株式会社シーズ・ラボ

株式会社シーズ・ラボの企業情報

株式会社シーズ・ラボ

【ソフトウエア|情報処理】

株式会社シーズ・ラボは、スマホ向けナビアプリ開発・カーナビ向け地図データベース開発・カーナビアプリ開発をしています。
データベース開発対応国は北米・欧州中心に70カ国以上。
世界的企業アルパイン株式会社様のビジネスパートナーとして、私たちが開発した地図データおよびアプリケーションが、世界各地で市販製品もしくは有名自動車メーカーの純正カーナビに採用されています。
また最近では、カーナビゲーション開発の技術力を活かし、次世代ITSの研究開発や自動運転の技術開発も取り組んでいます。

Creative, Courageous & Challenging!
「C」がたくさんある技術者集団、それがシーズ・ラボです。
私たちは、世界の道と人を繋ぐITソリューションカンパニーとして、創造・勇気・挑戦…3つのココロザシを掲げ、北海道・札幌から世界へむけて、常に新しい技術を発信しています。

  • 過去10年赤字決算なし

  • 無借金経営

  • 実力と成果を重視

  • 自己資本比率40%以上

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
世界の道へ、そして未来の道へ。さぁ、一緒に世界の道を行こう!

シーズ・ラボの本社は、北海道・札幌なのですが場所にとらわれることなく、エンジニア達は常に世界に向けて仕事をしています。

100%メーカー直の開発体制で、下請け開発・派遣開発ではありません。スキルによっては、ビジネスパートナーのアルパイン様と共にメーカーの開発チームとして仕事をして頂くことになりますので、国内外の有名自動車メーカーなどのお客様とエキサイティングなやり取りも味わうことができます。

また、自分が担当した製品が世界中に出て行くのを目の当たりにできる環境なので、頑張ってよかったと実感できる仕事です。モノづくりの醍醐味を味わえますよ。達成感とやりがいがあります。

企業理念
未来に種(シーズ)を撒く技術研究所であれ。

私たちシーズ・ラボのココロザシ(夢)は3つ。

1.自分達が生活している地域社会に貢献できる存在になろう。
2.得意技術を磨き上げて日本中に、そして世界中に発信できる企業になろう。
3.企業は人なり。国際化社会にふさわしい心豊かな人間集団になろう。

このココロザシ(夢)を掲げて今年で26周年となりました。

創立10周年を記念してスタートした、夏休みと冬休みに行われる無料の子供向けIT教室。
地域の子供たちにプログラミングの楽しさを知ってもらおうと企画・実行して今年で15年目になります。
また、札幌の夏の夜に行われるカルチャーナイト(※1)にも、パソコンを使った子供向けコンテンツを企画し第1回目より参加しています。
その他、地域の清掃活動や、東日本大震災の被災地へのボランティア、募金活動など積極的に続けている活動などもあります。
大きなことはできないかもしれません。でも、自分達が生活している地域社会に貢献できる存在になりたくて信じた道をコツコツと進む。社会貢献とは「瞬間」ではなく「継続」であり、シーズ・ラボでは「特別なこと」ではなく「当たり前の文化」として根付いています。


そして、世界中に得意分野を発信できる企業になるためにシーズ・ラボは色んなことにチャレンジしています。

例えば、世界最大のエレクトロニクスショー「International CES(※2)」への参加。
もともと語学研修の一環として始まった「International CES」への視察は、毎年最新の技術に触れることができるイベントでエンジニアにはエキサイティングな世界です。
その最新の場所で自分たちの技術力をアピールをするため、2013年から2016年は「International CES」へ出展しています。視察だけではなく、出展者として参加することにより、エンジニアには、最新技術の世界感をより肌で感じることができます。
また、業務時間中に外部より講師を招いて英会話レッスンをするなど、仕事柄、英語が必須となるシーズ・ラボでは社員全員に対し英会話のフォロー体制が万全です。
そして、海外研修や海外の視察など、エンジニアとしての技術研修だけではなく異文化に触れる機会を推奨しています。国際化社会にふさわしい心豊かな人間集団になるために広域でスキルアップできる環境があります。

私たちシーズ・ラボはココロザシ(夢)のもと、常に新しい挑戦をし続けています。


※1「カルチャーナイト」とは。
カルチャーナイトは、北欧発祥で、警察や裁判所などの公共施設や、動物園などの文化施設、テレビ局などの民間施設を夜間開放し、市民が地域の文化を楽しむ行事です。
   
※2「International CES」とは。
コンシューマー・エレクトロニクス・ショー (Consumer Electronics Show, CES) は、毎年1月全米家電協会 (CEA) が主催し、ネバダ州ラスベガスで開催されます。通称「CES」(セス)。
家電・情報・通信・エレクトロニクスに関する総合展示会であり、2000社を超える参加企業と10万人を超える来場者を数えるアメリカ最大にして世界最大級の展示会です。

事業・商品の特徴
カーナビの先の世界へ。

世界的企業「アルパイン株式会社」様のビジネスパートナーとして、市販製品や国内外の有名自動車メーカーの純正ナビとして採用。
また、カーナビ開発の技術力を活かし、自動運転を実現するためになくてはならない位置推定技術や、車の周辺状況を把握するセンシング技術など、次世代技術の開発を行っています。

私たちの仕事

世界各国のカーナビ用データ及びアプリケーションの開発、スマートフォン用ナビアプリケーションの開発を行います。
シーズ・ラボが手掛けるナビデータ、カーナビゲーションシステム、ナビアプリの供給対象国は世界70カ国以上。業務の90%が海外向けです。世界的企業「アルパイン株式会社」や、国内外の大手自動車メーカーを顧客にもち、国内だけではなく世界に向けてグローバルな環境で仕事をすることができます。

最近では、カーナビ開発の技術力を生かして、次世代ITSの研究開発や自動運転の技術開発も行っています。

※具体的には
◇カーナビ用データベース・・・作成に必要なシステム開発および運用 
◇カーナビ用アプリケーション・・・基本機能、付加機能の開発 
◇スマートフォン・携帯端末向けアプリケーション・・・ナビゲーションソフトの開発 など。

はたらく環境

職場の雰囲気
良い仕事は、良い開発環境から。

シーズ・ラボは、大きなフロアで仕事をしています。各自のデスクスペースはパーテーション等で仕切られているので、自分の開発作業に没頭できる環境が整っています。すぐ隣には先輩社員やチームのメンバーがいるので、必要に応じて、報告・連絡・相談もスムースに行えます。

また、毎日デイリーミーティング(進捗確認)を行うのでフリースペースや会議室が充実しています。ワイワイ・ガヤガヤ日々の仕事を行っています。

オフィス内には、共用の休憩スペースも完備。開発作業ばかりに集中していると時間の経過を忘れがちですが、コーヒーやジュースの種類が豊富な自動販売機がスペース内にあり、ここでちょっと息抜きをするだけで気分もリフレッシュすることができます。また、業務に関連する書籍はもちろん、業務に関連しない本も豊富なシーズ文庫(※)があり、発想力の源に一役買っています。

※創立15周年時、社員に欲しい書籍のアンケートを取り揃えた文庫です。

働く仲間
仕事以外でも盛り上がります!

運動不足なイメージのSE。
でも、実はシーズ・ラボはアクティブな人が多いのです。
社外活動でボーリング大会があったり、サークル活動では、ゴルフ・テニスなどスポーツ系のイベントが多いです。

その他、楽器が出来る人が多いのも特徴です。ピアノ、ギター、バイオリン・・・レア率が高い楽器としてはコントラファゴット使いがいます。いつかビックバンドが出来たらよいなと密かに計画中です。

企業概要

創業/設立 1991年2月 設立
本社所在地 札幌市中央区北1条西7丁目3番 北一条第一生命ビル 7F
代表者 代表取締役会長 山田二郎
代表取締役社長 湯浅俊彦
資本金 7,898万円
売上高 10億6620万円(2017年3月期)
従業員数 93名 (2017年06月現在) 
主要取引先 アルパイン株式会社
株式会社ゼンリンデータコム
株式会社JVCケンウッド
ほか
事業所 ■東京オフィス:東京都品川区
■いわきオフィス:福島県いわき市

採用連絡先

〒060-0001
札幌市中央区北1条西7丁目3番 北一条 第一生命ビル7F
株式会社シーズ・ラボ リクルート担当 佐藤
TEL:011-233-3820
mail:jinji@cslab.co.jp