株式会社ハウスクリニック

株式会社ハウスクリニックのキャリタス限定情報

株式会社ハウスクリニック

【建設|住宅|不動産】

株式会社ハウスクリニック

一歩先を見据える原状回復のリーディングカンパニー!
私達はリフォーム事業で創業以来、23年間増収増益を続けてきました。
その基盤になっているのはどんなことにも興味を持ち、
「やってみよう!」と諦めずに実現してきた社員一人ひとりの力です。
何より大切なのは、そのやる気。そこから自分自身の大きな成長が始まります。
それがお客様の、仕事に関わる人達の、そして私達ハウスクリニックの進化につながっています。
リフォームアドバイザー 桑原雄斗 2016年入社 東洋大学 経済学部 国際学科卒

就職活動でエントリーするとき、私はハウスクリニックが取り組む事業について詳しくはわかっていませんでした。 ただ、入社するまでの過程で、多くの人と関わりながら仕事ができる企業だという理解を深めました。 お客様である管理会社、現場で工事を受け持つ職人の方、一件の仕事だけでもかなりの人とコミュニケーションを取る必要があります。 人とのコミュニケーションが好きな私にとって、求めていた職場がハウスクリニックだったという訳です。 そして入社して仕事をするうちに、的確な指示を出すための知識や伝える力、新たな部屋づくりに対する発想力、考えればキリがないほど自分に足りないものがみえてきました。 まず、その一つひとつに取り組んでいくことで、自分でしっかり判断し、行動できる社員として仕事をすることが現在の目標です。

リフォームアドバイザー 大山広美 2016年入社 東京都立八王子北高等学校 普通科卒

子供のころ「大工さんになる」と言っていたくらい、家や家具には興味がありました。 そういう意味でも、ハウスクリニックで、現場での仕事がしたいという気持ちが強かったと思います。 入社するにあたり、リフォームの知識がなかったことや、営業職としての初めての女性社員だったので多少の不安はありました。 入社して2カ月後にはひとりで現場を回り始めましたのですが、一件を確認するのに、心配のあまり先輩の何倍も時間をかけてしまうこともありました。 しかし、現場は女性ならではの細かな視点も必要な仕事です。入居者が女性の場合、背の高さや目線、女性だからこそ気づく汚れなど。 これを自分の強みとして活かしながら、一つひとつの案件を通して仕事の幅を広げ、会社に貢献できる社員に成長していきたいです。

Message

ひとつも同じ仕事はない。だからこそ、自由度の高さを感じられます。

ハウスクリニックの仕事はルールがあるようでないのが大きな特長です。依頼主である不動産管理会社様から入ってくるリフォーム案件のほとんどは賃貸の集合住宅。 一見すると、同じ間取りの部屋ばかりですが、それぞれの人が異なるライフスタイルを過ごした空間です。ひとつも同じ仕事はないということです。 だからこそ私は、ハウスクリニックの仕事はお客様やリフォーム工事に関わる職人の方々と一緒に新たな空間をつくり出す、モノづくりであると捉えています。 しかも、その空間をどうするかを提案できる。とても自由度の高い仕事だといえます。

いつも「考える」こと意識してもらうために、オープンな関係を大切にしています。

答えがひとつではないリフォーム事業では、どんな部屋をお客様に提案するのかを導き出すのは担当する社員の大きな仕事です。 つまり、最終的な答えは自分で考えなければいけないということです。この仕事の面白さはそこにあるので、私は後輩たちには、いつも考えることを意識してもらいたいと思っています。 最近では、「どうすればいいですか?」という質問に対して、「自分はどうしたいですか?」と問い返すようにしています。もちろん、私もまだ足りない部分があります。 だからこそ、より良いモノづくりを目指して、一緒に考えながら進化していきたいと思っています。