株式会社アージュの先輩情報

株式会社アージュ

【専門店(総合アパレル)】

アージュを楽しむ人々

恩智 健太郎(2005年入社)

デイリーファッション事業部 商品部 商品一課  チーフ

職種 バイヤー
出身校 広島修道大学
出身学部 人文学部人間関係学科
専攻分野 教育・心理・福祉学系

インタビュー

すべては、お客さまの”笑顔”や”ときめき”のために

  • 婦人服のバイヤーを担当しています。バイヤーとは販売計画を立て店舗の品ぞろえを行い、お客さまに最良の商品をお届けする仕事です。
    具体的には、仕入れ先との打ち合わせ、商品分析や店舗への情報発信などを行っています。
    また、婦人服はトレンドを的確に把握することが必須のため、ライバル店のリサーチやさまざまなメディアを通した情報収集も大事な仕事。
    お客さまに”笑顔”が溢れ、”ときめき”を感じていいただける商品をお届けできるよう、努めています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    若手にチャンスがたくさんあります!!

    元々アパレル小売業に興味があり、就職活動ではさまざまな会社を訪問しました。その中で当社は、4℃グループの一員という安定した環境でありながらも成長期ということで、たくさんチャンスがある企業だと感じていました。採用担当者からも「これから会社を大きくしていこう。そのためにも早くから仕事を任せる。チャンスもたくさんあるし幹部候補生として頑張ってほしい」と言われ、有望視してくださる喜びと、短期間でバイヤーになる夢がかなえられそうな期待感から、当社に入社を決めました。

  • 当社のいいところ

    自分のやりたいことに挑戦できます!

    当社は、自分のアイデアを実行に移せるケースがたくさんあります。もちろん、何でも、ということではありませんが、見込みのあることには「チャレンジしよう。失敗しても次につながる」という考えのもと挑戦させてもらえます。
    これまで、海外出張や店舗でのイベントなど、企画してチャレンジさせてもらえた実績もあります。企画が売り上げにつながったときには、大きな達成感も味わえます。たとえ失敗しても温かくサポートしてもらえるため、だれも委縮することなく、意見やアイデアがどんどん生まれ、社内の雰囲気はいつも明るく活気があります。

  • 仕事のやりがいは・・・

    お客さまの”かわいい”の声に、元気をもらいながら活躍できます。

    店舗で自分が仕入れた商品を見たお客さまから「これかわいい。こっちの服もかわいいよ」と聞こえてきたときにはとてもやりがいを感じます。「それは僕が仕入れたんですよ」と思わず声を掛けてしまいたくなるほど。また、店舗スタッフから「今月入ってきた商品かわいいですね」と言ってもらえたときにも、本当に苦労して仕入れをしてきて良かったと思います。
    そんな”かわいい”が積み重なって、結果予算を達成出来たときには、とても大きな充実感を得ることができますよ。

  • 思い出に残る仕事

    自分が手掛けた商品で失敗。上司の手助けで乗り越えることができました!!

    入社5年目のころ、「今年はこの商品を中心に品揃えしよう」と決めたニットがありました。しかし、その年は暖冬の影響で全く売れず、このままでは店舗や仕入れ先に迷惑を掛けしてしまうことなり、どうすればよいのか悩んでいました。そんな状況を上司に相談したところ、親身になって話を聞いてもらい、解決策を一緒に考えてもらいました。その後何とか計画数量を販売することができましたが、今でも忘れられない思い出です。こうした失敗も大事な経験で、仲間と情報共有し、次の成功につなげています。

  • 今後の目標・将来の夢

    アージュ、業界ナンバー1を目指します!

    総合衣料業界で売上ナンバー1になることが当社の目標です。そのためにも、オリジナル商品の開発を手掛けていきたいですね。
    当社でしか買えない商品を開発することで、認知度を上げて、多店舗化を行い、業界ナンバー1に押し上げていきたいと考えています。
    競合も多いですが、今の当社の勢いであれば絶対可能! もちろん自分一人では出来ないので、メンバーやこれから入社されるみなさんと協力して、これからの当社を創っていきたいです。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 企業人と商談する仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事