中部興産株式会社の企業情報

中部興産株式会社

【陸運|コンサルタント|倉庫】

「物流=ガテン系?」
「いいえ、それは過去の話。当社が求めるのは、頭脳プレーヤーです」

物流というと、「モノを運ぶ仕事」と思われますが、当社の仕事は、モノと人をコントロールする「システムを創る仕事」。例えば、当社のあるセンターは、サッカーコート5面分の広さがあり、その中で常時2万種類もの商品が動いています。これらを全て人の手で動かしたら大変なこと!もちろん、そんなことは致しません。いかにミスなく、スピーディーに正確に、商品を仕分け、届けることができる仕組みを構築できるか、日々試行錯誤する仕事です。
昨年から新卒採用をスタートした当社。
今期は新卒二期生採用。
これからの当社の成長を担ってくれる人財を求めています。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 過去10年赤字決算なし

  • 安定した顧客基盤

  • 3年連続で業績アップ

  • 自己資本比率40%以上

私たちの魅力

事業内容
【潜在的市場規模42兆円】成長市場のマーケットを自ら創る面白さ!

皆さん、物流と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?トラックでモノを運ぶ仕事というのは、今や昔。今や物流は、企業経営のインフラとしてその重要性が注目を集めています。
物流業界の市場規模は20兆円と、スーパーや食品業界に匹敵する巨大市場。物流は企業の経営戦略に欠かせない存在として、仕入れから販売までサプライチェーンマネジメント全体を効率化し、企業競争力を向上させるだけでなく、物流情報から市場分析を行います。新商品開発や効率的な商品調達計画に活かす時代が到来したと言われ、その重要性に益々注目が集まっています。

事業・商品の特徴
11年連続で売上成長中!秘訣は、業界トップクラスの生産性!

当社はスーパーやドラッグストア、ホームセンターなどの小売店に商品を配送するための物流システムを独自に構築し、高い生産性を実現しています。生産性というのは毎年改善できてこそ、本当の意味で「生産性の高い企業」です。毎年数%ずつでも着実に生産性を高めていく「改善力」こそが、当社の強みであり、成功の極意。おかげで、ここ11年、連続で売上増加を実現!今後は更なる成長に向けて、新規事業も展開していきます。

ビジョン/ミッション
独自のシステムで1000億円企業を目指す!

当社は、主に物流システムの心臓部ともいえる物流センターの設計と運営を手がけています。物流において重要な迅速性と正確性を実現するため、どの地域にどのような機能をもたせたセンターを建設すべきかという拠点立地戦略から、柱1本にまで拘った物流センターの設計、そして物流センター内での業務効率化を実現するシステム開発とオペレーションノウハウを全て独自に開発しています。その結果、1日に2万種類、みかん箱60万箱分の商品を管理し、東海、関西、北陸13府県、562箇所もの店舗に必要な商品が必要な時に、必要な数だけ届く独自の物流システムを構築しました。
そんな当社は昨年より新卒採用をスタートし、今期が2期生目の採用。売上1000億を目指し、物流コンサルティング事業や冷凍物流事業への参入を共に手掛ける仲間を求めています。

私たちの仕事

■NOW■
~企業経営におけるインフラとして必要不可欠かつ企業競争力を高めていく存在として~

私たちが属する物流業界はモノが運ばれる限り決してなくなることのない、企業経営におけるインフラのような存在です。テーマは「必要な量を正確にいかに迅速に届けるか」。小売企業にとっていかに物流力を高めていけるか、という点が他社と比較した企業競争力を高めていくためにとても重要な役割を担っています。
実際に私たちのミッションも、2万種類という多くの種類の商品を迅速にミス無く届けられるような物流戦略をたてること。このミッションを達成するために私たちは、「どの地域に物流センターを配置することがいいのか?」「物流センター内にどのような設備をどのようにレイアウトした方がいいのか?」「物流配送ルートはどうすればいいのか?」というような様々な視点から、物流センターおよび、物流システム全体の運営・設計を行っています。

■FUTURE■
~注目の市場ネット通販事業、物流コンサルティング事業への参入~

物流業界はメーカー、小売など様々な企業が成長するうえで必要不可欠な存在であり、今後数年で、今の市場規模の倍以上になると予想される成長業界です。今後必要とされるのは、サプライチェーン全体の更なる効率化や市場動向の分析等。物流企業に対するニーズも多様化してきています。
さらに、今話題のネット通販業界。ここ4年間で170%増の12兆円市場と不動産業界(10兆円)や建設業界(15兆円)などの業界と同規模まで成長してきている注目業界です。このマーケットの成長を支え、参入商品の可能性を広めているのが、物流業界。当社もこのビジネスチャンス溢れるネット通販事業への参入も検討しています。
また、これまで培ってきたノウハウを物流戦略から企業競争力を高めたいと思っている企業へ提供する「物流コンサルティング事業」への参入も行います。まだまだビジネスチャンスあふれるこの市場で一緒に新たな価値を創出していきませんか!?

はたらく環境

組織の特徴
残業時間0を目指す!日々改善が浸透している職場です。

当社が掲げている目標のひとつに「残業0」があります。物流センター自体は昼夜なく稼働していますが、最適な人員配置が実現すれば残業は0になるだろうというのが当社の考え方。こう言うと、とてもシンプルな課題のように聞こえるかもしれませんが、実際はそんなに簡単なことでもありません。例えば、台風で商品の配送が通常より遅れたり、アルバイトさんが急に休んだり。様々なことが起こり得ますが、そういった不測の事態が起こっても残業0にするのが目標。そのために、様々な可能性を予想して「不測の事態」を減らすと同時に、一度生じた問題を二度と起こさないよう、日々業務の見直しや改善が行われています。

社風
役職や経験年数に関係なく、誰の意見にも耳を傾けるフラットな社風。

更に、もうひとつの目標はミスを減らすこと。毎日2万種類もの商品を扱っていればどうしてもミスが発生してしまうもの。でもこのミスを最小限にしようというのが当社の目標。具体的に現在掲げている数値目標は「1/200,000」。これを実現するには、全従業員が起こったミスの原因を追求し、その改善案を考えていく必要があります。当社では、役職や経験年数、もしくは社員かアルバイトスタッフか、といったことに関係なく、改善提案、問題提起を奨励し、聞く風土があります。今までも、そうして成長してきました。誰に強要されるでもなく、自然と現場からの意見が上がり、それが決済者まで届く風通しの良さが自慢であり、当社の最大の強みでもあると自負しています。

企業概要

創業/設立 1969年
本社所在地 〒509-0238 岐阜県可児市大森字奥洞989-1
代表者 代表取締役 吉田輝好
資本金 3億円
売上高 150億円(平成28年実績) 

12年連続で売上を成長させる堅実な経営をしています!
従業員数 1222名(うち正社員391名) (2016年03月現在) 
子会社・関連会社 【年商規模5000億円/業界第8位】の株式会社バローホールディングス(東証一部上場)の
物流部門を担うのが当社、中部興産です!

関連会社
・株式会社バローホールディングス
・株式会社コアサポート
・株式会社バロー(スーパーマーケット事業)
・株式会社ホームセンターバロー
・中部薬品株式会社
・株式会社タチヤ
・株式会社食鮮館タイヨー
・株式会社公正屋
・株式会社アクトス
・株式会社岐東ファミリーデパート
・中部流通株式会社
・株式会社メンテックス
・株式会社セイソー
・株式会社主婦の店 中部本社
・中部フーズ株式会社
・中部ミート株式会社
・株式会社ダイエンフーズ
・株式会社V ソリューション
・株式会社V フラワー
・株式会社バローファーム海津
・株式会社郡上きのこファーム
・株式会社飛騨小坂ぶなしめじ
・東邦産業株式会社
・株式会社北信州きのこファーム
・株式会社福井中央漬物
・株式会社師定アグリ
・株式会社中部大誠
・株式会社中部保険サービス
事業所 <事務所・センター>岐阜、愛知、静岡、富山、福井 
東海・北陸エリアに広がるバローの店舗展開を網羅すべく 
全国18箇所に展開!

採用連絡先

所在地:〒509-0238 岐阜県可児市大森字奥洞989-1 
採用ダイヤル:0120-252-253 
受付時間:平日9~18時 
担当:長野(ナガノ)