エーアイテクノロジー株式会社【AIT】

エーアイテクノロジー株式会社【AIT】の先輩情報

エーアイテクノロジー株式会社【AIT】

【ソフトウエア|情報処理】

社員の声

高原 幸弘

システム開発部  チーフリーダー

職種 システムエンジニア
   
   
専攻分野 情報工系

インタビュー

「最後はインスピレーションで難題を解決する」それがシステム開発の仕事です

  • システム開発にバグはつきものです。もちろん、そんなものはない方がいいに決まっていますが、思わぬところからバグは発生し、エンジニアを悩ませます。

    つい先日も、とあるシステムでバグが発生。すでに本番稼動中だったため、障害として早急な対応が求められることになりました。

    その際、複数名で散々手順や理屈をこねくり回してもどんな操作をすればそのバグがあらわれるのかわからず、全員が途方にくれかけるという事態に…。

    しかし、最後に理屈でもなんでもない思いつきで操作をしてみたところ、ようやくバグの再現に成功!あとはすぐに原因特定から解決までたどり着けました。

    マネジメント中心になってきたこともあってか自分の手で問題解決できた爽快感は大きく、また、ひらめきの大切さを再認識した瞬間でした。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    説明会で感じた社風

    実は就職活動はほとんどしていませんでした。

    技術職には就きたいと思っていたのですが、その前に「実家を出て東京で働きたい」という気持ちがあったので、説明会で感じた社風も良かったこの会社を受けたんです。

    入社してみると、当時まだ会社規模が小さかったためか自分への評価がとてもわかりやすい環境でした。特に自分への良い評価もすぐ耳に入るため「次も頑張ろう」と思えたのは大きかったです。僕はどちらかというと褒められて伸びるタイプなので
    この環境が最適だったということかもしれません。

    もう一つ、地方出身者としては充実した社員寮がある点も良かったです。

    上京したての新社会人としては生活面も仕事のことも不安だらけでしたが、社員寮の地方出身仲間同士で支え合ってこれましたからね(笑)

  • 今後の目標・将来の夢

    試行錯誤する時間を楽しみたい

    私は、3年ほど「生命保険の受付業務をサポートするシステム開発」に携わってきました。

    【システムベンダー → システム開発協力会社 → 当社】
    という体制で、合計100名程度は関わっている案件なのですが、
    私はその中で6名のチームをまとめています。

    プログラム製造工程のレビューやテスト工程の作業計画・管理
    といった、主としてマネジメントタスクを行うのですが、 メンバーが作成したプログラムソースをレビューすると、 毎回のように成長の跡がみられるので、自分も負けていられない気持ちになります。

    現在のプロジェクトはすでに安定しているため、 そろそろメンバーにプロジェクトを引き継ぎながら、私自身、次のステップを模索しています。

    できれば経験したことのない分野のプロジェクトに参加して走り出しの試行錯誤する時間を楽しみたいですね。