株式会社松下産業のキャリタス限定情報

株式会社松下産業

【建設|設備|住宅】

思いやりの「技術」

松下産業の「思いやり」への取り組み 【 経営方針】 「四方よし」

「三方よし」という近江商人の言葉があります。
買い手よし、売り手よし、世間よし。
当社はバージョンアップした「四方よし」がモットー。

顧客への思いやり

お客様の会社建替えプランをコンセプトづくりから参加し、企画から施工までトータルプロデュース。お客様より「誠実に、たのしそうに、チームワーク良い仕事ぶり」との評価をいただきました。お客様に寄り添い、見えざるニーズを読み、その想いを実現することに真摯に取り組んできた「思いやりの技術」は業界内でも高い評価を得ています。

従業員への思いやり

男女の区別なく、長く健康で働いてもらうために、採用や教育研修をはじめキャリアデザインや、メンタルヘルスケア、確定拠出年金の活用を含めたマネープランのサポートなど、自社人材に関わるすべてを一貫して行う「ヒューマンリソースセンター」を設立。
ファミリーデー、がん罹患社員の治療と仕事との両立へのサポートなど、その先進的な取り組みから「ワーク・ライフ・バランス推進企業」に認定されています。

協力会社への思いやり

現場でともに働く協力会社との関係性がよくなければ、品質も向上しません。「気持ちよく働いてもらうことが良い現場をつくる」をモットーに、win-winな関係で品質を確保しています。こうした想いが建築家を含めたお客様に高い評価をいただくことにつながっています。

世間(地域・環境)への思いやり

日本を代表する建物の地下工事や、公共施設の改修工事も多く手掛けています。
駅や商業施設の改修工事では、多くの人がいるなかでの工事が求められるため、安全面や近隣施設などへの配慮が必要不可欠。
多くの改修工事実績は、私たちの「世間を思いやる技術力」が、高く評価されていることの表れでもあるのです。

  • 企業情報
  • 先輩情報
  • 採用情報
  • インターンシップ情報