株式会社広島三越

株式会社広島三越の企業情報

応募受付終了

株式会社広島三越

【百貨店】

三越伊勢丹グループの百貨店です。

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
この地域になくてはならない存在。そんな店舗づくりを目指しています。

広島三越は昭和48(1973)年に開店し、2013年4月には40周年の節目を迎えました。
これまで育てていただいた感謝の気持ちを胸に、さらに広島になくてはならないお店としてご愛顧いただけるお店づくりを目指しています。地域の中で最も小さな店舗ですが、「上質感溢れる、大人のためのファッションと暮らしのスペシャリティストア」をコンセプトに独自性のある企画を打ち出していくことで、「いつ行っても変化があって楽しいお店」、そんな評価をいただけるようになりました。
 広島三越ならではのネットワークとアンテナで、国内外の話題のモノ・コトを感度高くご提案し、今以上の感動をお客さまにお届けしたい。これが私たちの想いです。

事業戦略
「毎日が、イベント!」それが私たちの合い言葉。

 エントランスを入ればすぐに飛び込んでくる空間ディスプレイ。馴染みのスタイリストとの会話。お買い物だけが目的ではなく、ここで過ごす時間をお客さまに存分に楽しんでいただきたい。「毎日が、イベント!」を合い言葉に、お客さまがフロアを歩くたびに新しい発見があるようなワクワク感をお届けしたい。
 大切なことは、商品であり、イベントであり、店内環境であり、そしてなにより「人」であると私たちは考えます。私たちは日々店頭でお客さまのお声やご要望をお聴きし、情報を集め、全国に足を運び、商品を探します。作り手のこだわりや、熱い想いがお客さまに届いてこそ、感動が生まれると、私たちは信じています。

事業・商品の特徴
新しい時代の話題の発信基地へ。広島の街の賑わいに貢献したい。

「広島三越は、小さいけれど、ほかの百貨店とはちょっと違うね。」私たちは、そんなお声を聞くたびに、「イエス!」とうなずき、胸を張ります。広島の街に、新しい、旬のモノ・コトをお届けすることで、八丁堀の街に足を運んでいただきたい。百貨店定番の物産展も、そんな想いから数々の独自企画が生まれています。
 バレンタインといえば、チョコレート。この既成概念を取り払い、「チョコレートだけでは物足りない。全国の旬の最新スイーツを広島に大集結させて、広島三越を全館スイーツの館にしたい!」と始まったのがスイーツコレクション。毎回新たな企画や発見を盛り込んだ北海道展や、イタリアフェアなどの物産展。
 広島三越では、こういった企画を現場の若手社員が、自ら動いてどんどん形にしていきます。お客さま、お取組み先さま、グループ内のネットワークを駆使して情報を集め、全国の話題のお店などを訪ねて歩き交渉し、実現していきます。連日行列を作ってご来店くださるたくさんのお客さまの笑顔やあたたかいお言葉が何よりの原動力です。
 これからも、お客さまのご要望やご期待を胸に、広島三越ならではの楽しいイベントとおもてなしで、地域になくてはならない、オリジナリティ溢れるお店づくりを目指します。

私たちの仕事

お客さま一人ひとりの想いを受け止め、形にしていく。感動のために日々考え、行動する事。それが私たちの仕事です。

はたらく環境

社風
一人ひとりが、自分に何ができるかを考え抜く。

広島三越は小さいお店だからこそ、身軽で風通しがよいのが強み。アイデアが具体化するまでの「スピード感!」に自信があります。一人ひとりが自分なら何ができるか考え、行動してみる。新人も、ベテランも、自由にアイデアを出し合う風土があります。今日もお客さまから笑顔をいただくためにチームで動く。それが、私たち仲間の最大・究極の目的であり、大きな喜びです。私たちにしかできないことがまだまだある!広島三越は感動と喜びを分かち合う新しい力を、アイデアを、熱い心を求めています。

企業概要

創業/設立 1673(延宝元)年 呉服店「越後屋」創業
1973(昭和48)年 株式会社三越広島店 開店
2010(平成22)年 株式会社広島三越として地域事業会社化
本社所在地 広島市中区胡町5-1
代表者 代表取締役社長 松井 洋文
資本金 5,000万円
売上高 155.4億円(2015年度)
従業員数 約215名(契約社員含) (2017年01月現在) 
子会社・関連会社 株式会社三越伊勢丹ホールディングス
株式会社三越伊勢丹 他
事業所 広島県広島市中区胡町5-1

採用連絡先

〒730-8545
広島市中区胡町5-1
広島三越 採用担当
TEL 082-242-3277
http://www.imhds.co.jp/