平和商事株式会社【ACT(アクト)/チェゴヤ】

平和商事株式会社【ACT(アクト)/チェゴヤ】の企業情報

平和商事株式会社【ACT(アクト)/チェゴヤ】

【フードサービス|アミューズメントパーク|パチンコ・パチスロ】

~人間味あふれる企業でありたい~

平和商事は1951年の創業以来、「社会性」(地域密着型の事業展開)、「教育性」(従事するスタッフがプライドを持って自己実現できる)、「存続発展」(未来に向かう事業を永遠のテーマとする)の三つを基本方針として事業展開を進めてきました。その原点は、私たちを取り囲むすべての環境に対する感謝の気持ち。お客様に満足していただけるサービスを提供するために、私たちは人と人との熱い心が通いあう組織づくりを目指しています。一人ひとりが夢を持ち、自己実現と社会奉仕の精神を育んでいくことができる。建物、設備、システム、組織にもお客様をおもてなしするという心がこめられています。

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

  • 20歳代の管理職実績

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
★2017年も積極的に事業展開していきます!★

平和商事は、滋賀県を地盤に複合アミューズメント施設「ACT」を展開し、地域のお客様に「安心・快適・楽しさ」を提供してきました。
2014年にチェゴヤ事業を開始し、韓国家庭料理「チェゴヤ」を全国に店舗展開。2015年には東京本社を発足させ着実にリサーチを行い、2016年7月、当社の長年の目標であるアミューズメント事業での関東進出を果たしました。
経営方針として「人材教育」に最も大きな力を注ぎ、多数の優秀な社員を輩出。現在の企業基盤を作り上げました。また、層の厚い管理職は、自分たちに続く若手をしっかりと育て、引き上げ、事業拡大・店舗網拡大に向けた準備をどんどん推し進めてくれています。
今後も私たちは地に足をつけならがも、積極的に事業展開していきます。

企業理念
Humanism & Heartware

私たちは、熱い心が通じあう人間集団として、建物も、設備も、システムも、組織も、そんな熱い心から生まれた人間味あふれたものでありたいと考えています。

事業戦略
常に「安心・快適・楽しさ」を追求する組織で在り続けます

お客様に「安心・快適・楽しさ」を提供できる「遊と食」の一大アミューズメント施設を展開するACTプロジェクトと温かい料理と、元気な笑顔をお届けする韓国家庭料理「チェゴヤ」を展開するチェゴヤ事業。これらを積極的に推進してその存在意義を発揮し、会社存続発展の基盤をより強固にするためには的確な経営スタイルとそれを運営する優秀な人材が必要です。能力のある者には権限委譲をして大胆に任せることでコーポ―レートガバナンスが効率的になる「ユニット経営」という経営スタイルと、「自分自身の育つ力」「上司の育てる力」「会社の育む力」が相互に作用して人が育つ「協育制度」という人材育成システムで、事業領域を拡げるとともに、これら「ACTプロジェクト」「チェゴヤ事業」「ユニット経営」「協育制度」という平和商事のオリジナリティを今後もさらに進化させ、ただ事業領域を拡げるのではなく、一人ひとりのお客様のご要望にお応えし、さらには提案・発信する事業の確立を追求していきたいと考えています。

私たちの仕事

1.アミューズメント事業
<パチンコ、ボウリング、ゲームセンター、カラオケ、インターネットカフェ>

2.外食事業
<レストラン、フードコート、ワゴンサービス>

3.チェゴヤ事業
<韓国家庭料理「チェゴヤ」>

はたらく環境

社風
「ありがとう」と言われるこころ、言うこころ

お客様、お取引先、地域の方々、上司、部下、先輩、後輩、そして社会、時代、自然…。私たちを取り巻くすべてのおかげで、私たちの仕事が成り立ち私たち一人ひとりの人生が成り立っています。
感謝の心が、私たちの原点です。

職場の雰囲気
上司がONE TO ONEで基礎からきっちりと指導します

当社では、入社後すぐに店舗運営に携わることができます。まずは、マネジメントの基本である接客サービスを中心に、ホスピタリティの心を身に付けます。お客様を前に実務形式で行う「O.J.T研修」は担当上司からONE TO ONE指導によって進められ、座学や講義形式で行う「Off.J.T研修」は人材育成委員会で作成されたマニュアルをもとに研修を行います。P&Mアカデミーでは接客サービスの基本から経営管理までを学び、スキルを高めていきます。
仕事に関わる相談事や業務改善の提案、店舗経営の新企画などを、いつでも上司に提案できる環境です。上司は日常の業務や面談を通じて部下の状態を適正に理解し、新しい技術や知識の継承を目指していきます。

働く仲間
社員同士の仲が良く、よく遊んでいます

職業柄か、”楽しむ”ことへのこだわりは人一倍強く、「働くときは働く、遊ぶときは遊ぶ」を徹底している人が多いです。
フットサル、釣り、ゴルフなどを通して、社員同士、横のつながりもあり、社内ではバーベキューや忘年会などの催しも活発です。また、休日も仲良くしている社員が多く、食事や飲みに行ったり、遊びに行くことも多いです。本気で遊ぶことがきっかけで、店舗運営のより良いアイデアが出たり、お客様目線での気づきを得たりすることもあります。

企業概要

創業/設立 創業:1951年
設立:1977年
本社所在地 <京都本社>
〒600-8441 
京都市下京区新町通四条下ル東側 CUBE西烏丸2階
代表者 代表取締役社長 金田 泰明
従業員数 809名 (2016年06月現在) 
子会社・関連会社 ●(株)平和商事グループ
●(株)平和商事ヒューマン
● 守山観光開発(株)
●(株)チェゴヤ
●(株)平和コーポレーション
事業所 ◎ACT(アクト)
<滋賀県>
● 草津
● 守山
● 水口
● 堅田 
● 近江八幡
● 五個荘
● 愛知川
● 長浜
● 能登川

<群馬県>
● 倉賀野

◎韓国家庭料理「チェゴヤ」
<東京都>
● 六本木一丁目ティーキューブ店
● 晴海トリトンスクエア店
● 深川ギャザリア店
● ゲートシティ大崎店
● 赤羽店
● 町田東急ツインズ店 

<神奈川県>
● 東急百貨店たまプラーザ店 
● 京急上大岡店 

<千葉県> 
● WBG海浜幕張店

<北海道> 
● 札幌東急店
ACTプロジェクト ~お客様の「安心」「快適」「楽しい」を追求~

ACTプロジェクトではパチンコ、ボウリング、ゲームセンター、カラオケ、インターネットカフェのアミューズメント事業と、レストラン、フードコート、ワゴンサービスの外食事業を融合させた「複合アミューズメント施設」をお子様からお年寄りまで女性も男性もすべてのお客様に提供しています。 
その時その時のお客様の目的や気分、状況に応じて、いくつもの遊び・色々な楽しみを提供できる空間、それが「ACT(Amusement Complex Terminal)」(アクト)です。 
「ACT」はお客様にご支持を頂き、ここ数年で滋賀県全域へと広がり、2016年7月には関東1号店を群馬県の倉賀野に出店しました。 
美しくデザインされた外観、広々としたホール、現代感覚あふれる内装・・・ それぞれの店舗が独自のコンセプトを持ち、それぞれに異なった業態で展開していますが、常にお客様に期待以上の価値を提供しようと進化しています。 
ACTプロジェクトの目的は、お客様への「安心」「快適」「楽しい」の追求です。当社が目指しているのはオンリーワンとしての存在価値。今後も「ACT」は絶えず新しい楽しさを、マネジャー中心に全社員で考え、追求し、発信していきます。
チェゴヤ事業 ~全国で展開する韓国家庭料理店~

チェゴヤ事業では、韓国料理で定番の焼肉でもなければ高級宮廷料理でもない、オンリーワンの家庭料理を提供しています。社員は、アットホームな雰囲気で食事を楽しんでいただけるよう、「自分の家へお客様を招く」気持ちでのサービスを心掛けています。
また、120種類以上におよぶメニュー全てを、食材選び、仕込みから調理まで各店舗で行い、本場の韓国家庭料理の味を実現しています。さらに、辛みの調節など、お客様の細やかなオーダーにも柔軟に対応できるのも強みです。
現在、全国にFC店舗を含め16店舗展開しています。今後も新規出店を行い、全国の皆様に温かい料理と、元気な笑顔をお届けしてまいります。
ユニット経営 ~社員一人ひとりが店舗経営に参加する自主責任経営~

平和商事の経営スタイルは、オリジナルの経営方式である「ユニット経営」です。 本社や統括本部が店舗経営を行うのではなく、社員一人ひとりが経営に参加し、積極的に店舗運営に携わる自主責任経営を行っています。
ユニット経営では各店舗・部門をひとつの経営単位として、ユニットごとに、目的、目標、方針を決定し、目標達成に向けた組織作りや、計画、スケジュールの立案を行い、それに沿って実行します。実行後、成果を検証し次の計画に生かします。これが、ユニットの経営サイクルです。ユニットごとに定めたこの経営サイクルを社員は正確に理解し、詳細を企画・検討し実行します。
ユニット経営では、月1回「ユニット会議」が開かれ、イベント企画や、店内ポスター、POP、販促チラシ、DM、改善提案など、入社1年目の社員からマネジャーまで全員が会議の場で話し合います。
お客様の意見や要望に、スピーディーかつ正確にお応えするために、社員一人ひとりが経営感覚を持って、意見を出し合い、思いや考えを反映させることでやりがいのある仕事を自らつくり出しています。
協育制度 ~教育はすべての業務に優先する~

『教育はすべての業務に優先する』それが、平和商事の人材育成方針です。
当社の「協育制度」は、【育つ力(自分の力)】【育てる力(上司の力)】【育む力(会社の力)】三つの力が相互作用して人は育つことができるという考えのもと、教育を受ける側だけでなく、教育をする側も教えることで、自らを高め成長させる仕組みです。一方的に教えるのではなく、人は協力して育て、育つものである。 そんな考え方を表しているが、この「協育」という言葉です。 
「協育制度」を通じて、社会情勢や環境変化に対応できる、真のマネジャーとしての成長が期待できます。社員は、環境に依存せず、自らの成長を考え、愚直にものごとに取り組む力が必要とされます。

採用連絡先

〒600-8441
京都市下京区新町通四条下ル東側 CUBE西烏丸2階
採用チーム
TEL:075-352-8739
E-mail:heiwashoji-saiyo@heiwa-grp.jp
URL:http://www.heiwa.ne.jp/