福島県信用保証協会

福島県信用保証協会の企業情報

福島県信用保証協会

【その他金融】

     『信用保証』サービスの提供により中小企業の資金円滑化を支援し、
       地域経済の活力ある発展に貢献します。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • CSR活動に積極的

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
中小企業を金融と経営の両面から支援しています!

信用保証協会は「信用保証協会法」に基づいて運営されている公的機関です。
中小企業が金融機関から事業資金を借入する際に、保証協会が保証人となることにより、融資が受けやすくなります。
中小企業の資金繰りの円滑化や経営相談、専門家派遣等の支援メニューを通じ、県内中小企業者の振興と地域経済の活力ある発展に貢献する役割を担っています。

私たちの仕事

私たちの仕事には主に3つの業務があります。

【信用調査・保証審査業務】 
◇中小企業から保証申込を受け、公的機関としてその将来性、資金の必要性、財務内容、経営手腕等を調査・審査する仕事です。
 【経営支援業務】
◇中小企業が抱える経営・金融上の問題に対して、相談・診断・情報提供をする仕事です。 経営相談会の開催や専門家派遣事業、経営改善計画策定支援事業等により、金融と経営の一体的支援に積極的に取り組んでいます。
【債権の管理回収業務】
◇金融機関への返済が困難になってしまった中小企業者に代わって、当協会が金融機関へ返済した貸付金残高の返済について、中小企業者と相談しながら回収する仕事です。


      ***『保証協会』、『信用保証制度』とは?***
◆信用保証協会は、中小企業者が金融機関から事業資金の融資を受ける際に、「公的な保証人」となり、金融の円滑化を図ることを目的として設立された認可法人です。
◆保証協会が保証した融資について、万一、何らかの事情で中小企業者が、借入金を返済できなくなったとき、保証協会は金融機関に対して、中小企業者に代わって支払いをします。(これを「代位弁済」といいます。)
◆代位弁済後、保証協会は、中小企業者と相談しながら返済を受けます。
◆この『信用保証制度』と、保証協会が代位弁済した場合に備えて日本政策公庫に保険をかけている『信用保険制度』を合せて『信用補完制度』といいます。
◆信用保証制度は、世界各国にも同様の制度がありますが、日本の『信用補完制度』は、世界でも類をみない特徴的な制度として発展してきました。
◆信用保証協会は、各都道府県に1つ以上あり、全国で51存在する信用保証協会は、各々の地域に密着し、独立して経営を行っています。
◆全国385万企業の中小企業の内、141万企業に保証協会をご利用いただいでており、その保証額は26兆円(2015年12月現在)となっています。

はたらく環境

職場の雰囲気
皆さんの成長をサポートします。

中小企業を支援することにより、地域社会に貢献したいという意欲をもつ職員が集まった職場です。
新入社員には、先輩職員がリーダーとして1年間しっかりとサポートします。
その他、社内・社外の研修、企業視察研修、通信教育等を通じて新入社員の成長をサポートします。

オフィス紹介
本店は福島駅西口複合施設「コラッセふくしま」。県内は新幹線通勤も可能です。

本店は福島駅西口複合施設「コラッセふくしま」の10階、11階に入居しています。
その他、福島県内に5つの支店があります。
2013年11月に会津支店を新築移転、2014年11月には郡山支店を移転し、快適なオフィス環境となっています。

組織の特徴
地域社会に貢献します。

それぞれの地域での清掃活動や献血への協力などを通じて、地域社会に貢献しています。

企業概要

創業/設立 1949年設立
本社所在地 福島県福島市三河南町1-20 コラッセふくしま10階、11階
代表者 会長 村田 文雄
基本財産 219億
保証債務高 3,634億5,510万円(平成27年度)
職員数 91名(男性73名 女性18名)

*職員平均年齢 41.9才
*職員平均勤続年数19.9年 (2016年04月現在) 
事業所 1:本店(福島市三河南町1番20号 コラッセふくしま10階、11階)
2:郡山支店(郡山市清水台1丁目3番8号 郡山商工会議所会館3階)
3:白河支店(白河市道場小路96番地5 白河商工会議所会館2階)
4:会津支店(会津若松市南千石町2番19号)
5:いわき支店(いわき市平字材木町3番地の1)
6:相双支店(南相馬市原町区本町1丁目3番地)

採用連絡先

〒960-8053 福島市三河南町1-20
福島県信用保証協会 総務企画課(採用担当:杉山、半澤)
TEL 024-526-2331