茅ヶ崎市役所

茅ヶ崎市役所の企業情報

茅ヶ崎市役所

【官公庁】

私たちは「海と太陽とみどりの中で ひとが輝き まちが輝く 湘南・茅ヶ崎」の実現を目指すまちづくりのプランナーです。10年先、20年先この茅ヶ崎はどんなまちになっているでしょうか?そのとき「茅ヶ崎市に住んでいてよかった」と実感してもらうために今何ができるでしょうか。私たちの仕事はどこまで理想の未来を創ることができるかというゴールのない仕事。絶えず変化する地域の課題や住民ニーズに柔軟に対応するため自ら考え、計画し、実行する。そして、将来にわたってひとやまちの魅力・活力が持続するまち茅ヶ崎市を育みます。使命感と情熱を持って、茅ヶ崎の未来(あした)を創造します。
そこで私たちが行うのは脱・公務員試験!予備校に通うなどの特別な受験対策は必要ありません。やる気、茅ヶ崎市への思いを評価する人物重視の試験を実施しています!

  • 多角的な事業展開

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
このまちの未来を創造する ~「ひとが輝き」「まちが輝く」茅ヶ崎市を目指して~

 茅ヶ崎市は平成23年度を初年度とした総合計画の中で、将来都市像を「海と太陽とみどりの中で ひとが輝き まちが輝く 湘南・茅ヶ崎」と定め、平成32年度を目標年次として行政運営を行っています。この総合計画の基本構想では、自らの判断と責任で行政運営をすることをさらに推進していくこととしています。
 社会情勢の変化や市民ニーズに迅速に対応し、市民サービスを安定的に提供していくことが求められる中、茅ヶ崎市はより自主性・自立性の高い行政運営を行うため、中核市への移行を目指しています。中核市への移行により、神奈川県から、民生、保健衛生、環境などの分野における新たな事務が移譲されます。これらの権限を地域の実情や既存の事務と合わせて一体的に活用することで、まちの魅力を高め、地域経済や地域コミュニティの活性化を図り、市民サービスの向上につなげていきます。
 また、「しごと」が「ひと」を呼び、「ひと」が「しごと」を呼び込む好循環を生み、その好循環を支える「まち」を確立することで、安定した人口構造を保持し、若い世代を中心に将来にわたって安心して働き、結婚・出産・子育てをすることができる地域社会を構築していきます。
 厳しい財政状況の中、豊かな人材と誇れる風土を大切にし、次代を担うひとづくりと、まちの安全や暮らしの安心を確保し、ひとやまちの魅力・活力を将来にわたって持続させるまち「茅ヶ崎市」を育てていきます。

茅ヶ崎市では、“海と太陽とみどりの中で ひとが輝き まちが輝く 湘南・茅ヶ崎”の実現を目指します。 


●ひとづくり
~学び合い育ち合うみんなの笑顔がきらめくひとづくり~ 

●地域づくり
~いきいきと暮らすふれあいのある地域づくり~  

●暮らしづくり 
~安全でやすらぎのある持続可能な暮らしづくり~ 

●まちづくり 
~人々が行きかい自然と共生する便利で快適なまちづくり~ 

●行政経営   
~1人1人の思いが調和し未来をひらく行政経営~ 

これら5つの基本理念を柱とした平成23年度から平成32年度までを計画期間とした「茅ヶ崎市総合計画」を策定し、市政運営を行っています。 

★総合計画については、↓こちらからどうぞ!
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kikaku_sogo_plan/index.html

★組織機構については、↓こちらからどうぞ! 
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/soshiki/index.html

★各課のページでは、その年の 【 重点施策 】 などを確認することができます! 
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/soshiki/index.html

事業戦略
採用試験は「脱・公務員試験」。重視するのは茅ヶ崎市への思い。

茅ヶ崎市では、「やる気」と「コミュニケーション能力」があり、「相手(市民)の立場で物事を考えられること」ができる人材を求めています。
 市民の方との交流や対話が不可欠であることから、市民生活の身近な問題を市民の立場になって感じ、共に考え、合意を得ながら円滑に仕事ができる人でなければなりません。そこで予備校に通って勉強をしたり、特別な対策をしなければ解けないような筆記試験を廃止し、「やりたいことがあり、その実現に向け、自分なりに考え行動できる人かどうか」を重視した独自の試験=「脱・公務員試験」を行っています。試験は、面接中心。できる限り多くの方と直接お会いして「やる気」、「コミュニケーション能力」などを確認させていただきますので、皆さんの熱い思いや誇れるものなどを思いきりPRしてください。もちろん、筆記試験に意味がないというわけでなく、“最低限の学力”は確認させていただきますが、それは民間企業の就職活動で必要な学力と同じ。
 「勉強する時間がないから、筆記試験では合格できる自信がない」というだけで「公務員になる」という考えを捨てるのではなく、一度茅ヶ崎市の職員として、ご自身が働いている姿を想像してみてください。
 「このまちが大好き」「自分でこのまちをこうしたい」そんな強い思いを持っている方をお待ちしています。

企業理念
市長からのメッセージ ~「茅ヶ崎スタイル」を一緒に築こう~

平成28年に新庁舎へと生まれ変わったと共に、私たちが始めたのが「働き方の見直し」です。高齢化など情勢が変わる中、市民の方のニーズも幅広くなっている昨今。自分たちの仕事を改めて振り返り「今やるべき仕事は何か?」を整理することで、次の時代に対応できる体制づくりに取り組んでいます。
 その中でも忘れてはいけないのが「市民の方と一緒にまちづくりをしている」ということ。将来安定的にまちが維持され発展するために、暮らす方の茅ヶ崎ライフをより豊かにするために、「自分は何をするのか?」「市民の方とどう連携してまちづくりをするのか?」。このように自ら考え行動に移せる職員の力はやはり重要です。
 日頃から職員とのコミュニケーションは大切にし、まちづくりへの思いや相談を職員から直接聞くという企画も行っています。最近では様々な年齢層の職員といろんなテーマに添って話し合い、時間が足りなくなってしまうことも。また上手にオンオフを切り替え、充実したオフの時間を過ごすことも大事。それが結果的に質の高い仕事につながると思います。
 温暖な気候のこのまちに暮らす方は、皆さん心も温かい。温かなまちがもっと愛されるような将来に向けて、「やる気」のある方を是非お待ちしています!

私たちの仕事

わたしたちのフィールド

茅ヶ崎市では総合計画の中で定めている将来の都市像「海と太陽とみどりの中で  ひとが輝き まちが輝く  湘南・茅ヶ崎」の実現に向けて、総合的な政策展開の基本的な指針として5つのまちづくりの理念を定め、行政運営を行っています。
わたしたち職員は、さまざまなフィールドで活躍し、幅広い業務を経験することができます。

将来の都市像:海と太陽と みどりの中でひとが輝き まちが輝く 湘南・茅ヶ崎

『ひとづくり』
 茅ヶ崎に暮らし、誇りと愛着を持ち、明日の茅ヶ崎を支える人を育てることに力点を置いて、子どもを産み育てること、学齢期の教育、生涯を通じた学習や文化活動、多くの市民が健康づくりに主体的に取り組み、さまざまなスポーツに参加できる環境づくりを地域ぐるみで総合的に進めます。
 地域社会が子育てに関わる環境、次世代を担う人が育つ環境を整え、あらゆる人が多様な活動に参画し、一人一人が自分らしく活躍できる地域社会を育てます。
〈子育て、学校教育・社会教育、教育環境、生涯学習・文化〉

『暮らしづくり』
 資源循環の仕組みを確立するとともに、自然との共生に配慮したまちづくりを進めるため、他の自治体などと連携して総合的に政策を展開します。
 市民の安全・安心に向けて、日常の防犯・交通安全に努めるとともに、災害が発生した場合の迅速かつ的確な対応ができる防災体制を構築し、合わせて、多発している犯罪や安全な消費を脅かす諸問題などに対する市民の悩みや不安の解消を図ります。
 災害や火災時などに対応する消防・救命体制を整え、市民の生命や身体や財産を守ります。
〈環境・資源、安全・安心、消防〉

『地域づくり』
 超高齢化社会が進行する中で、市民のだれもが、住み慣れたまちで、自分らしく元気に暮らし続ける地域をつくります。
 保健・医療の基盤を維持・充実し、疾病の予防や早期発見・早期治療などを推進することで、市民の健康を守ります。また、市立病院で質の高い医療サービスを安定して提供します。
 制度による公的な福祉サービス(公助)を充実させていく一方で、多様化する課題に的確に対応するため、共助による支え合いの仕組みを構築します。
〈保健・福祉、医療、地域保健・公衆衛生〉

『行政経営』
 将来への投資が可能な財政基盤を維持するとともに、適正な予算・人員編成に基づいて、課題解決に向け、効果的な政策を立案・実行し、具体的な成果を上げます。
 分権型社会における自治体経営の担い手となり、多様化する市民ニーズに的確に対応できる創造性豊かな人材を育成します。
 政策や事務事業の成果は的確に評価を行い、さらなる効果を得られる仕組みを構築しつつ、評価結果を生かした行政経営を行います。
 市民サービスの新たな担い手となる多様な主体を育成し、新しい形の「公共」の形成を進めます。
〈企画、総務、財務、会計、選挙、監査〉

『まちづくり』
 海・川・里山の自然環境に恵まれ、平坦な地域にコンパクトな市街地が形成されている、この茅ヶ崎らしい都市の特徴を十分に生かした「住んでよかった、住み続けたい」と思える魅力あるまちを維持・創造します。
 公共下水道の整備等により、川の水質を良好に保ち、浸水被害の軽減を図るとともに、川に親しめる快適な水環境を創出します。
 各産業の連携やブランド化戦略を進めて、多くの人が訪れる魅力と活力を育てるとともに、市内での雇用創出や次世代の定住を図ります。
〈都市づくり、土木・基盤、下水道・河川、産業・雇用、農業委員会〉

はたらく環境

オフィス紹介
先輩職員の仕事紹介

1 経済部産業振興課 忠隈 厚志(ただくま あつし)

『観光振興で魅力ある「ちがさき」を目指す』
「自分の育ってきたまちのために働きたい!」という思いで、愛着のある茅ヶ崎市への就職を目指しました。
 市税の徴収業務に従事した後、現在はガラッと変わってイベント開催の調整やPRなどを行う観光業務を行っています。大岡越前祭や浜降祭、花火大会等のイベントに留まらず、海水浴場の開設準備やまち歩きツアー、さらには旬の花の開花情報チェック、時には工具を持って看板修理など、多岐にわたり業務を行っています。
 市内外の人にさらに茅ヶ崎市を好きになってもらい、また足を運んでもらうため、関係団体と一緒に汗を流してイベントの準備をしていますが、「楽しかった!」「また遊びに来たい!」という来場者の声を聞いたとき、やりがいを感じています。
 今後もさらに多くの方が茅ヶ崎市へ訪れてくれるよう、観光振興に取り組んでいきます。

2 環境部資源循環課 川本 知佳(かわもと ちか)

『さまざまなギャップに成長を実感できる職場です』
市役所の業務内容はくらしに直結するものが多く、日常生活で自分の仕事を実感するなんてこともしばしば。市役所で働くことは常に市民目線でいることが重要だと気づかされる毎日です。
 入庁して初めての仕事が税金の滞納整理でした。それまで自分が抱いていた市役所のイメージとは違い、時には厳しいことを言われたり、言わなくてはならない場面が多くありました。現在は、ごみの統計事務や、ごみの減量化・資源化促進のための啓発事業を行っています。異動したことでまるで転職したかのように仕事の内容がガラッと変わり、驚いています。
 さまざまなギャップに直面できる職場は市役所ならではなので、貴重な経験をばねに自分を成長させていきたいと思います。

3 市民安全部防災対策課 西村 隆仁(にしむら たかひと)

『防災力を向上させ、市民が安心し安全に暮らせるまちに』
私は県外の出身なので、最初は湘南茅ヶ崎のネームバリューに興味を持ちましたが、実際に来てみて、豊かな自然環境と茅ヶ崎のまち並みに魅力を感じました。
 業務では、防災訓練の企画・実施など市の防災力の向上に向けて取り組んでいます。市民の方々をはじめ、多くの方と協力し、仕事を進めていくので、大変なこともありますが、皆が同じ目的を持って仕事をすることにやりがいを感じています。
 災害が起きたとき、被害を最小限に抑えるため、日頃から行政と市民が一丸となって、災害に強いまちを目指しています。
 プライベートでは、育児休業を取得し、育児・家事に奮闘しました。プライベートと仕事のバランスを上手にとることを心がけています。

働く仲間
新採用職員紹介

1 保健福祉部高齢福祉介護課 齋藤 健太(さいとう けんた) (茅ヶ崎市出身、新卒)
主に介護保険料の賦課徴収を担当。
所得に応じた保険料の段階設定を行い、納付指導・相談を行っている。

2 総務部市民課 水野 牧(みずの まき) (藤沢市出身、既卒)
出生届や婚姻届を受付けた後、届書を審査する担当。審査した届書をもとに、戸籍謄本が出来上がる。他市町村に電話をして照会をしたり、戸籍謄本を読んで不備がないかを確認するのがメイン。

3 環境部環境保全課 及川 大和(おいかわ やまと) (宮城県仙台市出身、既卒)
主に公害苦情対応や、工場に対する指導等を担当。騒音苦情の対応や市民への啓発として野外パトロールなどを行っている。

4 市立病院医事課 福岡 悠帆(ふくおか ゆうほ) (東京都町田市出身、新卒)
診療記録管理室担当。診療記録の監査や管理をする。現在は平成28年10月から稼働した電子カルテの監査や帳票作成をメインに行っている。

5 教育推進部 社会教育課 三谷 恭子(みたに きょうこ) (茅ヶ崎市出身、新卒)
文化財保護担当。特に本市全域を建物のない博物館と見立てる「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館」事業に携わり、このまちの都市資源の周知や、その活用を図るイベントの企画・運営を、市民と協働で推進している。

組織の特徴
職場指導員制度

1 選挙管理委員会事務局 藤井 宏太郎(ふじい こうたろう)

いつでも頼れる先輩に囲まれた、安心できる職場環境 

私は、「選挙」の知識がないことが不安でしたが、いつもわかるまで根気強く教えてくれました。今、自信を持って働けるのは指導員の平山さんをはじめ、先輩方が時間を割いて教えてくれたおかげです。
 選挙事務は、短期間で膨大な業務を処理します。多忙だからこそ、「確認することは大切」で「当たり前は難しい」と言われたことは今も印象に残っています。平山さんと所属は別になりましたが、今でも困ったら相談できる、本当に尊敬できる頼れる先輩です!

2 総務部職員課 平山 聖士(ひらやま きよし)

職場指導員経験を通じて自分自身も成長できました

私自身入庁時に、不安なことが多かったので不安を取り除いていけるよう丁寧に仕事を教えるように心がけていました。
 また、職場指導員という立場を初めて経験する中で、自分自身の仕事の視野も広がり、初心に戻って仕事に取り組むことが出来ました。
 現在、藤井さんとは異なる部署に所属していますが、今でも仕事の話をしたり、つながりは続いています。自信を持って働いている藤井さんの姿を見て、自分も刺激を受けています。

企業概要

創業/設立 1947年(昭和22年)10月市制施行
本社所在地 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎1-1-1
代表者 茅ヶ崎市長 服部信明

【プロフィール】
昭和36年茅ヶ崎市生まれ。市議会議員、神奈川県議会議員を経て平成15年、41歳で茅ヶ崎市長に。現在4期目。趣味はボーイスカウト活動、合唱(テノールを担当)、音楽鑑賞。座右の銘は「初心忘るべからず」

★市長に e たい! 市長に i たい!
さまざまな人との意見交流を重視する服部市長は、就任して間もない頃から市民のみなさんからの意見を直接聞く手段として、「市長への手紙」を開設。職員にも折にふれて庁内イントラネットを使って動画でメッセージを発信。
また、普段話す機会のない職員からも意見を聞きたいと、若手職員でもメールで市長に意見を言える「市長に e たい!」も開設。市長と直接話したいという職員のためには、昼休みを利用して市長と話せる「市長に i たい!」という企画を実施。市長自ら職員に声をかける場面も多い、若くてフレンドリーな市長です。
職員数 2,128名 (2016年04月現在) 
事業所 茅ヶ崎市内の庁舎(支所、図書館、公民館、公立保育園、市立病院、消防本部など)
茅ヶ崎市のあゆみ 1947年(昭和22年) 県下で8番目に市制施行(人口43,315人、9,055世帯) 

1955年(昭和30年)  小出村の分村合併により現在の市域に 

1983年(昭和58年) 愛知県岡崎市と「ゆかりのまち」提携 

1989年(平成元年) 人口が20万人を突破(県下で7番目) 

1998年(平成10年) 茅ヶ崎市美術館が開館 

2001年(平成13年) 県立茅ヶ崎里山公園が開園 

2002年(平成14年) コミュニティバス「えぼし号」が運行開始 

2003年(平成15年) 特例市に移行 

2005年(平成17年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第1号に茅ヶ崎市ゆかりの宇宙飛行士が決定 

2007年(平成19年) 市制施行60周年を迎える。人口が23万人を突破! 

2008年(平成20年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第2号に茅ヶ崎市ゆかりの宇宙飛行士、第3号に女子ソフトボール選手、第4号にプロ野球選手が決定
 
2009年(平成21年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第5号に茅ヶ崎市ゆかりのテニスプレーヤーが決定
 
2010年(平成22年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第6号に茅ヶ崎市ゆかりの俳優・歌手が決定 

2012年(平成24年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第7号に茅ヶ崎市ゆかりの野球選手が決定

2013年(平成25年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第8号に茅ヶ崎市ゆかりの歌手が決定

2014年(平成26年) アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市・郡と姉妹都市締結

2015年(平成27年) さがみ縦貫道路全線開通

2016年(平成28年) 茅ヶ崎ゆかりの人物館グランドオープン

2016年(平成28年) 人口が24万人を突破!


★「茅ヶ崎市民栄誉賞」の受賞者とは? 
答えは茅ヶ崎市公式HPで! 
→http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/profile/1007338.html
茅ヶ崎市ってこんなまち 茅ヶ崎市は神奈川県中南部、「湘南」の中央に位置する人口24万人・職員2,128人のまち。平成15年には地方分権を推進すべく市の独自性を出せるよう特例市になっています。気候は四季を通じて温暖で、サザンビーチには海水浴やマリンスポーツをする人たちで賑わいます。土地の風土から、「湘南スタイル」、「スローライフ」という生活様式が注目され、少子化の流れの中でも、人口は増加中。この茅ヶ崎市を ” 茅ヶ崎らしく ” 発展させるのが職員の使命です。 

【基礎データ】 
●人口   240,046人 
●世帯数   99,112世帯 
●面積     35.76平方キロメートル 
 ※平成28年10月1日現在 

◆市の木  アカシア 
◆市の花  つつじ 
◆市の鳥  シジュウカラ 

★本市初の姉妹都市 ハワイ州ホノルル市・郡
 茅ヶ崎市では、2014(平成26)年10月にハワイ州ホノルル市との姉妹都市協定を締結しました。両市は、豊かな自然、サーフィン、フラ、アロハシャツ、そしてそこから生まれるアロハスピリットなど、共通の風土や文化を有しています。
 1920年代ごろにサーフボードが伝わり、1960年代半ばごろにはサーフクラブが生まれ、個性的なサーフクラブが誕生していきました。また、1990年代ごろに本格的な教室が開講したフラは、今では市内のフラサークルが100を超えるまでになりました。
 両市民がより一層きめ細やかに交流し、経済、文化、教育などの共通の目的を持ちながら相互理解を深める「新しい形の姉妹都市交流」の実現を目指します。

★ゆかりのまち 愛知県岡崎市 
茅ヶ崎市と岡崎市のゆかりは、テレビでもおなじみの大岡越前守忠相公。大岡家はもともと三河の出身で徳川家康に仕えていましたが、2代忠政が家康の関東移封に伴い現在の茅ヶ崎市に知行地を与えられました。その後、5代忠相が江戸町奉行などで優れた行政手腕を発揮し、西大平藩1万石の譜代大名となり、現在の岡崎市に陣屋をおきました。 
このような縁から1983(昭和58)年7月1日に「ゆかりのまち」提携をしました。以後、クラブ活動などでも交流が行われています。
人材育成 人材育成の取り組みの一環として 【 人事評価システム 】 を取り入れています。

本市の人事評価は、普段の仕事ぶりを評価する 【 能力・意欲態度評価 】 と、年度当初に設定した目標の達成度を評価する 【 業績評価 】 の2本立て。

この評価結果が昇給や勤勉手当に反映されます。給与への反映は現在は担当課長以上に限られていますが、対象範囲拡大に向けて準備を進めています。

これらの結果、若手職員でも組織目標を達成するために自分がどんな役割を担っているかを自覚し、それに向かって努力する風土が生まれています。

★研修制度については、【採用情報】に掲載しています。

採用連絡先

茅ヶ崎市総務部職員課 人財育成担当
〒253-8686
神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎1-1-1
TEL 0467-82-1111
FAX 0467-87-8118
ホームページ http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/
メール shokuin@city.chigasaki.kanagawa.jp