全国共済農業協同組合連合会 佐賀県本部

全国共済農業協同組合連合会 佐賀県本部の企業情報

全国共済農業協同組合連合会 佐賀県本部

【共済|農協|その他団体】

JA共済は、「相互扶助(助け合い)」を事業理念としています。

  • 地域に密着した事業展開

  • 設立50年以上の企業

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
「相互扶助」の精神に基づいた「非営利」の団体です。

相互扶助・・・一人は万人のために、万人は一人のために。協同組合の事業とは、企業による営利事業でもなく、国や自治体が行う公共事業でもありません。市民自らが立ち上がり、ともに手を携えて社会や地域、生活をよりよく変えていこうとする“市民の事業”です。もともとわが国の農村では、共同体をつくり、農作業などさまざまな場面で助け合い支え合って暮らしを営んできた、歴史的な背景があります。1947(昭和22)年、農業協同組合法の公布によって、農業協同組合(JA)が正式に誕生。さらに1951(昭和26)年、JAが行う“共済事業”が正式に認可され、全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)が誕生しました。JA共済事業は、農業協同組合法によっても、営利ではなく「組合員への最大奉仕」を事業目的とすることが義務付けられています。

事業・商品の特徴
地域貢献活動への取組み

 JA共済では、本来の共済事業とともに、地域の皆さまが、健康で安心して暮らせる豊かな環境づくりのため、交通事故対策活動、健康管理・増進活動、高齢者・身障者福祉活動、災害救援活動、文化支援活動、環境保全活動などの地域貢献活動に取り組んでおります。
 これからも地域との絆を大切にしながら、共済事業と地域貢献活動の積極的な取り組みを通じて、豊かで安心して暮らすことのできる地域社会づくりに貢献してまいります。
●交通安全教室(幼児向け、高齢者向け)
●書道・交通安全ポスターコンクールの開催
●交通事故対策支援活動(ラッピングバス事業の支援、交通安全横断旗配布事業の支援)
●介助犬の育成・普及支援
●交通事故被害者などへの支援活動(総合型リハビリテーションセンターの運営など)

私たちの仕事

農協法に基づく協同組合共済事業

はたらく環境

働く仲間
これが私の仕事!!(普及部職員)

私が所属している部署では、JA共済の広報活動や地域貢献活動、キャンペーンの企画等、担当する業務が多岐にわたっています。その中でJA共済の普及推進状況を分析し、実績表として提供したり、分析結果の情報共有をすることが私が主に担当している仕事です。具体的には、契約がどれくらい取れているのか、前年と比較して契約件数が増えているか等、JA職員の方に普及推進活動の進捗状況を確認していただくための帳票の作成を行います。JA職員の方からデータ分析の依頼を受ける機会も多く、普及推進活動に活用していただけるよう「早く・見やすく・正確に」を意識して業務に取り組んでいます。

職場の雰囲気
これが私の仕事!!(自動車損害調査部職員)

「交通事故」は自分の不注意で起こしてしまう時もあれば、相手の不注意で被害に遭う場合もあります。私の仕事は、JA自動車共済のご契約者が関わる交通事故の対応ですが、主には交通事故でお怪我をされた方の対応です。事故に遭われた方と連絡や面談を行い、最終的に示談(和解)に至るまでが対応の一連の流れです。多くの方が初めての交通事故で計り知れない不安を抱えられます。ご契約者は当然のことですが、事故に遭われた方の不安も解消するため、「誠実な対応」を心掛けています。 
また、各JAでも交通事故対応を行いますが、その対応にかかる問い合わせや相談を受けることも大事な仕事の一つです。JAの担当の皆さんと協力しながら一緒に解決を目指し、JA自動車共済のご利用者へ、安心・満足を提供できるよう頑張っています。

企業概要

創業/設立 1951年
本社所在地1 佐賀県佐賀市栄町3-32
本社所在地2 東京都千代田区平河町2-7-9
代表者 佐賀県本部:佐賀県本部長  大串 成幸
全国本部 :代表理事理事長 勝瑞 保
総資産 総資産 55兆8,375億円
総資産=流動資産・固定資産など、
 すべての資産を合算したもの
JA共済連が保有する総資産は、日本の国家予算(一般会計)のおよそ半分。このうち、契約者のみなさまへの共済金などの支払いに備えて積み立てている「共済契約準備金」は51兆524億円です。
また、運用資産は53兆6233億円で、JA共済連は世界有数の機関投資家としても大きな影響力を持っています。運用に当たっては、大半を信用力の高い国債を中心とした有価証券として保有するなど、いかに安全で安定的に収益を確保するかに重点を置いて、中長期的な視点から取り組んでいます。一方で、リスク管理をさらに徹底した機動的な運用を行い、収益性の向上に向けたポートフォリオの改善も図っています。
保有契約高 長期共済保有契約高 273兆6,824億円 (2016年3月)
保有契約高
 =万が一のときにお支払いをお約束している保障額
 =共済金額の合計
たとえば「万が一の保障が1,000万円」の契約だと「1,000万円」が共済金額。それを、どれだけ保有しているか。つまり、JA共済連が、提供している保障の総額。組合員・利用者との“信頼関係”の大きさを示す数字だと考えてもいいでしょう。この数字は、長期共済(共済期間が5年以上の契約で、主に生命総合共済と建物更生共済を指します)の合計。他に「短期共済」「団体共済」などもあります。保有契約高は、共済組織や保険会社の“事業規模”を示す指標の一つ。事業形態が異なるため、生損保各社との単純比較はできませんが、国内トップクラスの数字です。
職員数 佐賀県本部:83名
全国本部:6,084名 (2017年01月現在) 
事業所 全国

採用連絡先

〒840-0803
佐賀県佐賀市栄町3-32
TEL0952-25-5251
管理部 総務課
森田