茨城県信用組合

茨城県信用組合の企業情報

茨城県信用組合

【信用組合】

茨城県信用組合は“けんしん”の名で親しまれている地域密着型の金融機関です。現在茨城県内に84の店舗を展開し、県全域をカバーしています。
 信用組合は、「相互扶助」の精神に基づき地域の勤労者や中小企業のみなさまを側面からサポートする金融機関です。茨城県の経済活動を支援し更なる地域の活性化に向けて、“けんしん”はお客さま一人ひとりとコミュニケーションを図り、お客さまが必要とする情報を提供し、さまざまなご要望にお応えする金融サービスを提供しています。
 “けんしん”はこれからも地域社会の発展および公共の福祉に貢献し、地域で最も信頼される金融機関「満足度地域No.1金融機関」を目指していきます。

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
信用組合として日本最大クラス

茨城県信用組合(けんしん)は、1950年に設立し現在、預金量は1兆円を超え、日本最大クラスの信用組合です。当組合理事長の渡邉武は、全国の信用組合の中央機関である全国信用組合中央協会の会長も兼務しいます。
けんしんが地盤とする茨城県は、中小企業が企業全体の殆どを占め、さまざまな業種さまざまな仕事が営まれています。けんしんでは、多様なお客さまのニーズに的確にお応えするために、「お客様との会話」を大切にしています。私たち職員がお客様のところへ直接訪問してお話をお聞きし、お客様の目線に立ち、お客様のご要望にマッチした提案を行っています。

企業理念
信用組合の設立理念である「相互扶助の精神」に基づき

茨城県信用組合(けんしん)では、「以身作則(遵法)」「徳者事業之基」を経営理念に、「安全第一」「奉仕第二」「収益第三」を経営の信条としています。
そして、信用組合の設立理念である「相互扶助の精神」に基づき、茨城県内の中小事業者と勤労者の経済活動を側面から支援し、地域社会の発展と公共の福祉に貢献する金融機関を目指してきました。
今後も茨城県信用組合は、信用組合の使命達成のために、これからもお客様一人ひとりと心の通い合うサービスを提供していくよう努めていきます。

私たちの仕事

茨城県信用組合(けんしん)は、きめ細かな金融サービスを提供していくことを通して、地域でもっとも信頼される金融機関「満足度地域No.1金融機関」を目指しています。
けんしんの職場には、ビジネスとしての仕事だけでなく人として大きく成長できる環境が整っています。地域社会の発展とともに人としても成長する喜びを感じたい方をお待ちしております。

(1)総合職
◎職務全般において、管理職を含み広範かつ多様な職務を担当します。地域を問わず勤務地の変更があります。

(2)一般職
◎管理職の指導、監督のもとで主に定型的な業務に従事し、特定の職位までの職務を担当します。転居を伴う勤務地の変更はありません。

はたらく環境

働く仲間
お客様の満足のために

■ ニーズに応え、「選ばれる」担当者に・・お客様の満足が仕事への自信につながる
私は渉外係として、担当する地区内の法人・個人のお客様を訪問し、主に預金や融資の相談・提案業務を行っています。日々の活動の中ではたくさんのお客様とお会いし、様々な話を伺います。会話の中からお客様が何を求めているのかを常に真剣に考え、一人ひとりのニーズに合わせた預金商品・融資商品の提案を行うことを心掛けています。お客様のニーズにマッチしたアドバイスや提案をすることで、お客様に満足いただき、更に感謝のお言葉を頂いた時には、喜びややりがいを感じるとともに自分の仕事に対してまたひとつ自信を得ることができます。(2009年入社・総合職・男性)

■ “まち”の金融機関「けんしん」・・笑顔と細やかな配慮で
けんしんは地元の方々との結び付きがとても強い金融機関です。事務的に仕事をこなすのではなく、一人ひとりのお客様と丁寧に向き合う姿勢が、永くお客様から愛され信頼されている理由だと思います。
私は現在、テラー係を担当しています。主に窓口での仕事になり、預金の入出金手続き、公共料金等のお支払い、振込、住所等届出事項変更手続き等の受付を行っています。お客様と最も近いポジションとなるので、お客様のご用件を正確に理解し、迅速に手続きする事はもちろん、けんしんのファーストインプレッションを与える担当として、笑顔と細やかな配慮が欠かせません。私も現在まで先輩方により培われてきたけんしんの強みを絶やさず、地元の方々に信頼されるテラー係を目指し、お客様の応対を行っています。(2014年入社・一般職・女性)

企業概要

創業/設立 昭和25年11月25日
本社所在地 茨城県水戸市大町2丁目3番12号
代表者 会長  幡谷 祐一
理事長 渡邉 武
出資金 203億円(2016年3月31日)
預金量 1兆1,630億円(2016年3月31日)
職員数 1,334名 (2016年03月現在) 男性:852名  女性482名
子会社・関連会社 けんしんリース(株)、けんしん保証サービス(株)
事業所 茨城県全域に広がる84店舗のネットワーク
◎県央地区
水戸市13店舗・笠間市3店舗・小美玉市2店舗・茨城町・大洗町
◎県北地区
日立市8店舗・ひたちなか市7店舗・北茨城市・常陸大宮市・高萩市・東海村・那珂市2店舗・大子町・常陸太田市
◎県南地区
土浦市5店舗・つくば市5店舗・石岡市2店舗・取手市2店舗・守谷市・龍ヶ崎市・牛久市・阿見町・稲敷市・つくばみらい市
◎県西地区
筑西市4店舗・下妻市・古河市3店舗・常総市2店舗・結城市・坂東市・八千代町・境町・桜川市
◎鹿行地区
鹿嶋市・神栖市3店舗・鉾田市・潮来市
沿革 1950年    茨城県商工信用組合として設立
1956年    大津信用組合を吸収合併
1983年    茨城県信用組合に名称変更
1990年    大子信用組合を吸収合併
1998年    幡谷祐一理事長(当時)が全国信用協同組合連合会の会長に就任
2004年    日立信用組合、勝田信用組合と合併し、合併後の名称を茨城県信用組合とする
2004年    女性だけのスタッフによる「偕楽園前出張所」を開設
2004年    事業所内保育施設「けんしん土筆保育園」を設立
2005年    預金量1兆円を達成
2006年    出産祝い金制度を新設
2008年    「農林水産部」を新設
2011年    84店舗目となる常陸太田支店を開設
2012年    経営革新等支援機関の第1号認定を受ける
2013年    渡邉武理事長が全国信用組合中央協会会長に就任
「地域支援室」を新設

採用連絡先

人事部 採用担当 村上、山本
〒310-8622 茨城県水戸市大町2-3-12
TEL:029-231-2131(代表) 
  029-231-2145(人事部直通)