株式会社藤原設計の企業情報

株式会社藤原設計

【設計|建設コンサルタント】

“建築”と“土木”という、二つの分野の設計技術を融合させた複合施設の設計を行ってこの道53年。
下水道施設やポンプ場等の構造設計から意匠設計、配筋図面、積算に至るまで他社ではできない一貫設計ができるのが弊社の特徴です。複合構造物設計のパイオニアとして業界から厚い信頼をいただいています

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
◆建築と土木の複合構造物(下水処理施設など) の設計業務が得意!

 建築と土木の知識が必要とされる下水処理施設の設計を主に行っており、案件ごとにチームを組み、意匠設計・構造設計を手がけています。案件の規模は、半年から5年ほどかかるものまでさまざまです。必要に応じて、現地視察や打ち合わせ等での出張も発生します。しかし、主な仕事は設計業務ですので机に向かってする業務が本業です。

 弊社の設計業務は、地中から地上階まである構造物の設計が中心であるため、他社にはないノウハウや技術力がものを言います。そんな建築物に関係ある設計に携わりたい方は大歓迎!

 手がけるのは、生活を支える水インフラに携わる公共下水道施設(終末処理場)の設計です。
 毎年、起こる洪水などの自然災害。その水を処理するのが終末処理場です。大きなやりがいを感じながら仕事に取り組むことができ、広く社会貢献できる業務です。。
 
 建築構造学と土木構造学は、それぞれ独立した学問であることから両方の知識・技術を持つ設計者は少ない。しかし、下水道処理施設のように両構造物が一体化されている建築物は建築と土木を切り離して考えることはできません。
 藤原設計では、創業当時から建築と土木の融合にこだわり続け50年以上の歴史のなかで独自のノウハウを育んできました。
そのため、全国の自治体に対して技術協力を行っており、ゲリラ豪雨などで自然災害が増えるなか、“水コンサルタント”としてその重要性は年々増してきています。

私たちの仕事

◆構造設計または意匠設計、土木設計やりがいを持って活躍できるよう、働きやすい環境の整備に取り組んでいます!

はたらく環境

職場の雰囲気
働きやすさが一番だ!

 同社では、社員全員の意見やアイデアを吸い上げられるよう、代表主催の年代別会議を定期的に開催しており、利益を社員に還元するため決算賞与や会社全額負担の社員旅行も実施。
 また、残業削減に向けた取り組みも行っており、ノー残業デーも設定。
 働きやすい環境のなかステップUPしたいという方は、この機会にぜひご応募を。

企業概要

創業/設立 1964年創立
信頼と実績ある一級建築士事務所です。
本社所在地1 本社:大阪府大阪市北区中津7丁目6番29号
1
本社所在地2 大阪本社:大阪市北区中津

東京事務所:東京都千代田区
代表者 代表取締役 藤原 明
資本金 4000万円
売上高 6億5千万円(平成28年度決算)
従業員数 技術社員 29名
事務職員  2名 (2017年01月現在) 
事業所 大阪本社:大阪市北区中津

東京事務所:東京都千代田区

採用連絡先

〒531-0071
大阪市北区中津7丁目6番29号
(株)藤原設計 業務推進部
TEL:06-6451-4622
Mail:hiro@fujiwara-design.jp
http://www.fujiwara-design.jp