株式会社竹中土木

株式会社竹中土木の先輩情報

株式会社竹中土木

【建設|建設コンサルタント|不動産】

技術系社員

山本 隆士(2007年入社)

九州支店 直轄作業所  

職種 施工管理
   
出身学部 理工学部 都市工学科
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

施工管理として、現場をみんなと造り上げていきます

  • 現在は、「ニューマチックケーソン」という工法で海のなかに橋脚を造る仕事に従事しています。施工管理として、各協力会社と打合せしながら現場を滞りなく進めるのが担当業務…そのなかで問題が発生しそうな事象や場所を発注者と事前に協議したり、施工段階毎に確認をしてもらうなどしながら日々業務に励んでいます。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    父の影響を受け、幼いころから興味がありました

    祖父・父・兄が建設業に携わっていたこと、そしてなにより、父親がどのような仕事をしていたのか幼い頃から興味がありました。そのような中で大学は迷わず建設業を選択…建設業に絞って就職活動しました。正直、就職活動は苦戦しましたが、ようやく合格できたのが竹中土木でした。今は忙しい中にも充実した毎日で、入社できて良かったなと感じています。
    昔から感じていた事なのですが、作業服姿で暑い日も寒い日も…昼も夜も働いている建設業関係者は格好いい!… これって自分だけでしょうか(笑)。
    一つのプロジェクトを成功させるために「現場が一つのチームとなってモノを造る」…土木の仕事って面白いですよ。是非お勧めします。

  • 思い出に残る仕事

    作業所長から言われた「ありがとう」の一言が忘れられません

    以前の現場で、工期内に終わらせることがとても厳しい状況になった工事がありました。困難な状況ではありましたが、現場で一致団結しみんなで頑張った結果、半年間で工期内竣工を迎えることができました。竣工の際、作業所長から「付いて来てくれてありがとう。」と言ってもらいました。何気ない「ありがとう」でしたが、体力的にも大変な現場でしたので、竣工したときは感動し、その一言が今でも忘れられません。

  • メッセージ&アドバイス

    まずは「目標」を明確に持とう!

    「目標を持つこと」が何より大切であると思います。まずは、「この会社に入社したい」という強い想い。
    入社した後は部長になる…とか、そういうもので構わないと思います。達成したら次の目標を設定…常に前を向いて前進し続けることが大切だと思います。
    建設業は「きつい」というイメージがあるかもしれませんが、現時点の私が言えることはどの業界、どの職種も「きつい」ことは同様です。やり始めたら続けること…それこそがみなさんの財産になると思いますよ。

仕事の特徴

  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 人との出会いが多い仕事
  • カラダを動かす仕事