ヤマハサウンドシステム株式会社

ヤマハサウンドシステム株式会社のキャリタス限定情報

ヤマハサウンドシステム株式会社

【その他電子・電気機器】

キャリタス理系学生

企業メッセージ

ヤマハサウンドシステム株式会社は、電気音響設備専門のエンジニアリング会社として、常に理想的な音響空間の創造を推進。劇場や公共ホール、コンサートホール、アリーナ・体育館、学校の講堂、コンベンションホールなどの商業施設の音響設備において、確かな施工実績を築いています。

ロームシアター京都メインホール

音響空間づくりのプロフェッショナルとして

私たちは、劇場やホールのご要望を伺った上で、現状の調査、システム提案、設計、施工、検査・調整、さらにその後のアフターケアまで、一貫した流れの中で「良い音」を実現するためのシステムや機器を提供し続けています。グローバルな視点で、YAMAHA製品はもとより、顧客ニーズに即したさまざまな機器を世界中から吟味して採用、あるいは音響特性や使用目的に適した機材を社内で開発という事を行います。常に「音響空間づくりのプロフェッショナル」として、施設の用途やお客様ニーズに最適なシステムを提供しています。そんな姿勢が、ヤマハサウンドシステムのプライドであり、仕事のやりがいの源泉ともなっているのです。

ロームシアター京都メインホール音響室

自立化と戦力化を進め、プロジェクトマネージャーへ!

若い人材が、早期戦力化や自立化、能力開発を図る最大の機会は、劇場やホールの施工現場における実体験です。当社では、高度な知識やノウハウ、豊かな経験が求められるこの仕事の中で、若手を早い時期にプロフェッショナルに育てていくために、先輩について現場で学ぶ成長教育を中心としたキャリアプランを進めています。施工部門においては、その後、さらに指導的役割を担って、現場におけるコミュニケーション能力やプロジェクト管理能力を磨き、「主任技術者」、「監理技術者(電気通信工事)」の資格取得を目指します(この資格は、電気通信事業を行うにあたり必須の資格で、特に電気、電子、通信を履修する指定学科卒業の方は、資格取得に必要な実務経験が大幅に短縮されます)。取得後は、プロジェクトリーダーとして大きな案件を任され、若くして自身でプロジェクトを牽引していく様になったり、他部門へ異動してキャリアアップを図ったりしていきます。

キャリタス理系学生 TOPへ