株式会社アークテック

株式会社アークテックのキャリタス限定情報

株式会社アークテック

【ソフトウエア|通信機器・コンピューター・オフィス機器|コンサルタント】


社長自らが語る。アークテックだけが持つ、特別なビジョンとは…
アークテックは、時代を先見する眼差しと進取の精神で新たな市場を創造し、常に「先手必勝」のビジネスモデルを築いてきた。そんな企業を支えてきた秘密について、社長自身に語ってもらった。
健診システムとプロフェッショナルサービス二本の揺るぎない事業支柱を掲げて…。
当社を支える屋台骨のひとつは「健診データ収集システム開発・販売」事業です。これは旧来手書されていた健診票に対して、各種測定機器からそのまま数値データを収集・蓄積することで、転記間違えや検査漏れなどの人為的ミスを排除。手間や時間、コストを削減しながら効率的で精度の高い運用を実現し、受診者の待ち時間短縮など顧客満足の向上にも貢献するものです。すなわち、忙殺される健診センターの「こんなことができたら…」という願いを形にした製品です。私たちは、今まで世の中に存在していなかった「健診データ収集システム」という新たな市場を自ら創造し、先行者として牽引してきたことで圧倒的な強みを発揮しているのです。
そしてもう一方の柱は、PMO(Project Management Office)代行・支援やソフトウェア品質管理業務など、益々複雑化とスピードアップが要求されるシステム企画・開発を支援し、プロジェクトを成功に導くプロフェッショナルサービスです。これは、一層激化する国際競合の中で、無用のコスト競争を招くだけの下流工程は海外へのオフショア化を図り、私たちは「マネジメントとコントロール」という超上流工程に特化し、より専門性と生産性の高い業務を担おうというものです。ここには豊富な経験と知見が求められ、「システムエンジニア35歳定年説」とは逆に、40代、50代と年齢を重ねるからこそ得られる経験を活かして活躍できる土壌を築きました。

他に先駆けたブレイクスルーで強固な企業基盤形成を実現
継続的な世界経済危機を生んだリーマンショックや、それに追い打ちをかけるように発生した東日本大震災の中で、製造業や流通業をはじめとする多くの企業では、攻勢的な投資を行うことが難しくなりました。その中でシステム業界も受注を減らし、全体的な衰退を余儀なくされたのです。一方アークテックは、比較的景気変動の影響を受けにくい健診ビジネスに軸足をおいていたために、従前の事業活動を継続することができました。
そこで、いち早く新たなビジネス展開・転換に舵を切り、もう一本の柱であるプロフェッショナルサービス事業を立ち上げたのです。ここにおいて、新たなオフショア先としてのヴェトナムなどに着目しながら、先ほど申し上げた超上流工程へのシフトチェンジを断行。この分野でも先行者としての優位なポジションを確保したのです。まさに、技術力と営業力の両面から、自らを強い組織に鍛え上げることができたものと自負しています。

会社の発展に自己の成長を重ね合わせて新たな取り組みが発動。更に加速・シャンプを図る!
2016年度よりスタートした新中期経営計画では「日本のIoTを牽引するリーディングカンパニーになる」を中核ビジョンに全社一丸となって新たな取り組みを開始しました。
IoT技術の基本であるM2M(Machine to machine)は健診データ収集システムを提供しているアークテックの最も得意な領域です。ここ数年は、ロボット、ビッグデータ、クラウドそして情報セキュリティに関する要素技術についてもノウハウを蓄積していますし、プロジェクト管理と品質管理のサービスを融合することでビジネスの可能性が大きく広がります。この取り組みの一環として「IoT検定」のスポンサーとなり、様々なジャンルのパートナーともビジネス連携を図ろうとしています。
当社のエンジニアは情報処理系の学部・学科以外の出身者も多く在籍していますが、新入社員は出身学部や技術的背景にかかわらず、独自のキャリアパスと外部教育機関などを活用した実戦的な教育体系によって、新人研修機関で情報処理系の学部レベルのシステム構築スキルを習得しています。また、中堅社員やリーダークラス研修など、きめ細かな階層教育を用意し、社員の成長を全力で支援しています。2016年度は技術職・営業職の垣根を越えて全員がIoTに関する研修プログラムを受講しました。プロとしてビジネスに取り組むには常に最新の情報と技術スキルが重要になります。組織として、個人として常に重要なのは「たゆまない成長への取り組み」だと考えます。
学生の皆さんは近視眼的なトレンドや曖昧な情報に惑わされることなく、自らが進むべき道を再度足下から見直し、「自分にとって良い会社」とは何なのかをしっかりと見定めた就職活動をしていただきたいと思います。

代表取締役 喜多 一
大学時代はスペイン語会話クラブに所属し、ドラマや弁論大会等で活躍。自身の就活は、語学スキルを活かせる職場をメインに活動。アークテック入社前は、国際コンベンションのプロデュースや広告の企画・制作プロデュースを担当。20代前半より情報システム担当を兼務、自社の情報システムに留まらずITを活用した製品・サービスを企画・開発・商品化。
30代後半で広告プロダクションの取締役に就任。その後、知人が立ち上げたITベンチャーの副社長として開発、海外製品の国内導入、技術教育、新規事業開発に従事。2009年アークテック入社後、2015年に代表取締役就任。日本コンベンション事業協会(現・日本コンベンション協会)幹事長、基準化・標準化委員会会員、EC研究会顧問幹事・オンラインショッピング大賞選考委員・モバイルコマースグランプリ選考委員等を歴任。