テクバン株式会社の先輩情報

テクバン株式会社

【情報サービス|情報処理|ソフトウエア】

テクバンで活躍する先輩をご紹介します!

Y・Y(2008年入社)

マネージドサービス部 インフラエンジニア  

職種 ネットワークエンジニア
   
出身学部 生物資源科学部/植物資源科学部
専攻分野 その他理系

インタビュー

システム開発に伴う様々な作業をマルチにこなす!

  • パッケージ集配信システムの更改案件の移行担当として、システムのモジュールリリースや、ユーザデータの移行を行っています。移行を行う中でお客様の要望のヒアリングや、スケジュール調整等、技術以外のことも行っています。
    以前はインフラ運用担当として働いていたので、アプリケーション担当としては初めての作業が多いです。慣れない作業に戸惑うこともありますが、学ぶことが多く、自身でもスキルが身についていることを実感し、喜びを感じます。
    担当者として、利用するお客様の前へ出ることにより、プレッシャーもありますが、責任感と自信がより一層高まりました。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    テクバンに、目標となる人がいると感じられたから

    就職活動の際、興味を持ったらまずは説明会へ行き、企業を肌で感じるようにしてきました。
    テクバンへ入社したいと強く希望する契機となったのは、会社説明会で感じた、とても気持ちの良い社員の方々の雰囲気でした。幸か不幸か、会社説明会は、人事担当の方と一対一でした。
    大学では、IT業界とは縁遠い学科を専攻していたため、もちろん知識はゼロでした。
    そんな私に、分かりやすく会社や業務の説明をしてくださり、他の説明会では味わった事の無い感覚でした。
    こんなにも素敵な方がいるなら、素敵な会社に違いない!ここで働けたら、幸せになれると確信しました。実際に入社してみて、間違いではなかったと思います。
    毎日苦労は尽きませんが、上司や先輩、同期にも恵まれ幸せな日々を送っています。

  • こんなときに成長を実感!

    お客様や仲間から認められ、自分自身が強くなった瞬間を体感しました

    入社3年目、法人様向けシステムの運用・保守担当をしていた際、運用改善を行いました。運用改善の対象となった一つがストレージの容量圧迫問題でした。過度のデータ保存による容量不足でアラートが上がることもしばしば。そこで、各ユーザ部署単位に急激な容量使用があった際、注意を促せるよう容量監視Shellを作成しました。その結果、容量不足でアラートが上がる頻度が低下しました。
    Shellの仕様を提案し、処理構成を考え作り上げることは、当時の私にとって大仕事でした。しかし、日々厳しかったリーダから「ここには本当のエンジニアの集団が居るんだね」、と褒めて頂き、更にユーザ様から「運用が楽になる、ありがとう」と仰って頂いた時、涙が出るほど嬉しかったことを覚えています。

  • メッセージ&アドバイス

    先輩からの就職活動アドバイス!

    夢の職業を目指すことは大切なことですが、職種にとらわれず、ちょっと気になった企業の扉を叩いてみる勇気は、もっと大切だと思います。その企業へ出向き、社員の方と接し会社の雰囲気を感じることで、働きたいという意欲が湧いてくるものです。
    自身の直感を信じ、こだわりや固定観念を一度捨て、多くの可能性を試してみてください。思わぬところに、将来の自身の居場所を見つけられるかもしれません。

仕事の特徴

  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 周りの人をサポートする仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事