欠となります。

個人向け営業(新規開拓が中心)
自分が売るべき商品を購入してくれそうな個人を見つけ出して、その商品の特性を理解してもらい、購入に結びつける仕事です。ライフスタイルを観察できる力が必要です。

MR
医薬情報担当者のこと。病院などの医療機関を訪問し、医薬品やその関連情報を提供する仕事です。主に製薬会社の営業部門に所属し、医療現場のニーズに合った製品を提案します。薬学部出身者以外でも就くことができる職種ですが、MR認定試験の取得は不可欠です。

営業職に必要なのは…忍耐力?
こんな仕事も営業職!

こんな仕事も営業職!

ラウンダー(巡回営業)
顧客企業の販促を代行し、マーケティング方針を踏まえ、売り場を確保する交渉力が必要な専門職です。複数の売り場を巡回、店頭でPOP(店頭販促物)の整理や売れ行きなどを調べ、各店舗で接客を担当する「フィールドスタッフ」とともに、販売戦略の見直しや商品開発につなげる仕事となります。

ただ「売る」だけじゃない!営業職には、顧客ニーズに応えるコミュニケーション力が必要。

就活成功ガイド・TOPへ