株式会社IMCのキャリタス限定情報

株式会社IMC

【その他商社】

キャリタス理系学生

企業メッセージ

40年にわたり、技術と信頼で船舶の安全運航を支え、成長し続けるIMC。「24時間以内、世界のどこへでも!」を合言葉に、船舶に起こる様々なトラブルを高い技術と提案力で解決させます。経営理念「夢と生き甲斐に溢れた職場から世界のお客様に価値あるサービスを提供し、社会の発展に貢献します」が示すように、社員のため社会のための会社です。当社の仕事内容・経営理念に共感できる方の入社を心待ちにしています。

シンガポール、オランダ、中国、アメリカ、ブラジルなど、世界中に拠点があります。

船舶の安全運航のための、技術とサービスを提供します。

当社は、船舶の安全運航のため、その技術とサービスを提供する会社です。1975年、石川島播磨重工業(現IHI)の船舶修理・部品販売専門会社として設立されました。その後、IHI建造船のアフターサービス業務、船舶情報管理システムの開発・製造・販売と事業の幅を広げてきました。2015年10月親会社であるジャパン マリンユナイテッド株式会社のライフサイクル事業を統合し、さらなる事業拡大を果たしました。それにより、親会社の事業の4本柱のひとつであるライフサイクル事業を担う会社となりました。また、ライフサイクル関係の海外関係会社3社を子会社としました。全ての新造船・就航船向けに、部品販売・応急修理・改造工事・入渠工事・機器保守点検などのサービスを提供することが可能になりました。

「人材こそ唯一、最大の財産である」とし、常に人材の育成に力を注いできました。

世界を舞台とした造船業の世界で、活躍してください!

当社の仕事は、世界が舞台です。例えば、 港の外や岸壁に停泊中の船を修理する「沖修理」では、世界を股にかけて、船舶の修理を行います。船会社の依頼によって、タンカーのような大きい船からタグボートのような小さい船まで、さまざまな規模の船に対応しています。また、 造船業にはIT技術も欠かせません。タンカーなどの大型商船に搭載するためのシステムや、船から陸上に衛星経由で操船情報などを送信するシステムなど、システムの開発も重要な仕事となってきます。 造船業の舞台は世界。海洋国日本の柱となる事業を行う当社で、「世界中でスケールの大きな仕事がしたい!」という学生の皆さんに、存分に活躍していただきたいと思います。

キャリタス理系学生 TOPへ