星野リゾート 東北エリア

星野リゾート 東北エリアの企業情報

星野リゾート 東北エリア

【ホテル】

一人ひとりがHospitality Innovatorへ

人はなぜ旅をするのか。私たちはいつも自分自身に問いかけます。
時代やライススタイルの変化によって旅のカタチは変われど、人が旅をする目的は普遍的であるはずです。

旅は、人間が本能的に持つ「出会いへの欲求」を満たしてくれるもの。それを迎える側である私たちのすべきことは、いい宿、いい湯、いい食事を提供するだけではありません。
その土地の自然や伝統文化、暮らし。それらを国内外の多くの方に旅の演出として提供し、満足して頂くことが私たちの役割だと考えています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 20歳代の管理職実績

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
ホテル、旅館の運営事業

私たち「星野リゾートグループ」は、日本全国に35のリゾートホテルと温泉旅館を運営しています。

その土地の個性やお客様の「旅の嗜好」に合わせ施設展開をしており、それぞれのターゲットやサービススタイルも様々です。

その土地ならではの地域文化を最大限に生かし、魅力を磨き続けることで、日本のおもてなしを世界へ発信していきたいと考えています。

ビジョン/ミッション
Hospitality Innovator

私たちのビジョンは、「Hospitality Innovator」
西洋型サービスの真似ではなく、もてなす側のこだわりやメッセージなど”日本のおもてなしの本質”を魅力として進化させる「日本旅館メソッド」。
日本のホテルや旅館は生産性が低いと言われてきた課題と向き合い、根本的に運営の仕組みに変革を起こす「サービスチーム」。
いろいろな個性を持ったメンバーが集まり、自由な意見交換や議論しながらチームで新たな魅力や仕組みを創造していく「Gan-Hoな組織文化」。
これらの3つのキーワードを進化させていくことで、世界で戦っていけるような会社を目指しています。

事業・商品の特徴
その土地ならではの魅力を発掘

施設を運営するにあたり、大事にしているのがコンセプト。
「誰に、何を、どのように提供するのか」。ターゲットに合わせて、地域に根付く文化や伝統、季節ごとの美しい自然など、その土地ならではの魅力を発掘。
その魅力を磨き、お客様の滞在の楽しみとして創造し、お客様の「ここに行きたい!」という気持ちを創り出します。

私たちの仕事

【リゾート運営に関わる業務全般】
私たち三沢奥入瀬観光開発は、全国の星野リゾートの施設の中でも、青森県内にある「星野リゾート 青森屋」と「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」の2施設の運営を担っています。
フロント、料飲サービス、客室など、幅広い業務に携わり、それぞれの施設が異なる魅力を発信し、訪れる人にその土地ならではの楽しみ方を提案しています。

企業概要

星野リゾート 青森屋・星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 【正式社名】(株)三沢奥入瀬観光開発 
【設立】平成16年12月1日
【資本金】300万円 
【従業員数】220名 (正社員数)
【売上高】(非公開) 
【事業内容】ホテル、旅館の運営事業 
【所在地】青森県三沢市字古間木山56番地 
【電話番号】0176-53-5156
株式会社 星野リゾート・マネジメント 【正式社名】(株)星野リゾート・マネジメント
【設立】平成20年9月19日 
【資本金】1,000万円
【従業員数】2,221名(2016年4月時点正社員数) 
【売上高】(非公開)当社規定による 
【事業内容】ホテル、旅館の運営事業 
【所在地】主たる事業所 東京都中央区銀座1-11-1東京橋ビル2階
【電話番号】03-5159-6330

採用連絡先

星野リゾートマネジメント 東北エリア 採用担当
E-mail:hataraku-tohoku@hoshinoresort.com
TEL: 0176-53-5156