株式会社アルクの先輩情報

株式会社アルク

【ソフトウエア|情報処理】

先輩情報

加藤信生(2007年入社)

システム1部  主任

職種 システムエンジニア
出身校 関西大学
出身学部 文学部ドイツ文学科
専攻分野 文学系

インタビュー

様々なシステムの開発に携わっています

  • 様々なシステムの開発に携わっています。
    現在は通信系システムの設計を行っていますが、その前は公共系、製造系システムの要件定義~保守まで、幅広くやっていました。
    システム開発を行うには、IT技術のみでは良いものは作れません。お客様の業務に関する知識や、要望を汲み取るコミュニケーション能力等、様々な能力が必要となってきます。
    当然、私も上記全ての能力がある訳ではなく、日々学ぶ事が多いと感じていますが、逆に言うと幅広い知識を得るチャンスでもあり、システムリリースを行うたびにスキルアップを感じています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    面白そうな会社だから

    私は大学卒業後、システム会社で6年程勤めた後、フリーのSEとして働いていました。
    システム開発の仕事は、良いシステムを作ってお客様に喜んでもらう事がやりがいと思っていますが、フリーだとその喜びも1人分でしかなく、何か物足りないものを感じていました。
    その時、以前勤めていた会社の先輩から、「面白い会社がある、みんなと一緒に仕事しないか?」と誘われたのがアルクで、かつて一緒に働いた愉快な先輩や後輩たちと仕事が出来るのは面白そうだと感じたのが、入社を決めた理由です。
    これからの将来性が楽しみと感じたのも大きな理由ですね。

  • こんなときに成長を実感!

    学ぶ事が多い仕事です

    システム開発の仕事は色々と学ぶ事が多いです。
    システムの要件定義等の時にお客様と話していると、その業界の知識や仕事の流れ、どんな所に苦労しているかや裏事情まで、色々な事を聞く事ができます。
    その上で新聞を読むと、IT系以外の記事に対する理解度が増し、色々な事に興味が出てきます。
    そんな時、ちょっと自分が成長したような気がします。

  • 当社のいいところ

    色々とやっているところ

    今までのシステム開発で、幾つかのお客様の所で仕事をしましたが、大きい会社程部署の担当がきっちりと決まっていました。
    例えば、ネットワーク部門であればネットワークの監視と設定以外はやらないと言った感じです。
    技術者として、長所(得意分野)は当然有った方が良いですが、それしか出来ないというのは個人的には面白くなく、ある程度1人で何でも出来る人間になりたいと思っています。
    そう言う意味で、アルクは色々な事をやっており、自分を高めるチャンスが多いと感じます。

  • オフタイムの過ごし方

    のんびりしています

    仕事が基本的にモノを考え続ける事なので、休みの日はあまりモノを考えない事が多いです。
    昼まで寝てから、バイクでちょっと遠出するとか、ダーツバーでぼけっとしている事が多いです。
    あと私は姿勢が悪いので、たまにカイロプラクティックに行きます。
    ずっと座りっぱなしの仕事ですから、姿勢が悪いと変な疲れ方をするので要注意です。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • IT知識を生かせる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事