田中産業株式会社

田中産業株式会社の企業情報

田中産業株式会社

【印刷・パッケージ】

●●●3種の素材を用いた印刷・パッケージの一貫生産が強み●●●
●●●他社ではできない印刷技術を活かした顧客満足の実現!●●●
●●●更なる改善の為にも、自社内で開発・設計部門を備える●●●

1956年に創業した田中産業は、時代とともに業態を変えながらも
「より良いモノづくり」を目指して、歩み続けました。

印刷業界が成熟し、インターネットが普及していく時代の中で、
当社では日本最大級の印刷機を入れるなど差別化を図り、また
「印刷技術を活かした製造業」として、モノづくりの幅を広げました。

今では、「紙・フィルム・金属」という3つの素材を印刷から製品までの一貫生産
ができる唯一の会社へと成長を遂げました。

更なる改善を目指す私たちには、モノづくりに興味を持ち、飽くなきチャレンジを
続ける若い人材が不可欠です。その想いを共有し、一緒に働いてみませんか!

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • 過去10年赤字決算なし

  • 設立50年以上の企業

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
当社であなたしか出来ない仕事、探してみませんか?

日本全国の駅や商業施設を彩っている「超巨大ポスター」や、
独自製造した特殊な3Dフィルムに印刷した「3Dクリアファイル」など、
他にできない印刷物を世に生み出している私たち。

田中産業にしかない設備や技術で新しい価値を創出している、モノ作り企業です。
創業から58年、常に変化と進化を続けてきた当社は、これからもずっと成長し続けます。

そんな当社であなたしか出来ない仕事、探してみませんか?
自分で自分の仕事を磨く、そんな毎日を送る仲間を募集しています。

私たちの仕事

■技術開発、設備開発
(新商品、新素材、特殊画像処理、各種設備改造、改良等)

■印刷
(UVオフセット、シルクスクリーン、高精密インクジェット)

*超大型印刷(2050×1400mm)  
ビルボード、大型ポスター、大型バナー、等身大POP等

*特殊紙印刷(高透明フィルム、レンズシート、再生材フィルム、メタル紙、合成紙等)  
クリアパッケージ、クリアファイル、CD・DVDジャケット等

*シルクスクリーン印刷(点字、バーコ、ラメ、感温インキ、香料インキ等)  
  点字絵本、触地図、パンフレット、ポスター、書籍表紙、POP等

■印刷素材製造(フィルム、再生フィルム、レンズシート)  
PPクリアパッケージ素材、3D印刷素材、環境エコ素材等

■後加工
(ラミネート、抜き加工、貼り加工、ホロ転写、ホイル転写)  
ポスターラミネート、パッケージ抜き貼り、ホロ・ホイル転写加工等

■刷版技術
(CTP、DDCP、シルクスクリーン刷版等)

はたらく環境

オフィス紹介
2014年に新工場が竣工しました。

他ができない印刷技術を深めながら成長してきた田中産業。
現在は「印刷技術を活かした製造業」として、印刷だけでなく
前工程のフィルム製造から後加工まで行っております。

このように「モノづくり」の拡大を行ってきたので、
一次は近隣8工場も分散しておりました。

そこで2014年、本社工場の道路挟んで向かい側に
新工場を竣工させました。
分散していた工場をまとめることにより、「モノづくり」の
効率が一段と上がる環境ができあがりました。

また新工場は、さいたま市認可保育所「たまご保育所」を併設
社内と地域社会に向けて貢献ができる環境ができあがりました。
その他障害者が働けるバリアフリーの施設、社員が利用できる
屋上庭園付きの食堂などを完備しております。

企業概要

創業/設立 1953年紡績用紙管製造業として創業
1956年3月田中産業有限会社として創立
1970年3月田中産業株式会社に組織変更
本社所在地 埼玉県さいたま市中央区本町西4-16-15
代表者 代表取締役 田中 裕
資本金 8000万円
売上高 39億8000万円(2015年3月期)
職員数 社員数177名(内正社員148名) 平均年齢36.2歳 (2016年01月現在) 
事業所 本社工場 K棟      埼玉県さいたま市中央区本町西5-4-1 
第一工場        埼玉県さいたま市中央区下落合4-17-21 
上尾工場        埼玉県上尾市堤崎22-1 

 ~・2014年8月 Y棟向いに新しい工場K棟が完成しました・~
売上高推移 決算期        売上高   
------------------------------------------------ 
2016年  3月期  4,160百万円
2015年 3月期  3,980百万円
2014年 3月期  4,120百万円 
2013年 3月期  4,011百万円 
2012年 3月期  3,888百万円 
2011年 3月期  3,749百万円 
2010年  3月期  3,421百万円 
2009年 3月期  3,763百万円  
------------------------------------------------
沿革 2014年------
8月に新本社工場竣工、8工場を4工場に集約し効率化を図る

2013年------
第47回グッドカンパニー大賞にて「優秀企業賞」を受賞

2011年------
フィルム製造機を増設、2台体制でシートの増産を開始
社内受注分を社内生産できる体制となる

2008年------
インラインコーター付オフセット印刷機(A4倍6色機)導入
フィルム専用UVオフセット印刷機(菊全判11色コーター機)導入

2007年------ 
ホロ転写・ホイル転写機能付印刷機「Neo-Cast(名称は社内公募)」導入。

2005年------
新規ブランド「PP FACTORY」キックオフ。
9色両面印刷機導入。
フィルム印刷専用7色機導入。
ISO9001(品質マネジメントシステム)認証取得。

2004年------
R&Dセンター新設。
フィルム製造部門新設。(初期メンバーは社内公募にてスタート)
後加工部門新設。

2003年---------
品質保証部新設。
ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得。

2002年---------
新本社工場建設。国内で先駆けて厚紙用11色両面印刷機導入。

2000年---------
アメリカから60年代の機械を買付て分解、
超大型印刷機(菊4倍判7色機)を組み上げる。

1992年---------
他社に先駆け、UVオフセット印刷機導入開始。

1989年---------
社員が自慢できる仕事をと考え、駅貼りポスターを刷る
大型印刷機を購入。

1981年---------
他社がやらない事をしようと考え、我が国では少ない
A倍判5色機を購入。

1978年---------
現代表取締役 田中裕、33歳で代表取締役に就任。

1972年--------- 
印刷業へ業態変換する。

1970年---------
株式会社に組織変更。

1967年---------
段ボールに絵柄を印刷することにし、オフセット印刷機を購入。
1960年---------
トランジスタラジオ輸出が始まったのを受け、時代の変化に合わせ、輸出用段ボール製造に業態変換。

1956年---------
初代田中義裕、紡績用紙管の製造を始める。

採用連絡先

〒338-0004
埼玉県さいたま市中央区本町西4-16-15

   田中産業株式会社
    総務部 採用担当 田代・渡辺

http://www.printer-tanaka.co.jp
saiyou@printer-tanaka.co.jp