島津メクテム株式会社

島津メクテム株式会社の企業情報

島津メクテム株式会社

【機械|重電・産業用電気機器|精密機器】

関西から世界へ!

当社が手掛ける産業精密機器はどれも世界トップクラスのシェアを誇ります。同製品のスペシャリストとして、世界レベルのやりがいのある仕事に挑戦してみませんか?

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • 過去10年赤字決算なし

  • シェアNo.1サービスあり

  • 特許やオンリーワン技術あり

私たちの魅力

事業内容
様々なシーンで活躍する産業用精密機器の製造・販売

【真空熱処理炉】
【液送機器(溶融プラスチック移送用ギヤポンプ、油移送ギヤポンプ)】
【ガラスワインダ】
【X線検査装置】
などの産業用精密機器の製造・販売

ビジョン/ミッション
常に新しい価値を創造して、社会に貢献する

社名のメクテムは造語になっていてメカニカルシステムから作った言葉です。その名の通り機械装置を通じてお客様に貢献していこう、信頼をいただこうという由来で生まれた言葉です。
お客様がより良い製品を作られることをいつでもアシストできるように、より効率的な産業用精密機器を作り続けることが私たちの使命です。そのために自分たちの技術力も常に高め、新しい価値を創造していきます。

事業・商品の特徴
世界トップクラスの製品を扱う仕事

当社は1962年の発足以来、常に高度な技術と熟練の技を追求し、社会に貢献するべく研鑽を重ねてまいりました。長年蓄積された技術から生まれる製品群は世界トップクラスの地位を確立し、いずれも業界で高いシェアを誇り、国内外の産業発展に寄与しています。
【真空熱処理炉】超硬工具業界80%(国内シェア)
【ギヤポンプ】各種ポリマー製品プラントに約3000台の納入実績を持ち、PET分野では 約50%、PS・ABS分野では約40%(世界シェア)
【ガラスワインダ】 約60%(世界シェア)

私たちの仕事

当社を引っ張る若手社員たちの声をお届けします。

【X線検査装置部門】
ナカムラシンゴ 入社4年目

X線透視検査装置を担当しています。同装置はX線を利用して物体を走査しコンピュータを用いて処理することで、物体の内部画像を透視検査することができる装置です。使用例として、鋳物製品の中には時折煤などの不純物が混じる場合がありますが、この装置で全数検査にかけることで問題のある製品を検出することが可能になります。
装置の完成を効率よく進めるため作業を分担しており、私は現在、各作業担当者に指示を出すリーダー的な役割を担っています。
当社の良いところは、ずばり風通しの良さです。上の人に対しても自分の意見を言いやすい環境で、実際に自分が装置に乗せたい機能や、ソフトが採用されることもありました。そういった自分のやりたいことが、すぐに仕事に直結するところに魅力を感じています。


【液送ギヤポンプ部門】
シライユウジ 入社5年目

液送ギヤポンプの担当をしています。液送ギヤポンプといっても様々あり、例えば油移送ギヤポンプは潤滑油を移送するポンプのことで、モーターなどの機械を動かす際に軸受けの部分に潤滑のための油が必要になりますが、定量性に優れた油移送ギヤポンプが油を送ることで滞りなくモーターを動かすことができます。
現在は設計を担当していますが、つい先日までは同じ部署の品質管理課に在籍していました。こちらに移って日が浅く、まだまだ自分が書いた図面は少ないですが、自分が手掛けた図面が製品として形になり、実際に使用されているところをみると、やっていてよかったなと強くやりがいを感じます。細かい設計に関しては未熟な部分がありますが、今後は品質管理での経験も活かし、より良い製品作りができればと精進しています。


【真空熱処理炉部門】
ハラミズキ 入社3年目

真空熱処理炉を担当しています。真空熱処理炉は文字通り、巨大なお釜のような炉の中で真空状態で製品を焼く装置です。鉄などの製品は強度を高めるために熱処理を行うことがありますが、普通に焼くと酸化してしまい、逆に脆くなったり、腐食しやすいなどの欠点があります。真空という特別な状態で焼くことで、酸化することなく強度を高められるのです。私は当部署で営業担当者がお客様の要望をお聞きした際に、フィードバックを受け取り、求められる機能が実現可能かどうかなどを検討し仕様書を詰め、見積もりを作成する仕事を担当しています。
もともと営業志望で入社し、今は勉強のために技術部に身を置いていますが、いつか営業職に移った時は、技術部の経験と知識を生かして当社の製品を広げていきたいです。また得意な英語を生かし、当社の製品を世界に向けて発信していきたいと考えています。


【ガラスワインダ部門】
カシマジュンキ 入社3年目

ガラスワインダ(ガラス繊維巻取機)を担当しています。ガラスワインダは溶融ガラスを繊維状にして引き出し、高速で巻き取るガラス繊維の製造装置のことです。ガラス繊維はあらゆる電子機器に使われるプリント基板の強化材料等に使用される無くてはならない素材ですが、その巻取機にあたるガラスワインダもまた無くてはならない装置です。私は機械設計を担当していますが、部署自体が少人数であるため、時には電気やソフトを担当することもあります。
当社の製品の中でも中国向けのお客様が多いのが特徴でして、自分が設計したものが言葉の違う海外の人にも使われ、現地対応の際に「良かったよ」と声をかけていただけた時は大変うれしく感じました。逆に不備があった時はストレートな言葉で反応をしていただけるので、より気をつけて仕事しなければいけないなと、身が引き締まりました。

はたらく環境

職場の雰囲気
意欲のある社員が積極的に発言できる職場

上司と部下の間に壁がないので、若手社員が仕事の中で実現したいことがあれば、積極的に発言できる環境があります。上層部の決断もスピーディなので、発言がすぐに結果に結びつくことも多々あります。自主的に行動を起こせる、意欲のある社員を応援していますので、どんな意見であっても、まずは聞き入れる。そういった姿勢を大切にしています。

働く仲間
部署を越えてのコミュニケーション

機種ごとに部署を設けているため、仕事上は部署をまたいでの関わりは少ないですが、福利厚生による社内サークルや、英会話教室等が充実しておりますので、そこで部署を超えた交流を楽しんでいただけます。

社風
風通しが良すぎる会社

当社は社員のほとんどが技術系ですので、それぞれ自分の意見を持っている個性的でバラエティに富んだ人間が多いです。そのような人間が会社を支えていることもあり、社風も見る人によって様々な見え方ができるのではないかと思われます。ただ一つ確実に言えることは風通しが良すぎるくらい、和気あいあいとした雰囲気であるということです。

オフィス紹介
はたらきやすい職場づくり

当社は次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣認定のくるみんマークを2013年・2015年と取得しました

企業概要

創業/設立 1962年1月設立
本社所在地 滋賀県大津市月輪1-8-1
代表者 取締役社長 西村節志
資本金 1億円
売上高 90億円(2016年3月期)
従業員数 150名 (2016年01月現在) 
子会社・関連会社 島津製作所
事業所 滋賀(本社・工場)、東京支店、大阪支店
※中国に子会社あり
島津製作所グループ初の世界3大デザイン賞制覇 当社で開発した真空加圧焼成炉「VESTA(ヴェスタ)」は、超硬合金やセラミックスなどの研究に使用するために開発しました。従来の工場の生産ラインに設置されている、巨大で配管がむき出しの無骨な装置を、小型化しスタイリッシュにデザインすることで結果新たな販路を開拓することも出来ました。同製品はレッド・ドット・デザイン賞(ドイツ)、iF賞(ドイツ)、IDEA賞(アメリカ)と産業分野の世界3大デザイン賞を制覇致しました。これは島津製作所を含めグループでも初めてのことです。

採用連絡先

〒520-2152
滋賀県大津市月輪1丁目8-1
採用担当:総務課 田中・村田
TEL:077-545-3250