株式会社田中衡機工業所

株式会社田中衡機工業所の企業情報

株式会社田中衡機工業所

【精密機器】

計量・計測のトータルソリューション企業を目指す、
新潟・燕三条で130年以上続く、はかりメーカーです。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 海外事業展開に積極的

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
一台、一台にいろんな重みを載せています。

一般産業界、航空業界・食品業界・医薬製薬業界・農業など、あらゆる業界において「計量」は欠かすことのできないものです。当社はお客様に信頼できる計量機を提供することと、「計量」を通してお客様の課題を解決する為の提案、製品開発、サービスを行っています。
例えば、全国の空港にあるANA手荷物カウンターの計量システムや、太平洋セメント様等で使用されているトラック積込口の過積載防止用計量システムは当社の製品です。「はかる」ということに徹底的にこだわることで、他に類を見ない技術力と提案力を築いています。

ビジョン/ミッション
「はかり屋魂」にかけて、私たちが守り抜くこと。

私たちが目指すのは、「はかり屋」魂で、産業の基盤を守り続け、人と人とを信頼で紡ぎ、
今よりも幸せな世界を育くむこと。

「はかり屋魂」とは、はかり屋として、使う人や産業を思いやる心”のこと。
私たちはビジョンの実現に向けて、ただしく・ながく・かんじよくを合言葉にしています。

ただしく・・・(正確、誠実、嘘がないこと)
ながく・・・(長期的視点でお役に立つこと)
かんじよく・・・(サービス精神、柔軟性があること)

事業戦略
計量・計測のトータルソリューション企業へ。

「はかり」だけでなく、「はかる」ことのプロフェッショナルとして、私たちは新たな領域への挑戦を視野に入れています。

たとえば、日々工場の心臓部で使われている産業用秤にIoTを搭載し、
常に正しい計量ができているかモニタリングすることも、そのひとつ。

「はかる」ためのソリューションを提供するために、私たちができることは、まだまだたくさんあるはずです。
将来的には、お客様にはかりを売るのではなく、測定した「値」を売るようなサービスにも着手し、計量だけでなく、
計測の領域にもサービスを拡大していきたいと考えています。

はかりメーカーから、計量・計測のトータルソリューション企業へ。私たちの挑戦は、今まさに始まったばかりです。

私たちの仕事

田中衡機工業所は金物の町「新潟県燕三条」地域に育まれ、1903年から現在に至るまで100年以上に渡り工業用計量器の製造、販売サービス業務を行っています。 

取り扱っているはかりの数は、100種類以上。お客様のご要望に、応え続けてきた結果です。

航空業界・食品業界・医薬製薬業界・農業など、当社のはかりはありとあらゆる業界でご利用いただいております。

他のはかりメーカーの多くが受注・生産を終えている、機械式のはかりも、お客様のご要望がある限り、作り続けるつもりです。

私たちは、正確な計量値を提供するために、日々研鑚を重ねています。ものづくりの基本、取引の基本、安全の基本…正しい結果を求める為には正確に計測し続けることが最も重要な要素です。

はたらく環境

職場の雰囲気
提案があれば、「よし!やろう」と二つ返事。度量のある社風です。

活躍している先輩は、「はかり屋魂」のある人ばかり。ものづくりが好きで、お客様が好き。どんなオーダーにもNOと言わずに受けて立つ、器の大きな社員が多いのが特徴です。

入社1年目の若手の意見であっても、いいアイデアであれば「よし!やろう」と積極的に取り入れる度量がある社風なので、思いついたら、遠慮することなく、どんどん手を上げてください。

会社をつくるのは、これからのみなさん一人ひとり。若手のみなさんの活躍を期待しています。

企業概要

創業/設立 明治36年12月
本社所在地 新潟県三条市福島新田丙2318-1
代表者 代表取締役社長 田中 康之
資本金 4500万円
売上高 31億5000万円(2016年12期)
従業員数 157名 (2016年12月現在) 
主要取引先 国土交通省
全国自治体
NEXCO
全日本空輸株式会社
太平洋セメント株式会社
ANAスカイビルサービス株式会社
北越紀州製紙株式会社
LIXIL
東京電力
日立造船株式会社
日通商事株式会社
事業所 東京支店  東京都千代田区
関西支店  大阪府吹田市
東北営業所 宮城県仙台市
福岡営業所 福岡県春日市
東京サービスセンター 埼玉県草加市
TANAKA SCALE VIETNAM ベトナム ドンナイ省
会社沿革 明治36年12月  
農商務省より度量衡製造の免許を受け、新潟県三条市三ノ町において、曲尺・マス・棒はかりの製造を始める。

大正12年3月  
社名を田中衡機製作所として衡機製造を志す。

昭和11年    
新潟県度量衡検定所三条支所の官有地(三条市裏館)の払い下げを受け、工場を建設。

昭和21年
東京都千代田区三崎町に東京支店を開設。

昭和22年12月
個人経営を株式会社として、経営の合理化と資金の拡充を図る。
社名を株式会社田中衡機工業所に改組。

昭和53年12月
同敷地内にトラックスケール製造工場を増設、トラックスケールの増産体制が整う。

平成9年5月
大阪市東淀川区内も大阪営業所を開設。

平成16年1月
南九州出張所を開設、営業網の充実を図る。

平成19年1月
東北営業所を開設。

平成21年10月
福岡営業所を開設。

平成24年11月
ベトナム ドンナイ省にTANAKA SCALE VIETNAMを設立。

平成25年5月
新技術を搭載したパワートラックスケールPDXを発売。
国内初のリモートモニタリングや自己診断機能など最先端技術を確立。

採用連絡先

株式会社田中衡機工業所
〒955-8691
新潟県三条市福島新田丙2318-1
TEL/0256-45-1251
Mail/tanaka.kyuujin@tanaka-scale.co.jp
採用担当/大坂