株式会社ソフトウェア・サービス

株式会社ソフトウェア・サービスの先輩情報

ジャスダック 応募受付終了

株式会社ソフトウェア・サービス

【ソフトウエア|医療用機器|情報処理】

先輩情報

T.O(2016年入社)

営業・導入職(1年目)2016年10月時点  

職種 システムアナリスト・コンサルタント
出身校 日本薬科大学
出身学部 薬学部 医療ビジネス薬科学科
専攻分野 薬学系

インタビュー

システム導入後の病院で新たなシステムの追加を行っています

  • 新入社員研修後の現場研修を経て、今は既に当社のシステムを使っていただいている病院に、追加で新たなシステムを導入しています。主な担当のシステムは医薬品データや抗がん剤に関するものです。当社の導入職は、病職員様とのヒアリングからその運用に沿ったシステム設定までの作業をチームで行うことが多いのですが、私が配属された部署では、その作業を基本的に一人で行います。稀なケースですが、他のメンバーが導入を行っている最中の病院にシステムを追加しに行くこともあります。自分が行ったシステムの変更設定が現場の別のシステムに影響することがあるので、十分に注意しながら作業するのはもちろん、万が一の事態に備えて必ずバックアップを取るようにしながら仕事を進めています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    電子カルテは医療を変える、未来を創る仕事!

    私は大学の薬学部で学んでいたこともあり就職活動は医療系を中心に見ていました。大学の授業では電子カルテを触ることはなかったのですが、なぜ日本が電子カルテを普及しようとしているのか、また普及されたらどのようなことができるのかといった部分を学んでいました。大学の学内説明会で偶然ソフトウェア・サービスのことを知り、電子カルテが歴史ある医療をどのように変えていくのか興味を持ちました。就職活動では、他のところから内定をいただいていたのですが、出張で色々な所に行けますし、病院という医療現場で仕事をすることにやりがいを感じられると思ったので、ソフトウェア・サービスに入社を決めました。

  • 仕事のやりがいは・・・

    病職員様のご要望を叶えられたときに嬉しさを感じます!

    導入の流れとしては、まず基本となるシステムを持って行き、そのシステムに別の機能を追加したり必要のない機能を除いたりして、その病院に合ったシステムを作ります。システムが現場で想像と違う動きをすることもあるのですが、その原因を修正し、病職員様のご要望通りの運用に設定できたときは嬉しさを感じます。予期せぬトラブルが起きたときは、一人で抱え込まず、過去の事例を検索したり開発職に調査を依頼したり様々な方法で解決策を見つけるようにしています。
    入社1年目でまだまだ分からないことが多く大変なこともありますが、病職員様と共に病院をIT化していくことに非常にやりがいを感じられる仕事です。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • IT知識を生かせる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • 人との出会いが多い仕事
  • 医療・福祉に貢献する仕事