Sky株式会社のキャリタス限定情報

Sky株式会社

【ソフトウエア|情報処理|情報サービス】

Working Motherとしてのキャリア これからどんな風に働いていきたいのか、先輩の働き方から考えてみましょう。

Profile

田邊 あゆさん
(2013年入社)

管理部 総務課

清泉女子大学 文学部卒業
2013年4月 新卒入社
大阪本社での研修を経て、東京支社・管理部 総務課に配属。

2015年8月 産休および育児休業を取得

2016年6月 復職
出産前から引き続き、総務業務全般を担当。新入社員教育や後輩の指導にも携わる。

私の仕事

仕事と育児の好サイクルによる充実した日々

入社以来、管理部の総務課に所属しています。社員の勤怠管理や、社会保険・福利厚生に関する諸対応、会社行事の運営、慶弔関係、新人教育といった幅広い業務を担当しています。
2015年に出産、翌年に復職し、現在は短時間勤務制度を活用し、仕事と子育てを両立しています。ただ、会社が急成長のステージの最中に10ヵ月休職したことで、復職の際は不安がありました。また復職当初は、子どもの体調不良等での突発的なお休み・早退もしばしばで、同僚たちに申し訳なく感じることも多かったです。
そんな時に、「そこまで気にしなくて大丈夫。田邊さんの子どもが大きくなったら、その時は田邊さんが他のスタッフの育児をフォローすればいいの」と声をかけてくれた先輩がいたんです。その言葉でとても気持ちが楽になって、出産する前よりも充実して働けるようになりました。会社で仕事モードのときは、子育てとは違ったやりがいを得られますし、逆に仕事を終えてから子どもと過ごす時間が、仕事の疲れをリフレッシュしてくれる。良いサイクルで日々を過ごせていると感じます。

総務業務は、社員が安心して働ける環境づくりに欠かせません。やりがいのある仕事です。
情報共有が盛んな社風なので、時短勤務をしても安心して業務に取り組むことができています。

Time Schedule

6:00
起床。自分の身じたく、お弁当の用意など。
6:45
子ども(1歳)を起こして朝食を食べさせ、出かける準備。
7:15
家を出て保育園へ。7:30の開園時間に子どもを預けます。
8:30
出社。メールチェックや業務の確認など。
9:00
始業。電話や来客対応、社員からの問い合わせへの対応など、日によって業務はさまざまです。
11:45
ランチ休憩。お昼は持参したお弁当。郵便物の回収なども行います。
16:30
時短勤務により終業。子どもを迎えに保育園に向かいます。
17:45
保育園着。子どもの姿が見えて、自分の方に駆け寄ってくるひとときを、とても大切に思っています。
18:00
帰宅し、子どもに夕食を食べさせてから、自分と夫も食事。
20:00
子どもを寝かしつけてから、家事と翌日の準備。23時には床につきます。

子育て支援ファイル

当社では、仕事好きがイキイキ働けるための制度として「産前休暇(42日)」「産後休暇(56日)」、出産日から1年間の「育児休業(保育園の入園状況により1歳半まで延長可)」に加えて、妊娠中~就学前の期間は「時短勤務制度」を利用できます。また、その他の働きやすい環境制度導入の検討も進めております。こうした育児支援制度が用意されているだけでなく、実際に利用している社員が多いのが当社の特長です。